2013年07月08日

「医療にたかるな」が投げかける課題

 友人が貸してくれた「医療にたかるな」(村上智彦著 新潮新書)を読む。

 高齢社会の日本で、医療費の増大は今後も避けられない。
 高齢者の仲間入りし、医療利用者である私もそのことを感じている。
 
医療にたかるな

 しかし、赤字が増大する医療費をどう抑えればいいのか、
 まで突っ込んで考えることは、何となく先延ばしにしてきたと思う。

 病院関係者、医師会、製薬会社、厚労省、政治家などは、
 みな日本の医療費の赤字増大の要因を理解しているにもかかわらず、
 誰も根本的な問題として向き合い、どうすべきかを先延ばしにして来た。

 本書の著者村上医師は、その例証として夕張市の破綻を挙げている。
 夕張市の破綻は、今後高齢化がさらに進む
 日本における問題の先取りケースと。

 村上医師の批判は、高齢者やその家族など患者にも向けられている。
 不摂生な生活を続け、健康診断を受けず、ぎりぎりまで医者に行かない。
 そして、設備が立派な病院で検査を受け、
 たくさんの薬をもらえることが、治療に効果があると
 錯覚していると。

 村上医師は、最近まで破綻後の夕張市で地域医療に立ち上がり、
 その改革に奮闘した実績を持つ。
 その村上医師が本書で提案する赤字医療制度の改革は、
 まず地域住民の健康意識、健康診断の受診、過剰受診、過剰検査、過剰投薬の
 抑制=病気の予防から始めること。

 そして、この取り組みを
 地域住民任せにせず、病院や行政、住民が協力した
 「公」という考え方による医療制度の抜本的な改革である。

 また、海外との比較で日本の医療制度は世界でも高い水準にあることを
 例証し、この制度を維持していくためにも、
 医療赤字を無くすことが不可欠とあつく語る。
 このデータは、自分が「井の中の蛙」で知らず知らずに
 バイヤスがかかった視点になってしまっているを
 示している。
 
 もうひとつ、村上医師は高齢者を対象とする医療は、
 今後多くは在宅医療の方向であり、
 また、医療と介護が緊密な連携で行われるべきであると。

 この点も私も同感である。
 問題は、その受け皿づくりである。
 村上医師も、そうかんたんには受け皿ができるとは
 言っていない。
 
 しかし、赤字で医療制度が崩壊するのを避けるなら、
 いままでのように、関係者が自分の既得利益を守り
 改革を先延ばしていることは
 できないはずであるという。
 
 私は家族に、長年精神科に通う妹(いま71歳)がいて、
 精神科意外の内科関係にも通院してきた。
 そこで、過剰投薬になっている状態を何とか改善したいと
 妹と病院に同行して、医師に相談してきた。
 しかし、薬の減量は、妹の精神的不安が強く、
 なかなか進まない状況が続いていた。

 しかし、精神科医師の粘り強いアドバイスもあって、
 近年、向精神薬だけでなく、内科の投薬も
 少しずつ減量に向かっている。
 また、最近1ヵ月は精神科の医師が妹に早朝散歩を勧めてくれて、
 本人も熱心に取り組み始め、不安感が少しずつだが、
 減少気味で、とても助かっている。
 
 妹のような持病を抱える患者や私のような高齢者は、
 不調や健康不安を医療でなんとかしたいと思うのは
 ある程度はやむを得ない。
 
 しかし、よく考えてみれば、
 不調なら早期の診察を受け、
 定期的健診を受けているのであれば、
 多少の不調や不具合や不安は何とか受容し、
 まあ、食事が摂れ好きなことをし、
 おしゃべりしたりできる日常は恵まれている状況だと
 受けとめる寛容さを自ら持つことが大事なように思っている。

 今週末、私はたまたまだが、もう20年以上続けてきた、
 年1回の健康診断を予定している。  
Posted by amane2 at 11:28Comments(0)TrackBack(0)

