2014年08月09日

DEPECHE MODE/SONGS OF FAITH AND DEVOTION

Songs of Faith and Devotion
       Songs of Faith and Devotion

93年発売の8枚目のアルバムです。

実は、初めて聴いたデペッシュ・モードのアルバムがこれです。その頃、YMOとかクラフトワークとか、テクノポップに興味を持って色々聴いていた頃で、その流れで当時出て間もないこのアルバムを聴いた訳なんですが、全然ロックじゃねえかと思いました。元々こういうバンドなのかと思って、遡って1stとか聴いてみると、全然違う音なので驚きました。

ただ、期待していた音とは違うものの、じゃあ嫌いかっていったらそうでもなく、かと言って、ものすごい好き!ってアルバムではなかったものの、繰り返し聴いていたら、その良さがジワジワわかって来た感じです。

ギター、ドラム、ストリングス、イリアンパイプスなどの生楽器や、(おそらく)サンプリングなども使いつつ、シンセも結構使ってると思うのですが、そんなにシンセっぽい使い方はしてないような感じ。自己主張し過ぎていないンセの使い方は非常に理想的だと思うし、見習うべきだと思います。
amateurhour at 16:01│Comments(0)TrackBack(0)CD 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile


1975年生まれ、テクノとか作ってます。

SoundCloud
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。