2010年08月19日

連日の猛暑日にホンカンも参っておる。
日記もおよそ1カ月ぶりになるほどくそ暑い。

この暑いなか、ホンカンを掃除しようという物好きが
今週土曜日(8月21日)に集まるらしい。
時間は朝10時から昼ごろまで。

今度は床にたまったホコリを集塵機なる機械できれいに
してくれるそうだ。ケーサツを浄化する、などと息巻いておる。

「留置所を一度は見てみたい」というファン(いるのか?)も
廃墟好きの方も、きれい好きの方もぜひ。
汚れてもいい服装で軍手を持ってご参加を。

場所:旧尼崎警察署(旧城内児童館)
尼崎市北城内48-4
http://www.mapion.co.jp/c/here?S=all&F=mapi0327200100819132317

100819owari

終わったあとのビールは最高なのである。


Comments(6) | TrackBack(0) │   (13:28)

2010年07月13日

取調室から実際に注文があったのかどうかは定かではないが、ホンカンの近くには最高のカツ丼を食べさせるお店がある。阪神電車の線路の北側、西大物町にあるそば処「竹生」だ。
chikubu

実は以前、ホンカンでイベントをした時に「みんなでカツ丼を食べよう」と出前のお願いをしたことがある。全部で50杯を超えるムチャな注文にもかかわらず、出前自転車を操り、ご主人と奥さんで一生懸命届けてくれたことがあった。

分厚い豚ロースをサクッと揚げ、たっぷりの卵でとじて大盛ご飯にふわり。容疑者ならずとも食べたい味。国道2号線沿いの警察署や消防署からの注文は今も多く、ひょっとすると取調室へ届けられているのかもしれない…
katsudon
地下の大掃除後、カツ丼を食す。次回8/21にもぜひ。
Comments(0) | TrackBack(0) │   (13:11)

2010年07月06日

torisirabe
ホンカンの地下には1号から4号までの取調室がある。以前見学に来た元警察官によると、昭和30~40年代は「取り調べが多すぎてなかなか空いていなかった」のだという。

中はわずか2畳ほどのスペースに机といすがおかれていた。刑事ドラマでもおなじみの被疑者と取り調べ官とのやりとりが繰り広げられておったそうだ。

さて、気になる「カツ丼」の出前についても元警察官に聞いてみたが「まあご想像におまかせしますよ」とはぐらかされてしまった。取調室とカツ丼の関係については、引き続き捜査が必要なようである。市民からの情報提供を求む。
Comments(0) | TrackBack(0) │   (18:47)

2010年07月05日

tica

先日の地下の大掃除のおかげでスッキリとしたのもつかのま、あろうことか連日の梅雨空のせいで地下に雨水が漏れていたことが発覚。

恥ずかしながら掃除メンバーにしげしげと漏水個所をチェックされながら、「まあ大正15年築なんだから仕方がないさ」などと励まされた始末である。
more

以前ホンカンの見学ツアーの際に、ここで勤務していたという元警察官が地下の思い出をこんな風に語っておった。

「ここらは海抜ゼロメートル地帯でしょ。しかも留置所のあるスペースは半地下。ちょっと降っただけでも雨水が流れ込んで水浸しになりました。台風なんかが来たらそら大変。警察官も留置人も一緒になってバケツリレーで水をかき出したなあ」

なんとものんびりした時代である。久しぶりの“お漏らし”をしながらそんなことを思い出したのだった。


Comments(0) | TrackBack(0) │   (15:16)

2010年07月02日

見よ、このペーソス漂う落書きを。地下の留置所の壁に刻まれたあまたある作品の中で、燦然と輝くのがこの一節。
tachinbo
立んぼ入生おつなもの
通天閣でさえ
立ちんぼさ

格子扉の中で繰り出されたフレーズはえもいえぬ味わいがあるものである。

こんな落書きが見たければ'10/8/21(土)の大掃除をぜひ手伝ってやってくれ。軍手とマスク持参で朝10時からお昼ごろまで、物好きたちが汗を流しておるわ。


Comments(0) | TrackBack(0) │   (10:10)