2018年01月04日

宮部みゆき/模倣犯


     模倣犯

年末から年始にかけて読んでました。文庫で全5巻。かなりボリュームがあったんですが、読み進むうちにぐいぐい引き込まれて割と短い期間で読めたと思います。さすがベストセラーだなと皮肉でもなんでもなく素直に思いました。

それにしても、善良な人たちがたくさん殺されたり、死んでしまったりして、なんとも救いのない物語だなと思いました。もう少し救いのようなものがあれば良かったなと思いました。

あと、どうでも良いことですが、何度か「おっつかっつ」という言葉が出て来たのが気になりました。調べなくても文脈から大体意味は分かるものの、初めて見た(おそらく聞いたこともない)言葉なので、方言?のようなものかなと思い、辞書を見たらちゃんと載ってるし、方言とは違うのかな。
amateurhour at 23:14│Comments(0) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile


1975年生まれ、テクノとか作ってます。

SoundCloud
Recent Comments