回路ごとに秒速に即熱する屋根融雪システムです。
面積が多くなれば戻る時間が長くなるだけの融雪システムです。
つまり、電気代は面積が変わっても同じです。
これまでのルーフヒーターは屋根材の下にありました。
この融雪システムのヒーターパネルは屋根の上に載せるだけです。
戻ってくる時間の間に積もった雪を融かす『融解潜熱』があるかどうかです。
8時間に20センチの降雪に対して融雪能力を実証しました。
しかし、更に温度センサーをパネル毎に埋め込むなどして進化させます。
写真は秒速(60秒)ごとに切り替えて融雪させているものです。
鉄板で被覆されていません。蓄熱性と断熱性に特徴があります。
だから熱効率が抜群なのです。
特許出願済みです。
























(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .