あまるメモ

大道芸パフォーマーの『あまる』です。 パフォーマンスのことや、 運営している小劇場BAR『あそviva!劇場』 の活動を中心に綴っています。

半年後、ここで一体 何を語っているのやら。

あそviva!劇場にとってR3年度はまさにサバイバルイヤー。
はりきって進んでいきたいと思います。

いくつかの作戦を展開していくことになるのですが、
現状としては
まだしばらくは安全な映像作品の上映&BAR、
という形でしか営業できそうにないものですから、
その中で模索していくことになります。


昨年12月、
ようやくのBAR営業再開とともに始動した
シネマdeVIVA!express第二期(version2.0)
はこれまで全11回の制作を重ねてきました。

作品群の再生リストを一応あげておきます


作品にテーマ(メッセージ性)を持たせる試みを施したため、
短編というにはちょっと長い作品が多くなってしまいました。

で、このexpress2.0。
回を重ねていく中で新しい発見がいくつかあったのですが、
そのうちの一つに『スピンオフ(?)』『二次的創作』への可能性というものが挙げられます。

スピンオフ(spin-off)とは「副産物」のことで、
設定や世界観を引き継いだ、外伝的な派生作品を指すようです。
直接的な続編ということではなく。

私個人、
このスピンオフや二次的創作というものに、とても魅力を感じました。
曖昧な作品世界をおおもとに
新たな展開を創作し、映像作品に落とし込んでいくのはリモートでできるし、
作品への責任を負う側が主導する新しいコミュニティのカタチだと思ったのです。
私たちは小劇場BARを運営しているから、
その作品を所有して日々上映していくこともできる。
ディープではあるけど、
何やら特別なものにしていけるような気がしたのです。


あと、
シネマdeVIVA!expressでは、
その性質上どうしても描き切れない粗さのようなもの、
ふと閃いたり思い付いたりしたけどもう時間がないからやらない、ということなどが
当たり前のように起こります。

この際、"粗さ"はいいのです。
勢いの代償だからです。勢い無くして成せない企画だからです。
カメリハなど一度もした試しがありませんし。
全てのカットが、構えたら即本番。
その連続が作品になっているのがexpress全作品の特徴です。

しかし、
閃いたことや、
新たに思いついたことを諦める、
切り捨てるというようなことはやはり少し残念というか、無念です。
ま、そこで止まったら作品が完成しないので
考えないようにしてきましたが…

 そこ、ちょっとだけ立ち止まって、
 少しだけ、こだわってもいいんじゃないか。

その猶予をもらえたとき、作品はどう変容するんだろうか。

そういう欲が出てきました。

企画の主題である
「プランゼロから一日でショートフィルムをつくり、公開する」
というところは最低限死守しつつもその次の方向性、
「創り込む」
「作品と(少し)向き合ってみる」
を目指してもいいじゃないか、などと思うようになりました。

もはやそれがショートフィルムである必要すらないとも思います。

そういうわけで、ようやくの本題です。



このたび、
あそviva!劇場がお送りしてます映像制作企画、
シネマdeVIVA!expressが第三期(version3.0)として生まれ変わります。

制作案内R3年4月18日のみ


Ver.3.0での主な変更点
・水曜日に作品決め&映像素材公開を行い、四日後のBAR営業日(日)に完成作品を上映
・youtubeでの映像素材公開編 (旧作品公開編) までは、あまる&ひっきぃだけで制作
・作品のタイトルは 映像素材を公開してから考える
・仕上がった映像素材をもとに、あとから二次的に付加要素・再演出を加えて完成品とする
・あそviクリエイター (旧モンタージュゲスト) を毎回募集し、二次的な創作からご加勢頂く
・ショートフィルムの完成品はyoutube等で一般公開をせず、あそviva!劇場でのみ上映する
・完成品をオンラインでご覧頂けるチケットはBASE 及びあそviva!劇場で販売する
・VIVAスポの募集を原則として終了する


わかりやすいかは微妙ですが、
制作の流れについてのフローシートをつくりましたので、ご参照ください。
制作の流れ3.0_2


会場案内3.0_2



そういうわけで、
あまる&ひっきぃが比較的自由に動ける週に限り、
不定期ながら何回かチャレンジしていきたいと思います。

まずは初回、とにかくやってみますので、
完成する映像素材をご覧頂き、
関わってみたいと思って下さればぜひご加勢頂きたいと思います。


[vol.1]作品決め編のURLはこちらです。



そして、
[vol.1]映像素材できました編のURLがこちら。



ド平日なので、
ライブで追える方がいるかは不明ですが(^^;)

とにかく、
ライブで立ち向かう姿(醜態(゜_゜))を晒しながら、
取り組んでいきたいと思いますので

新しく生まれ変わるシネマdeVIVA!expressを
引き続きどうぞよろしくお願いいたします!






