佐藤隆生IP研究所(旧・ 屋根の興研) 所長のぶろぐ

札幌の雨漏り・スガ漏り防止工事専門会社 「屋根の興研」の5年間保証を引き継ぎ、特許開発を行っている所長のブログ
これまで同様、無料にてご相談をお受けし、皆様のお宅の雨漏り緩和に少しでもお役に立てばな…と。

雨漏りの原因

再々修理でやっと雨漏り箇所発見!

030
約15センチの亀裂がペンキの陰に隠れていました。
本当にケシつぶ程のわずかな痕跡から・・・
もしやと思いカッターの刃でなぞったのがこの写真です。
ペンキの皮膜に隠れていたのです。

必ず止めます。止めて見せます。費用は5万円から10万円まで!
5年間保障!
http://www.amamori.com .
ルーフドクター 佐藤隆生でした。

雨漏りの原因

雨漏りの原因はコーキングの紫外線劣化でした。












表面的には判りませんが、コーキングをカッターにてはがして見ると
コーキングの届かない部分に水が入り腐食して穴が開き
雨漏りの原因となっていました。
この部分は集合煙突の雪割り部分です。
馳(ハゼ)と鉄板の接合部にガルバリウム鋼板(アルミを含んだ鉄板)仕様で、
私の考えた施工器具でハゼカバーを作り
コーキングを下の面に処理して紫外線からの劣化を防ぎました
この処理方法ですと、屋根の鉄板を張り替えず安価にて20年以上、
雨漏りを防ぐ事が出来ます。


ルーフドクター http://www.amamori.com
佐藤隆生でした。

4度目で雨漏りやっと止める。

007





1Fの屋根の下(和室)天井からの雨漏りでした。
風の強い時や長雨の時に雨漏りがするとの事。
窓廻りや浮いている壁やその他の可能性を処置いたしました。
写真はマスキングテープにてコーキング処理中のものです。
しかし、全面的にしても、
まだ漏って来るとの事。
中にはコーキングをしてはいけない場所もあります。
最低限の機能性を生かして処置する他ありません。
10月7日の雨漏りの原因(浸入箇所)ではない場所で、
まったく、信じられない所が雨の浸入箇所でした。
その後は、必ず漏るはずの土砂降りや長雨や風のついた雨でも
クリアしている様です。(電話にて確認
これでやっと一仕事が終わりました。
しかし、お客様とのお約束の5年間保障(止めてから)は
今、始まったばかりです。


http://www.amamori.com  雨漏りドットコム
ルーフドクター 佐藤隆生でした。

3年後の雨漏り

002003





3年間雨漏りは止まっていました。
しかし、最近のゲリラ豪雨の長雨で漏ったとの事。
「安心していましたのに・・・びっくりです。」と言われ、
「同じ所から漏っています。」
本当に申し訳ない気持ちと、瞬間「どこだ!」と、自問自答した私です。
屋根に上がると以前施工したコーキングはしっかりと生きています。
全く別の所からの漏水・雨漏りです。
落ちている所が同じですから「言い訳できません」
しかし、この雨漏りも写真にてお伝えできませんが、
しっかりと止めました。
その後のゲリラ豪雨にもお電話は頂いていません。
今一度、十二分に気を配って施工しなければと、
勉強した現場でした。

http://www.amamori.com 雨漏りドットコム
ルーフドクター 佐藤隆生でした。

小樽の雨漏り

002003017





押入れの出し入れの時雨漏りを発見!
気がつけば天井にもシミが・・・
地元の業者に来てもらったそうですが、
その後音信不通・・・
風等は関係なく、長雨の時、雨漏りがするとの事。
屋根に上がって見ると、それらしき箇所は発見できません。
しかし、雨漏りの原因は必ずあります。
やはり、
上がる前から伺った状況に合致する屋根の施工箇所を発見!
これまでこうした雨漏りを見つける為、どれだけの時間を費やした事か、
投げ出さないで来たノウハウが今日も生かされました。