2013年06月23日

ご近所の百年企業の広告ポスター

オフィス近くに、しゃれたこぶりの建物のリフォーム・不動産会社がある。
地下鉄駅のそば、目黒通り沿いとプラチナ通り(外苑西通り)
の交差点前、近隣には高層マンションが建ち並び、
スーパーマーケットも二軒あり、ビジネスの立地はよい。

IMG_3636

けれども、このリフォーム・不動産会社をみて
ここが、百年企業と思う人は少ないであろう。

しかし、近くの地下鉄エスカレーターのある踊り場に
掲示されたこの会社の広告ポスターをみれば、
百年企業であるとがわかる。


ガラス入りで、セピア色したそのポスターには、
この会社の創業時大正元年(1912)の文字があり、
建物前に立つ創業者夫妻の写真がある。

そのキャッチコピーは
「変わる勇気
  これまでの百年
  これからの百年」

IMG_3656

 乗降駅なので、よくここの駅を利用しているが、
 このポスターを観る度に、地味だが、
 なかなかすてきな広告だと思う。
 
 変化の激しい東京の中心エリアで、
 ご近所の会社に百年企業がきょうも
 営業している思うと、ちょっとうれしくなる。
 
 



  
Posted by amane2 at 14:20Comments(0)TrackBack(0)

2013年06月22日

「脱原発を決めたドイツに学ぶ」:映画「シェーナウの想い」+森まゆみ講演

 きょう、カタログハウスの学校主催の、
 主題のイベントに行った。
 
 私には、脱原発関係のドイツ映画は「第4の革命」以来2本目だ。

 ドイツは、知られるように <脱原発 → 一転して原発再開
 → 3.11直後メルケルがもう一度脱原発> に舵を切った。
 つまり、「脱脱脱原発」という長く、困難な過程を踏んで
 ようやく脱原発にたどり着いた。
 ドイツの脱原発が一朝一夕に実現したわけではないことを
 改めて重く受けとめる。
 

 映画「シェーナウの想い」は、なかなか見応えのあるドキュメンタリー。
 ドイツの人口2000人程度の町で、母親たちが子どもたち、未来のために、
 反原発運動に立ち上がり、大手電力会社と約10年にわたるしぶとい戦いの末、
 ドイツ有数の自然得エネルギー専門電力会社を設立し、ヨーロッパの
 人々からも温かい支援と支持を獲得していった活動の記録。

 森まゆみの講演内容は、2012.9.28〜10.19約3週間の取材レポートで、
 彼女らしく、シェーナウの活動だけでなく、
 個人の家に泊まったり、訪問しながら、
 生活者のエネルギー利用やゴミ、消費行動などを
 細かくフォローしていた。
 
 彼女は3.11以降、谷根千の事務所で原発関係の
 映画上映会を何度も開催して来た。
 そこで、脱原発の活動を悲壮に、重々しい反原発というスタイルではなく、
 明るく楽しく、でもきちんと情報を抑えて取り組む事例が欲しいと感じていたとか。
 やがて、この映画に出会い、カタログハウスの編集者の勧めでドイツ取材が決まったという。
 
 日本各地でこの映画が上映されるといいと思う。
 一定の人数が集まれば、上映用にフィルム貸し出しをする。
 問合せは下記 URL から。

 映画『シェーナウの想い』DVD貸出ページ( http://asunowa.shiga-saku.net/e824570.html )

  

  また、関連イベントとして、
  6/29(土)カタログハウス協賛で
 「戦争への道は歩かない!声をあげよう女の会」主催で、
  大石芳野他のパネルディスカッション+映画「福島 六カ所 未来への伝言」
  のイベントも行われる。

6/29カタロクグハウスイベント1


6/29カタロクグハウスイベント2  
Posted by amane2 at 20:51Comments(0)TrackBack(0)

2012年11月23日

映画「モンサントの不自然な食べもの」が訴えていること

映画「モンサントの不自然な食べもの」を、渋谷UPLINK で観た。
雨天で寒かったが、休日、渋谷ということもあって、若い人で満席であった。

モンサントの不自然な食べもの(1)


