軒先の鉄板を切り三角の構造体の中にヒーターを入れて
雪を受け止め、雪を融かす融雪屋根があります。
理に叶った優れものです。
しかし、今回の構造体は似ているのですが、ちょっと違いました。
水の集まってくる排水口近くで鉄板を接続していました。
10年前後はいいのですが、その後、必ずシーリングが劣化します。
それがこの写真です。






排水口を中央の1ケ所にしたので鉄板の接続位置がこのようになりました。
排水口は一番谷側に、鉄板の接続位置は山側にしなければ
後々この様な事になります。
ただし、このままシーリングしても又同じことが起きます。
紫外線の劣化からシーリングを守る工夫が大事です。
今回の写真はすが漏りの原因を特定したものです。
みぞれ等で水位が上がって上のシーリングの裂け目から融雪水が浸入したものです。


(有)屋根の興研 ルーフドクター 佐藤隆生でした。
http://www.amamori.com .