mixiチェック

チラシ4月再演用2


2020年の夏→秋に自主制作した映画
『ぼくたちは、夢中になりたい。』は、
色々な方々からのご助力&ご支援、サポートを頂きながら完成した映像作品です。



この作品は自分たちの制作物であるから
ほんとはいつでも再上映はできるんですけども。



ところで、
4月1日から5日までの五日間は
静岡浅間神社 春の例大祭・廿日会祭(はつかえさい)が行われます。



毎年私たちは
有志で(勝手に)協賛イベント「廿日会祭大道芸」を
日頃からお世話になっている静岡浅間通り商店街を舞台に企画・実行していますが、
昨年は緊急事態宣言の影響で中止、
今年も安全を考慮しての自粛というかたちになりました。

継続開催中のシネマdeVIVA!expressも、
当初はこの期間に合わせて始まった映像制作企画でした。




季節のめぐりの中で
この五日間だけは、何かしないと。

…と、どうやら思ってしまうのですが、今年は少し小休止を。

歩みを止めて、
思考のほうをめぐらそうかと思います。


短いほうの予告編


いやあ

実はいま
何時間もかけていろいろ書き連ねたんですが
全部消しました!ちょっと違うなと思いまして。
ここに書くものじゃなかった。
ひゃー奇妙な時間を過ごしました。


この映画は あそviva!劇場で観て頂くことで完全体になる、
とは以前書いた言葉ですが。

改めて、それが全てだな、と。
たぶん、この場所と運命を共にする作品なのかなと思います。

いや、
実際に本当の終末(あそvivaのね)が来たとき、
記録映像としては、まあ少しは価値が残るのかな?

そういうものが創れてよかったじゃないか!
今はそんな風に思います。

まだご覧になっていない方も
10月の上映期間中にお越しくださった方も
この機会にぜひご体感くださいませ。

今回は本編の上映後に、
作品出演者からの感想&裏話メッセージ動画も流せたらと思います。
※内容は 主に公開作品初見後に私あまるが各出演者にインタビューしたものです

当日はもちろん
私あまる、ひっきぃもおりますので
当時の話や今後のことなどもお伝えさせてもらえたらとも思います。

それでは!
あそviva!劇場でお待ちしております!



ご予約はこちらのフォームで承っております。
運営上の都合で、ぜひとも事前予約をお願いします m(__)m




165555727_596385321536058_6659447420754984560_n

165465272_208160311084940_2508488388212419428_n

165088447_268597104810319_325580001969244079_n
※ 先週末は駿府城公園で開催の「葵舟まつり」に出演しておりました!







mixiチェック

駿府城公園のお堀を周遊する『葵舟』の事業が
今週末から正式にスタートします。


これを記念して
今週末はOPEN記念イベントが行われます。
会場は「駿府城公園」東御門前広場です。



様々な催しの中で、
ステージベントとしての大道芸もあり、
私も出演予定です。

とはいえ
世の中はまだコロナ禍の渦中。
様々な条件のもとでの開催となります。

ご来場いただくには登録が必要になるのですが、
事前登録も可能とのことですので、以下はそのご案内です。



葵舟はH29年から社会実験を重ねてきて
最初は木造の手漕ぎ舟だったようですが、
途中からFRP製の動力船に変更した模様です。


私はまだ体験をしていないので何も語れませんが、
とにかくまずは、体験してみたいと思います。
今週末はプレゼンターサイドにおりますのでさすがに遠慮しますが(^^;)

静岡浅間神社廿日会祭の季節が近づく中で
大道芸チームとしては
昨年に引き続き 現地でなかなか何もできない状況が続いています。

平成安倍の市 IN 静岡浅間神社&浅間通り商店街
は4月1日に開催予定とのこと。
この日は私も参りたいと思います。


その前に、葵舟!

航行初日を見届けさせて頂きながら
ステージではこの日ならではのパフォーマンスを準備したいと思います。

まずはこの新しい話題のなかで
未来への一歩、探っていきたいと思います。


本日の
むすびの写真。

DSC_0172

先日、
大岩二丁目子供会さんの主催で、
今期卒業の6年生を送る会へ大道芸をお届けして参りました。
あらためて6年生の皆さん卒業おめでとうございます。

その時、葵サンプルさんのワークショップで作りました、てんぷら!
間違えて食べないように。
あそviva!劇場の店内でも展示したいと思います。





mixiチェック

気がつけば1年も続けてきました。
冷静に振り返ると信じられないようなことでもあります。

プランゼロから一日かけて映像作品を作り上映する、
シネマdeVIVA!expressのこと。

途中四カ月ほど休みましたけど、
よく続いているほうだと思います。

最新作はこちら。

映像作品【3分てさ、できることいっぱいあるよね。】


本作品への"オンライン投げ銭"はこちら(BASE)で承っております。


今回の作品は...
ちょっとドキッとするような設定で一見せつないお話かもしれません。

劇中に「達成感あった?」という言葉があります。
ここでのちょっとしたやりとりで、ふと大事なことに気がつかされます。
二人の気持ちがまったくバラバラであっても、
一緒に生きていけない理由にはならないということ。
何より、喜び合えることの幸せは何物にも代えられないですね。