ルーフドクター http://www.amamori.com
佐藤隆生でした。

雨漏りの原因は、とんでもない処でした。

003 006 025 034





この字型のダクトの合計幅を考えるとしっかり施工されていない
可能性がありました。
モルタルの壁の上からサイディングをして
1Fの屋根を葺き直しをしたそうです。
その後、雨漏りが始まったとの事。
10数年の雨漏りでした。
写真のようにコーキングが切れていましたので、1度目の工事は
切れたコーキングのすべてを修理しました。
しかし、
雨漏りは止まりません。
2度目は壁の全ての接合部(最上部の破風材とサイディングの取り合い水切りまで)をコーキング処理しました。
しかし、
それでも雨漏りを止める事が出来ませんでした。
工事を頂く前に「7〜8割は一度の工事で止める自信がありますが、
2〜3割は2度3度お伺うする事があります。」と、
又、その時は一切追加料金はかかりませんと、必ずお伝いしています。
それはどの箇所から雨水が浸入したのかを知る為であり、
部分的な処理の為、時間的な了解を頂き必ず止めるというお約束を
果たす為
です。
どこか判らないけど止めましたでは、雨漏りのノウハウを蓄積出来ません。
結論として、
これまでは必ず雨漏りしていた雨の降り方において、現在
雨漏りが無いとの嬉しい連絡を頂いています。
感謝・・・
その施工箇所は・・・勘弁して下さい。
お客様から「だからお宅に頼んでよかった!」との言葉に、
私も嬉しくなり、又感謝です。

ルーフドクター 雨漏りドットコム http://www.amamori.com
佐藤隆生でした。

天窓からの雨漏り

EPSN1026EPSN1033







雨漏りの場所を拝見する前に家の外観を写真に撮ります。
そして現場を拝見します。
この時点でほぼ雨漏りの状況が判って来ます。
撮った写真を参考にしながらご説明いたします。
雪のある春先なのか?夏の時期なのか?風が強い時なのか?
雨が降るとすぐ雨漏りがするのか?
しばらく経ってから漏ってくるのか?
今回のケースは強い風(風の向き)をともなう時に雨漏りが
多く発生しているようです。
落ちて来る雨水を下から風が押し返すように吹く時です。

http://www.amamori.com (雨漏りドットコム)
ルーフドクター  佐藤隆生でした。

札幌の雨漏り 防止工事はお任せ下さい。

昨年12月10日に投稿したブログに雨漏りの原因の写真を
掲載していませんでした。
原因は3つですがその内の2つを述べます。
1つは建物を移築(曳舞)した時に基礎の寸法を間違えた事
2つ目は雨の浸入路を理解せずに雨の排出路をふさぎコーキングした事です。
本来基礎は水切りより内側に無ければなりません。
サイディングと外壁面とが同じ線上です。
hspace=class="pict"
その為、浸入した雨が
外に出られず更に多くの雨水が建物の
土間コンクリートに流れました

30年間の経験で浸入路を
処理し雨漏り防止工事を終了。
そして、5年間保証のスタートです



http://www.amamori.com(雨漏りドットコム)
ルーフドクター  佐藤隆生でした。

雨漏りがするのは! しないのは!

それは水の(雨水)の流れる道により決まります。
019
これは一つの例です。
ナマコ鉄板に穴が開けられています。
高い所に開けられた穴低い所に
釘を打たれている
物とがあります。
水の流れて来る道に穴が開いていれば
室内に侵入
して来ます。
当たり前の事です。釘の方が雨漏りします。
この当たり前の事が考えも無しに行われているので雨漏りとなります。
本来の雨漏りの現場はこんな単純なものではありません
です。水の流れる道です。
これが雨漏りを防止するポイントです。

amamori.com(雨漏りドットコム)
ルーフドクター  佐藤隆生でした。

雨漏りの原因としては10%

 006 011








屋根の興研のコーキングの一例です。
この場所は、奥行きがあまりありません。
つまり、雨水の量が少ないという事です。
その為、雨漏りの要因とはあまり云えません。
しかしながら、コーキングが劣化した後でも、
水の流れを考えたコーキングの施工が大事です。
下地処理も含めてですが。

amamori.com(雨漏りドットコム)
ルーフドクター  佐藤隆生でした。
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール

ルーフドクター

  • ライブドアブログ