モンサントの不自然な食べもの(2)




「モンサントの不自然な食べもの」

渋谷 UPLINK


アメリカのモンサント社は、世界各地の在来種の
大豆、とうもろこし、菜種、綿の産地を、
遺伝子組み換え作物へ、大々的に転換を図っている。
その実態をとらえた強いメッセージ性のドキュメンタリー映画だ。

私は以前、2009 /8/17のこのブログで、フランス映画「未来の食卓」
を紹介したことがある。フランスの小さな村バルジャックで、
オーガニック野菜を使った学校給食を取り上げていた。
ここで、フランスにおけるオーガニック野菜づくりの人たちと
遺伝子組み換え野菜づくり人たちの対立も紹介されていた。

しかし、「モンサントの不自然な食べもの」は、
もっとすさまじい勢いで世界各地に拡大している
遺伝子組み換え作物がもたらしているいくつもの問題を
真正面からていねいに取り上げている。

メキシコ(トウモロコシ)、ブラジル(トウモロコシ)、インド(綿)
などの在来種の農家は、モンサント社によって
その農業や生活を奪われつつある。
農民たちは抵抗運動に立ち上がっているが、
今後、彼らはどうなっていくか。

遺伝子組み換え作物が環境や人体に与える影響は、
まだ十分明らかにされていない。
映画は安全性の確認が不充分であり、データのねつ造が
あることを取り上げている。

問題の多い遺伝子組み換え作物なので、
日本では納豆や豆腐、スナック菓子など加工食品に
「遺伝子組み換えではない」というラベル表示義務がある。
けれども、アメリカ経由の輸入トウモロコシ(88%は遺伝子組み換)を
飼料としている肉類の畜産物(卵、牛乳を含む)には、
遺伝子組み換え表示の義務はない。
一方、EUでは元の作物が遺伝子組み換えなら、
その加工食品はすべて表示義務になっている。

モンサント社がグローバル企業として成長拡大を続ける背景には、
政治家への多額の献金と政権と業界の癒着の構造があることも、
明らかにされている。

興味深いのは、ロバン監督が映画で依拠しているネット情報は、
すべて政府文書、公聴会記録、調査報告書などの公式文書という点だ。
そして、これらの情報に登場する政府高官、専門家、被害者たちへ
インタビューし、モンサント社が手段を選ばない方法で
いかに利益追求を続けているかの証言をいくつも取り上げている。

ロバン監督はこの映画でインターネットを度々使っている構成について、
1つはインターネットで大半の情報を私たちが入手できること。
もう1つは監督自身がモンサント社からの告訴を避けるためとのこと。

ロバン監督は、昨年の福島原発事故以降の日本の農業がどうなったかについて、
すでに撮影を開始しているという。
その作品の公開が待たれる。  
Posted by amane2 at 19:11Comments(0)TrackBack(0)

2012年11月08日

映画「天のしずく〜辰巳芳子“いのちのスープ"」を観る

東京都立写真美術館で映画「天のしずく〜辰巳芳子“いのちのスープ"」を観てきた。
食を問い直す、辰巳芳子氏(1924年生まれ88才)の強いメッセージが
伝わる必見の映画と思う。





映画天のしずく(1)









映画天のしずく(2)




辰巳芳子氏の“いのちのスープ"は、
一部食や料理に関心のある人たちに知られていた。

よく知られるように、“いのちのスープ"は、
脳梗塞で倒れ、嚥下障害で
食べる楽しみを奪われた辰巳芳子氏の父の介護の中で、
辰巳浜子氏(芳子氏の母)と二人で工夫した日々から生まれたものだ。

“いのちのスープ"に関心のある人たちの中には、料理好きの主婦などもいるが、
何年か前から、病院の医師や看護士、緩和ケア関係のスタッフや
管理栄養士などが関心を寄せるようになり、
鎌倉の辰巳芳子氏の教室で、
“いのちのスープ"を学ぶようになっていた。

