2019年09月07日

Rolandの新製品

Rolandの新製品が発表されました。

久々のグルーブボックス「MC-707」とかよさげ。バーチャル・アナログ音源とPCM音源を兼ね備えた最新のサウンド・エンジンらしいです。ただ、リミックスなどやるとなるとこれ一台で完結させるのは難しそう。そう考えると、コンパクトなスタンドアローンタイプなら、MPC LIVEかな。いや、持ってるからそう思うんですけど(笑)。

MPC LIVEに+αならコンパクトな「MC-101」とか良いと思うんですけど。

ワークステーションタイプはもう出さないかと思っていたらまさかの「FANTOM」を出して来ました。前の「Fantom」と紛らわしいような?新しい名前を付ければ良かったのにと思いました。61鍵の「6」で20万円くらいかな?と思いきや、¥335,000 (税抜き)とか!なんか、スゴそうです。
amateurhour at 15:52│Comments(0)音楽製作 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile


1975年生まれ、テクノとか作ってます。

SoundCloud
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。