などと、
あとは作品が勝手に独り歩きしていくのをここから見守るのみです。
作り込まないからこその余白。説明過剰によって決定づけない余白。


朝の作品決め編の段階から
今回は大変心配な制作の予感でしたが
いそぎ立ちあげた設定を、制作会議に加わったラブねにゑさんの提案で上塗りして
設定ありきのほぼ台本なしで撮影をはじめたスリル (゜_゜)

屋外での撮影では想い描いたやりとりをおさめられず、
内心どうしようどうしようと、大いにもがいたこの日の撮影。
どうすればこれまとまるの?と思いながら編集に入ったのは初めてかも知れない。
ぶっちゃけるとそのくらいフワフワ見えない闇を突き進んだ制作回でした。
にしては。
だからこそ、なのか。
奇妙な設定の割には妙に生々しい仕上がりになりました。

そして最後、
アートモバイルさんの楽曲と合体させたときの感触は非常に心地よかったです。







さて
毎回なかなかの体力勝負です。

本来チームで取り組むべきようなことですが
それがなかなか難しい一年でしたから、
いつだって私たちのカメラには私たちしかおさまっていませんし、
私たちのカメラを他の誰かに扱ってもらうこともありませんでした。

脚本も役作りもこだわり抜いたシーンや編集もない。
それでも作品は生まれる。生み出そうとするかぎり 笑


作り込む 一歩手前に 美学あり


はい、どうもありがとうございました。


シネマdeVIVA!expressは一段落ながら、
懲りずにまだ継続予定です。
また週明けにはご案内できますように。

DSC_0165


DSC_0169
この日はなんと "道徳先生" 迷子の遊園地 藤田さん、さおりさんがご来店下さいました。
DSC_0171
shortfilm「静かな崩壊」で制作して頂いたライブアート作品。あそviva!劇場で飾らせて頂きます(^^ゞ



mixiチェック

ここのところ、
こちらではなるべく丁寧に
様々な報告やご案内を綴って参りました。

いや、今後もそのように思っていますが
今何やらほんとに色々たてこんでまして。
何もないときはほんとに何もないのに、
何かあるときはバーッと来るもんですね。

丁寧さを欠くようであれですが、手短に。
まずはシネマdeVIVA!express2.0 vol.11無事に終了しました!
感想や報告、動画のリンクはまた改めて。
明日の夜までには。

大道芸の準備や撮影・編集の仕事も含め😲
思わぬかたちで自分の世界が広がっていて
今こそ培ってきたものを活かさねばというところ。

大切に向き合って取り組んでいきたいと思います。

DSC_0165
mixiチェック

七間町ハプニング5の余韻はこちらに凝縮したとして…



止まらない時間とともに、
我々も前に進みたいと思います。


今週末の土曜日(3/20)は
今月最初にして最後の【シネマdeVIVA!express2.0】
vol.11の制作回となります。




モンタージュゲストは
もしかしたら何らかの加勢を頂くかもしれない方が一名、の予定でした、が。

作り方が作り方だけに
飛び込みでの参加も歓迎しているこの企画。

これを書いているまさに今、
アートモバイルさんから今週末の参加が可能との吉報が入りまして
今年度の締めくくり回に、最高のパートナーを得ました。

私の周りでジワジワ増えているアートモバイルファンの皆々さま、
どうぞお楽しみに〜♪

第二期(ver.2.0)に入ってからは
ほぼ進め方は毎回同じで、
まずは午前中の生配信でこの日に創る映像作品のタイトルと、とっかかりのテーマを決めます。


いわゆる『作品決め』編 です。9時スタート。一週間アーカイブ有。

そして、
あれこれを決めてから撮影をはじめ、撮り終えたら編集をし、
その日の夜に公開します。


いわくつきの『作品公開』編 です。19時30分スタート予定。一週間アーカイブ有。

なぜ "いわくつき" かというと、
はい、そうです。公開予定時間に間に合うことが稀だからです m(__)m

もうさすがに常習犯なのであらかじめ申し上げておきます。
どうせまた20時30分くらいになるんだろうと思います。
でも、目標はあくまで19時30分!

どうぞよろしくお願いいたします。


あそviva!劇場のBAR営業は
19時開店、21時閉店予定です。
公開に向けて猛然と時間と戦っている風景や
生配信の様子そのものを場内でお楽しみ(?)頂けます。
もちろん、完成した映像作品をスクリーンでご覧いただけます。

調理担当のひっきぃ店長が
また何やら謎レシピを考案しているとかいないとか。
安全第一で諸々準備の上、皆さまのご来店をお待ちしております。

※開店時間内、おでんのテイクアウトのみでも大歓迎です。




春がきた。




mixiチェック

↑このページのトップヘ