2006年10月25日

SPARKS GUIDE BOOK

スパークスガイドブック









Sparks GUIDE BOOK

スパークスのガイドブックです。この間の京大西部講堂のライブ会場で買いました。田舎だとなかなか売ってないんだよね。

内容はこんな感じ。

●ラッセルVS ロンによる世界初兄弟相互インタビュー
●岸野雄一によるスパークス・ロング・インタビュー
●コラム : 山崎春美 / 安田謙一 / 湯浅学 / 細馬宏通 / 村尾泰郎 / 上野耕路 / ジム・オルーク / ロン・メイル 他
●スパークス・コミック : 本秀康 / 佐々玲子
●ロンによるエッセイ:「ジャック・タチとスパークスの共演・幻の顛末記」
●見て愉しバイオグラフィ / 読んで愉しディスコグラフィ
●スパークスのガレージ発掘/資料提供 : 豪華カラー・グラビア
●ロン&ラッセルによるリリック出演者A to Z

付録1 ; スパークスの前身バンドによるアセテート盤「コンピューター・ガール」の初音源化&スティーヴ・ジョーンズ(ex. セックス・ピストルズ)によるスパークス・インタビュー等を収録したCD
付録2 : ロン仕様付け髭&ラッセル着せ替え人形(紙製です)
付録3 : 常盤響デザインによる、過去のグラビアや雑誌記事をコラージュした大判ポスター

スパークスガイドブックポスター










     付録ポスター

付録CDは正直かなり期待はずれでしたけど、本の中身はまあまあ。スパークスファンなら持ってて損はないかも。

彼らは「男はつらいよ」の大ファンらしくて、前回来日時は葛飾柴又を訪れ、しばし感慨に耽っていたらしい。そもそも「男はつらいよ」って外国でも映画館で上映したり、ビデオやDVDなんかになってたりするのかね?「「結構毛だらけ猫灰だらけお尻の周りは糞だらけ」とか英語でどう訳してるんだろうか?
amateurhour at 20:52│Comments(0)TrackBack(0) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile


1975年生まれ、テクノとか作ってます。

SoundCloud
Recent Comments