おはようございます

事務員Nです。

今日はこの時期では珍しく太陽が元気です。

いつものように仕事をしながら、
今月から同僚になった事務員Kさんと談笑していたら、

戻ってきた社長から突然「ほら!22mの高さに乗せてやるぞー!」

N「なんですか、それはー

ウキウキで外に出てみると、でっかい車両が!
昨日、地域のイベントの為に借りていた高所作業車を、
返しに行く前に乗せてくれるというので、こんな機会はそうそう無いと思い、
絶叫マシーン大好きな私は、喜んで乗せてもらうことに

いざ搭乗してみると、、、、あれ 意外に怖いかも
同乗して操作してくれたのはM君
N「絶叫マシーンは全然平気なのに、これダメかも。。。もうここまででいいわ」
M「いやいやいや、まだ10mっすよ?まだいけますって
その間もどんどん上昇
N「いや、マジでもういいって! いいからマジでー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
M「今MAXっすよ」
N「えっ!?ここ22m?着いたの?
  ビックスワンとか佐渡島見える??後ろで見えない」

直立不動の私は逆方向の新発田方面の山々の方向を向いていたので確認できず
M「逆っすよ!反対向けばいいjないですか」

その間も揺れているバスケット・・・。
淵を掴んで頑張って振り向いてはみたけれど、それだけで揺れる
目視だけで精一杯体勢を変えるなんてー写真なんて撮れないー

海の方はガスってて島は見えませんでしたが、ビックスワンは見えました。
ですが、手が離せず写真は撮れませんでいた
DSC_0016
DSC_0018
DSC_0015
なんとか頑張った正面方向の写真です

M君に日頃の恨みを晴らされた感じです