1: 名無しさん 2017/10/05(木) 00:36:31.087 ID:nE5N1gpj0
父「ウイ~……ヒック」

父「おいっ!」

少女「!」ビクッ

少女「な……なに? お父さん……」

父「サケ買ってこいや、クソガキ!」

少女「うううっ……」

父「早く行けやっ!」バリィンッ

少女「分かったよぉ……」

9: 名無しさん 2017/10/05(木) 00:39:32.085 ID:nE5N1gpj0
少女「……」トボトボ…

少年「どうしたの?」

少女「実は、お父さんにサケ買ってこいって怒鳴られたの」

少女「でも、あたしこういうのはじめてで……サケってどこに売ってるのかな?」

少年「うーん……やっぱり魚屋じゃないかな?」

少女「どうもありがとう!」スタタタッ

少年「……」

12: 名無しさん 2017/10/05(木) 00:42:15.541 ID:nE5N1gpj0
魚屋――

主人「へい、らっしゃい!」

少女「サケください!」

主人「サケかぁ~、今あいにく売り切れなんだよねえ」

少女「そんなぁ……」

主人「なにしろ今は空前のサーモンブーム」

主人「あのニンテンドースイッチより、遥かに入手困難なんだから」

少女「そんなに品薄なんだ……」

主人「だけど、オイラのいう条件を呑んでくれたら、サケを売ってあげてもいいよ」

少女「ホント!? 呑む呑む!」

主人「その条件はね……お嬢ちゃん、君の体さぁぁぁぁぁっ!」グワッ
13: 名無しさん 2017/10/05(木) 00:42:26.969 ID:KM8wfCwr0
どうでもいいけど鮭って少しでも加工されるとシャケになるらしい
shopping_bag_rejibukuro



14: 名無しさん 2017/10/05(木) 00:46:08.173 ID:nE5N1gpj0
主人「ぐひゃひゃひゃひゃ!」ババッ

少女「ひっ!」サッ

主人「なぜ逃げる!? サケが欲しくないのか!?」

少女「うぅ……」

主人「さぁ、キスさせろ! 抱きつかせろ! 脱がさせろ! ヤらせろォ!」ガシッ

少女「やーっ!」バシッ

主人「このメスガキィ……! 魚の支配者たるこのオイラを殴りやがったな!」

主人「だったら、しょうがねえ」

15: 名無しさん 2017/10/05(木) 00:48:07.873 ID:VH++Ldpu0
殴られてるのにちょっと冷静でワロタ





16: 名無しさん 2017/10/05(木) 00:48:12.775 ID:nE5N1gpj0
主人「右手に……タイッ!」ジャキッ

主人「左手に……ヒラメッ!」ジャキッ

主人「この二魚流で君を気絶させてから、じっくり体を味わうとしよう!」

主人「ほらほらほらほらほら!」ブンブンブンブンブン

ベチベチベチベチベチッ

少女「きゃーっ! 生臭いーっ!」

17: 名無しさん 2017/10/05(木) 00:49:06.714 ID:o0cAMn8Pr
なんだこれは

18: 名無しさん 2017/10/05(木) 00:49:52.943 ID:twhWLjYDd
つづけたまえ

19: 名無しさん 2017/10/05(木) 00:51:37.642 ID:nE5N1gpj0
少年「落ち着いて、少女ちゃん!」

少女「少年くん!?」

少年「昔話の“浦島太郎”を思い出すんだ!」

少女「あっ、そうか!」

少女「よぉし、だったら……」

少女「手を前に伸ばして! 背中を反って! 足は正座させる!」シャキンッ

主人「あっ! こっ、これは!?」

20: 名無しさん 2017/10/05(木) 00:51:55.798 ID:CfijvW9oa
そこはボラボラボラだろ
魚屋だけに

21: 名無しさん 2017/10/05(木) 00:52:00.749 ID:4rtQFVnPa
背びれが刺さると割りとマジで痛い

23: 名無しさん 2017/10/05(木) 00:55:14.755 ID:nE5N1gpj0



バーンッ!