この映画では、辰巳芳子氏がつくる
“いのちのスープ"の教室でのつくり方だけでなく、
他のスープやつゆ、根菜類の煮物、
梅干しの作り方などを、ていねいに紹介していく。



さらに、彼女の料理の世界を支える日本の森や田畑、海でとれる
食材の作り手、担い手の様子も取り上げている。
地道で優れた食材の生産者とのネットワークが、
辰巳芳子氏の食を支えているのだ。

現代人が忙しいことを理由に、ていねいに食事を準備しようとしない
傾向に「チエを使って工夫し、いのちのもとであると
食事を用意するという生き方、考え方の大切さ」を訴えている。
同時に「家庭で男性も食づくりに参加すべき」とも。


辰巳芳子氏が問う、食といのちのつながりには、
食材を作る人たちが手間(てま)と暇(ひま)を
かけて作っていることへの敬意が払われている。
そして、彼女がつくる“いのちのスープ"や他の
メニューも、手間、暇をかけることが、その中心にある。

少し前から、イタリアでスローフードが人気である。
イタリアは日本と同じく、いろいろな野菜や食材を
時間をかけて、伝統的に作っている人たちが健在だ。

イタリアの人がそういう食材をおいしく食べるのは、
上手に手間や暇をかけて、食事を作ることを
大切にしているライフスタイルが健在だからなのだろう。


ファーストフードではなく、できるだけ、
何とか工夫しながら、手間、暇をかけて
食事を準備することを心したい。



ブログをずいぶん休んでいた。
この間、Facebookで時々短い情報発信をしていた。

iPonewoを使ったFacebookでの情報発信は手軽で便利だ。
しかし、仕事終了後夜の入力作業は、私には操作ミスが出やすい。

一方、ブログは机の上でデスクトップMacで書く。
やや心して書く気分があり、
今回は久々にブログを書いた。
  
Posted by amane2 at 17:03Comments(1)TrackBack(0)

2012年07月20日

豊かな生活が根づいていた東北の再発見〜テマヒマ展

テマヒマ 展示会




展示されているは、東北の風土に根づいた食べ物や生活用具。
打ちっ放しのコンクリートの静かな空間に、手仕事の食べ物や、
用具が並ぶ。

洗練された展示の仕方もあるが、
この展示を企画した三宅一生や佐藤卓などデザイナーや
奥村文絵などメンバーは、東北の各地を歩き、
無名の作り手からていねいに話を聞き、
作られるモノの品質の持つ確かさを引き出している。

そこには作り手とモノへの深い尊敬と愛情が感じられる。

館内の一室では、展示されたモノの作り手たちと彼らの逞しい手、
工程を紹介するVTRが流れる。
彼らの魅力的な笑顔、
一時も休まぬ動く手にも表情がある。


3.11以前、日本全体でみれば
東北地方へ関心を寄せていた人は、
やはり限られていたと思う。
そういう中で、関西の司馬遼太郎が北のまほろば、
と憧憬を込めて呼んでいたし、
私の周りにも豊かな食材やおいしい日本酒を
好んでいる隠れ東北ファンはいた。


私は父が山形・尾花沢の出身で、
私自身小学校入学前疎開した体験もあり、
父が存命中は東北は近しい地域であった。
やがて、その父も亡くなり、
私と東北の距離はやや大きくなっていた。

ところが、たまたま3.11の前年、
宮城に取材に出かけたのを機に、
私の中で、また東北が近づいてきていた。


展示されたモノに接していると、
厳しい東北各地の自然からの恵みを活かし、
時間をかけ黙々と営まれてきた手仕事の存在感が
じわじわ伝わって来る。
穏やかに並んだモノから伝わってくるメッセージは、
大量生産大量消費、大量廃棄する現代社会への疑問ではないか。

時間が許せば、再度出かけたい展示会である。
  
Posted by amane2 at 12:04Comments(0)TrackBack(0)

