屋根の興研 社長のぶろぐ

札幌の雨漏り・スガ漏り防止工事専門会社 「屋根の興研」の社長のブログ
日頃行なっている工事や、雨漏り・すが漏り状況などを書いてます。皆様のお宅の雨漏り緩和に
少しでもお役に立てばな…と。

すが漏りと雨漏り

屋根の構造が「すが漏りから雨漏り」へ

20091020-120091020-2





20091020-3玄関の屋根の雪が突き出た壁に
ぶつかり落下出来ない構造となっています。
その為、軒先で冷やされた氷提が厚みを増しその裏の融雪水が
壁から浸入
したのが「すが漏り」です。
この時、軒先で少し板金が反り返り上がっています
融雪水も雨水も氷により拡張された鉄板とモルタルの隙間に
常にぬれては乾き、ぬれては乾きを繰り返した為

鉄板のサビが進み腐ってしまいました。
拡大すると亀裂が確認出来ます。

これまで忙しくて中々ブログが書けませんでした。
これから少しづつ書いていきますので宜しくお願いします。

雨漏りドットコム  佐藤隆生でした。

少し割高となってしまった、素人のコーキング。

20090707-120090707-2





20090707-320090707-4





20090707-620090707-5





20090707-7雨漏りやすが漏りの浸入箇所はお客様がされたコーキングの場所ではありません。3箇所あります
通常、この様な工事の場合6万円ですがコーキングの撤去が余分に掛かりました
工事金額は7万5千円です。
もちろん、5年間保証です。
一切後は掛かりません。

ルーフドクター  佐藤隆生でした。

屋根に上がるタラップが無かった。その結果!

20208070820080708-2





20080708-3毎年融雪時すが漏りに悩まされたお客様
屋根に上がるタラップが無い為、天井裏に衣装ケースを上げブルーシートで防御。
遂に、通常の雨でも雨漏りが・・・
原因は、ダクト成形時に樹脂を傷めた為、そして、呑み口が詰り、ダクト内の水位が上がりました。
ダクトの金属部が錆びて腐食し、室内に雨水が浸入。
屋根を張り替える事無く、鉄板をメクリ上げずにダクト部分を新調しました。
納得のいく見積をします。納得のいく工事をします。
更に5年間保証。
札幌市の雨漏り修理はお任せ下さい。
ルーフドクター 佐藤隆生

http://www.amamori.comまで

雨漏りとすが漏り

200418笠木に直接固定されたタラップ
トラブルが発生しやすい部分です。
電気腐食もそうですが、
クギ打ちしていますので
鉄板にが開いています。
好ましくありません

200418-2笠木にが載り暖気で融け出すと
毛筋ほどのすき間から
融雪水が浸入してきます。
ドライバーが楽に入る位隙間が
ありました。

200418-3まっ、いっか!」
心無い仕事は困ります
こうした仕事の原因があって
雨漏りがあります
風を突いた雨の時に漏って来ます
この工事は5年間保証で最低金額の
52,500円です。


ルーフドクター 佐藤隆生
http://www.amamori.comまでどうぞ





突然のすが漏りと長年の雨漏り

200417突然のすが漏りだったそうです
和室の天井からピチャピチャと
水が落ちて来て見上げると天井が
プックリふくらんでいたそうです。
原因はベランダの足の
電気腐食から来る
サビ穴でした


200417-2ついでに見て下さいと言われたのが
雨漏りです。結構年季が入っていました
施工時のキズが原因でした。
とても気付かないと思います。
なぜならご主人の厚く塗ったペンキの下に
隠れていたのですから。

この二つの原因解決の費用は
5年間保証で税込み6万8千250円です
雪降ろし屋根乾燥費用含めて、
ルーフドクター 佐藤隆生
http://www.amamori.comまでどうぞ

札幌で、すが漏りに起因する雨漏り修理

札幌(降雪厳寒地域)での雨漏りベスト5の要因
すが漏りを止める為、氷を撤去、その時鉄板に傷つける。
200412200412-3






200412-4200412-5






ダクトにスノコをしてもしなくても軒先現象で融雪水による
氷提がダクト両端に出来ます。(2007.12.03のブログ)
暖気の時、一次的に鉄板接合部(15澄砲旅發気超える
水たまりが出来ます。
その水が毛細管現象で室内に落ちて来てすが漏りとなります
そのすが漏りを止める為、その氷堤を除去します。
その時0.35ミリの鉄板に傷をつけてしまうのです。
これが北国に多い雨漏りの一因となっています。
0.1ミリにも満たない傷です。


ルーフドクター 佐藤隆生雨漏りドットコム
http://www.amamori.comまでどうぞ
QRコード
QRコード
訪問者数

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