甘やかし女男娘女の世界

このブログでは女の子が男の子を「包容、慰撫、庇護」の対象としている『ショタが美少年のおねショタ』・『男の娘×女の子のカップリング』・『ショタが美少年のインピオ』をテーマにした成人向け漫画、小説等を列挙していきます。 感想も不定期に書いていきたいです。

カテゴリ: 雑記

あけましておめでとうございます。久々に雑記を書きます。
2020年が終わって振り返ってみると、ショタ側にも焦点を置いたり、とても可愛らしく描かれている作品が商業漫画、同人漫画、CG集と数多く発売されました。マイナージャンルと思っていたおねショタが10~15年前とは比べ物にならないほどに、いつの間にか成年コミック、電子書籍や同人作品を含めて数多く世に出ました。15年前からそういったジャンルを探してきた自分にとってとても嬉しい限りです。

2020年はおねショタをテーマにした商業成年単行本が多く発売されました。
中でも特にショタを男の娘メインにしたおねショタ本 『私色のオトコノコ』
ショタっ子がとても可愛く描かれているインピオを専門にした 『ぼくたちもっといじりたい』
は自分が探し求めていたジャンルでこれらが発売されたのはとても大きいと思います。男の子も女の子も可愛く描かれた成年作品が広く認知されれば嬉しいです。

去年は某イラスト依頼サイトも利用し始め絵師様に素晴らしいおねショタ、インピオを描いていただきました。特に男の子が可愛いインピオはまだまだ数少ないマイナーなジャンルで積極的に依頼をしました。完成したイラストはどれも完成度が高く文句なしです。自分にとってとても充実した年でした。

作品の感想も少しでも描いていき、あまり高度な文章を書くことを考えず自分なりの言葉で継続できるよう心掛けたいです。

ブログ内の神経質な文章を修正し、ブログのテーマも「おねショタ」、「男の娘×女の子」、「インピオ」の3つに方向性を定めました。



ブログを立ち上げて1年になりますが一度雑記を書いてみようと思います。



今年の2月中は普段以上に同人ゲームや一般向けおねショタ漫画をたくさんプレイしたり読んでいました。中でもタイトルは伏せますが、とあるRPGツクール製のおねショタ(正確にはロリ×ショタ)同人ゲームをプレイし感動しました。このゲームは制作段階で何年も前から注目していて、去年発売され自分も満を期してようやくプレイをはじめました。

主人公のロリ少女がショタっ子17人を攻略する内容で
  • まずロリショタものでありながらショタの可愛さに重点を置いているのが大きな特色。とても希少です。
  • 主人公のロリキャラの性格に嫌味が一切なく凄く好感がもてる。ショタっ子全員に優しく若干振り回され気味。
  • 登場するのはほぼ全員合法ショタ、ロリ
  • ショタのキャラクターデザインが可愛らしいのはもちろんのこと、全員にしっかりとした個性付けがされていました。 
  • ツンデレが多く、男の娘、無邪気、ショタジジィ、超無口といったショタっ子単体でも作品が十分創れるほど。
  • 暴力的なシーンがなく終始皆で甘々して優しい世界観
  • NPCキャラも登場するショタに可愛いと多く発言
  • メインロリ、ショタ3人皆に可愛い衣装が複数あり
これが私の本当に望んで探していたおねショタの最高の形と感じさせられました。作者様の男の子への愛が溢れています。ロリ×ショタというと焦点が女の子に偏りがちですが、この作品は男女平等(ショタ寄り)のとても優しい世界観です。 



私が生まれて一番最初に気に入った成年漫画の話になりますが、
2007年頃に出た『おねえさん! いただきます(デビロリ収録)』というおねショタ漫画。
登場するショタっ子が男の娘で、ぬいぐるみ集めが趣味のとても乙女で純真で愛らしい子です。
これが自分の本当に見たかった、【お姉さん×外見も性格も男の子が綺麗】で素敵な漫画でした。
2007年当時最初に【ショタの可愛さに特化したおねショタ漫画】を発見して読んだ時は感激して夢中になって何度も何度も読み返していました。



上記でプレイした同人ゲームは、そんな私が本当に心から愛するおねショタの要素を思い出させてくれました。作者様にはとても感謝しています。
2018年より以前の私は「おねショタ」というキーワードを見ただけでただがむしゃらに作品を購入していました。しかし近年は改めて、ショタへの暴力無しをはじめとして、ショタを蔑ろにしない、ショタに焦点を当てている作品を出来るだけ限定して集めています。自分の本当に好きなショタものを思い出した後だと おねショタの定番にありつつある「ショタがただ気が弱いだけで女が優先のおねショタ」を見るのに抵抗がでてきます。





近年おねショタ作品は数多く出ていますが、自分にとって嫌悪感の強い作品を目の当たりにしてしまうのも事実です。
いわゆるラッキースケベといいますか、わざとでもない上に謝罪もきちんとしているにもかかわらず、心無いツンデレヒロインにショタが暴力をふるわれるのを見ると悲しいくなります。
特にショタが可愛いだけじゃ泣く心優しく温厚だと尚読んでいて辛い以上にショック、男性だからこんなに扱いが悪く差別されるのかとそんな思いでいっぱいです。とりわけそのような作品が一般的に人気がでているようです。
この先もおねショタというジャンルを見ていく以上、永久にこういった自分にとって嫌悪感の強い作品を目の当たりにするでしょう。むしろ増加傾向になりそうな気がしています。
自分の嗜好にあった作品を発見するには、この悲しみと恐ろしさを味わって向き合わなくてはいけない。




私の望みは女の子がショタ(男の娘)に常に優しくあってほしい。
例を挙げると普通に一緒にお風呂に入るなど男女の壁のない優しい世界観を切望します。


とても愚痴みたいな一般の方から見たら信じられないような文章を書いてしまいました。
しかし今月分の一覧に追加したような希少な素晴らしい作品が出ている限り、私はショタの可愛さに特化したおね美ショタを探し続けます。

このページのトップヘ