2012年07月16日

【紅型BINGATA】 展に行く

休日の仕事の帰り、六本木サントリー美術館の
【紅型 BINGATA】 展に行く。
ずっと行きたかった展覧会で、
ようやく見逃さずに行くことができた。
今週7/22(日)まで開催。


<サントリー美術館紅型展>



「紅型展のカタログ 表紙」
紅型展catalog



展示された衣装には、琉球の青い空、南海の亀や貝、
あざやかな花の色が木綿や苧麻(ちょま 麻の一種)
の布地に染め上がる。

展示された衣装をじっくりながめていくと、描かれた草花は、
日本本土の桜、梅、朝顔、松、竹、鳥は鶴、つばめなど。

日本の着物は、季節を文様にするが、紅型に季節はない。
紅型の布地で、王家や貴族に許可された紅色も、
紅、朱、臙脂(えんじ)などさまざまあり、あでやか。
同じく王家や貴族のみに許可された布地の黄色も何種類もある。

一方、庶民が着た紅型は青色の布地に、小紋のようなこまやかな模様、
中には大きな草花も描かれている。この青色系統の紅型は、
しっとりしている。

はじめて紅型を見たからか。
優雅でありながら、繊細、
大胆な構図だが、やさしい。
さまざまな表情を持つ不思議な魅力を堪能する。

王家や貴族向けの衣装は、
日本の着物の仕立て方と違い、帯を締めず、
ゆったりして羽織るような着方をするのもおもしろい。

中国と日本の影響下にあって、
衣装に独特な色彩感覚と型紙(文様)を開花させた紅型だが、
太平洋戦争で壊滅的打撃をこうむった。
しかし、戦後アメリカ占領という過酷な状況下で、
沖縄の紅型職人が必死に復活に向けた努力をしたおかげで、
わたしたちは、いま、こういうすばらしいアートに出会える。  
Posted by amane2 at 10:42Comments(0)TrackBack(0)

2012年06月30日

友人主催のフェアトレード「スルシイ・ラフィアバッグ デビュー展」

東京・恵比寿三越で、 スルシイ・ラフィアバッグ デビュー展が拓かれた。
(6月29日(金)〜7月5日(木) 最終日は午後7時まで)
友人の関谷里美さんが2年かけて準備してきた、フィリピンの女性たちが
つくるバッグのファトレードのデビュー展だ。
さっそく出かけて来た。



Suluci1



大量生産とは違う手仕事の風合いを持った素朴なデザインで、
材料はフィリピンボール島などに群生するという椰子の1種ブリの葉。
バッグを腕にかけてみると、とても軽い。

パンフレットには、フリピンの素材で、フリピンの島々で女性達が集まって、
バッグを編んでいる様子が掲載されている。


Suluci2




このファトレードが、じわじわと広く、長く続くことを願って、
私もこぶりのバッグを1つ購入した。



IMG_2195





余談だが、このフェアトレードビジネスの主催者関谷さんは、
実は38年前インド旅行に行って時の仲間の一人だ。
このツアーの仲間の一人が、2年半前、当時の名簿を探し出して、
その後の消息をたずねて、現在の名簿をつくった。

いま、仲間は北は岩手から、栃木、東京大阪、神戸、
金沢、熊本などで暮らしていていることも分かって、
38年ぶりに交流が復活する人も現れた。
以来年に1〜2回集まって、飲みながら楽しい語らいの場を持っている。

IMG_2190

  
Posted by amane2 at 09:58Comments(0)TrackBack(0)

2012年06月27日

映画「孤独なツバメたち〜デカセギの子どもに生まれて」

lonely_swallow



1990年代日本の製造業は労働者不足のため、
ブラジルの日系人が日本に呼び寄せられ、彼らは各地の工場で働くようになった。
一時は、日本全国に30万人の日系ブラジルが出稼ぎに来ていたという。

浜松もブラジル日系人が多く働く町になった。
彼らはブラジルから子どもを呼び寄せたり、
浜松で子どもを生んだ。
子どもはブラジル国籍なので、日本の義務教育も保障されていない。
やがて、その子どもの多くは中卒か中学中退で、働きはじめた。

2008年秋、リーマンショックで工場は彼らを解雇した。
以降、安定した職につけない。
ブラジルと日本の2つの故郷で、運命に翻弄される
5人の日系4世の若者のドキュメンタリー映画である。

浜松で育った彼らは同じ仲間とダンスに興じたり、
恋人ができたり、強い仲間意識で結ばれ、
お互いに支え合って、たくましく生きていた。

しかし、リーマンショック後、浜松に残りたくても、仕事がみつからず、
ブラジル国籍のままでは、不法滞在者として生きることになってしまう。

映画は、リーマンショック前の夏、
TV取材から撮影が始まり、
2年半かけて5人の若者を追い続け映画化した。

やがて、ブラジルに帰還した4人を追いかける。
ブラジルでも居場所がみつからない若者や、
ブラジルで働き、夜学校に通う若者(女性)や、
貧しい現地の若者にダンスを教えることで、
ブラジルでの居場所を見出そうとする若者の姿を
いきいきと描く。

日本に残った1人は、浜松で働き税金も払って来たのに、
ハローワークに履歴書何通も出しても、なしのつぶて。
結局、不法滞在の烙印を押された、と涙ながら訴え、
浜松から姿を消す。

この映画は、苦況にある5人の若者が
必死で生きようとする力強さを描いている。

同時に、労働者が足りなくなると、海外から調達し、
不況になると、かんたんに強制送還するもうひとつのの実態が
浮かび上がってくる。

映画では、その点を批判的に描いているわけではない。
けれども、そういう過酷な環境も想像させる。
いま、アメリカやEUなど先進国では、
法的に外国人労働者を規制したり、
本国に帰れという声も強くなっている。

グローバル経済は、一度不況になると本国でも海外でも、
貧しい若者はあっという間に働く場を失い、
彼らの夢や希望も根こそぎ奪う過酷な顔を持っている。

lonely_swallow2
  
Posted by amane2 at 17:27Comments(0)TrackBack(0)

2012年06月11日

鬼怒川河原の野菜畑で、雉の声を聞く

昨日、茨城県県南でリタイア後、有機農業の友人を訪ねる。
筑波山の麓の棚田、田んぼの中のおたまじゃくし。

この有機農業の友人とは約50年弱者の付き合い。



筑波山麓の棚田

Resized_IMG_2110






田んぼの中を泳ぎ回る小さなおたまじゃくしの陰影

Resized_IMG_2123





そこからやや離れた鬼怒川河畔の野菜畑ではソラ豆
、トマト、アスパラガス、茄子、じゃがいもなどなど、
季節の野菜が、少しずついろいろ育っている。

ここで、はじめて雉の鋭い啼き声を聞いた。
ちょっと感激した。
いま、鳥は子育ての季節なのだろう。



いまが旬のソラ豆

Resized_IMG_2126






彼の野菜はすべて自家用、余った分は東京の娘たちや
地元の若いサラリーマン家庭に分けるという。
つまり、市場には出荷していない。
余った野菜は、冷蔵庫で保管し、冬野菜がとれない季節に備える。

彼の家に行ってからは、畑で採れたソ豆やフキ、
野菜づくしの奥さんの手料理が食卓にいっぱい並んだ。

農薬を使わない野菜の味は、かすかな甘味、
にがみ、香りなど土の力と野菜の生命力が
創り出す野菜本来がもつ地味だと感じる。


この日は、実は私はある知人に頼まれて、
この有機農業の友人を紹介するために同行した次第。



ある知人はトンボの研究家で、
彼は田んぼの中のヤゴ(トンボの幼虫)を採取していた。

彼は、休日を使って、小学生にトンボセミナーを開く。
そのときヤゴを見せるという。

とてもリッチな一日であった。

(この記事は、一部 Facebook でも紹介しました。)  
Posted by amane2 at 09:00Comments(0)TrackBack(0)