主人「あの女の子の体が……“乙”の字を描いているッ!」

少女「そう、私は乙姫……」

主人「!?」ギクッ

少女「タイやヒラメなど、乙姫からすれば一山いくらのバックダンサーに過ぎないわ」

少女「さぁ、跪きなさい! 魚屋ッ!」

主人「ぐ……ぐぬぬぅ……」

主人「参りましたーっ!」ガバッ

26: 名無しさん 2017/10/05(木) 00:57:21.481 ID:nE5N1gpj0
主人「フッ……オイラの負けだ。乙姫で来られちゃ、さすがの魚屋も手も足も出ねぇや」

少女「魚屋さん……」

主人「オイラに勝った証として、このあさりの貝殻を持っていくといい!」サッ

少女「わぁっ、きれい!」

少女「ありがとう、魚屋のおじさん!」

29: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:02:08.761 ID:nE5N1gpj0
少女「よかったぁ~……」

少女「あやうく、魚屋さんで“男”を知っちゃうとこだったよ」

少年「勘弁してよ。君のはじめてはボクが奪う予定なんだから。中古はやだよ」

少女「えへへへ……」

少年「笑ってる場合じゃないよ。まだサケを手に入れたわけじゃないんだから」

少女「そうだね。でも、どこに行けばサケはあるんだろ?」

少年「この町で、あとサケがありそうな場所といえば……水族館しかないね」

少女「水族館か……行ってみよう!」





31: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:05:25.004 ID:nE5N1gpj0
水族館――

館長「サケが欲しい?」

少女「はいっ!」

館長「じゃあこっちに来なさい」

少女「ありがとうございます!」

少女「どうやら手に入れられそうだね!」

少年「うん……」

34: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:07:36.921 ID:nE5N1gpj0
チャプン…

館長「それじゃ、この水槽の中に入って」

少女「? ……はい」

ザブッ…

館長「つーかまえたっと!」ガション

少女(あれ!? 水槽に蓋されちゃった!)ブクブク…

少年「なんてことするんです!?」

館長「ククク……私は一度飼ってみたかったのさ、人間の女の子をね!」

35: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:10:56.083 ID:nE5N1gpj0
ブクブクブクブクブク…

少女(開けて! 開けて!)ドンドンドンドン

少女(息が……できないっ!)ドンドンドンドン



館長「ほっほぉ~、水の中で溺れる少女! なんという芸術(アート)だ!」

館長「そらもっともがけ! 苦しめぇっ! 私を満足させるのだぁっ!」

36: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:13:17.682 ID:nE5N1gpj0
館長「ご来館の皆さま、あちらをご覧ください!」


少女「ガボッ! ゴボォッ!」ブクブク…


客A「うひょ~、女の子じゃん!」

客B「苦しそうにもがいてやがるぜ!」

客C「こりゃたまんねぇや!」


少年(ボクもいけない性癖に目覚めちゃいそうだけど……なんとか理性を保たないと!)

少年(少女ちゃんを助けなきゃ!)

38: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:17:53.950 ID:nE5N1gpj0
少年「この水槽のガラスを壊せば……!」ガンガンッ

館長「無駄だッ! この水槽のガラスは強化ガラスなんだ!」

館長「もっとも刃物には弱く、傷をつければ水圧も手伝って、ガラスを破ることは可能かもしれん」

館長「しかし、君たちのような子供が刃物を持ってるわけないからね……」ニヤ…

少年「ご丁寧にどうも」

少年(少女ちゃん、あさりの貝殻を使うんだ!)サッサッ



少女(うん、分かった!)ボコボコ…

39: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:20:21.695 ID:nE5N1gpj0
少女(貝殻で……ガラスに傷をつける!)ガッガッ

ピシッ

館長「――ん?」

少女(もっともっともっと!)ガッガッガッガッガッ

ピシピシッ

館長「い、いかんっ! ガラスにヒビがッ!」

少女(トドメよっ!)ガッ

館長「や、やめろぉぉぉぉぉっ!!!」

41: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:22:24.370 ID:nE5N1gpj0
バリィィィンッ!!!


ザバァァァァァッ!!!


館長「中の水がっ……! うっ、うわぁぁぁぁぁっ!!!」

客A「ぎゃああああっ!」

客B「ひいいいっ!」

客C「助けてぇぇぇぇぇっ!」

42: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:22:39.265 ID:4AFOckMrd
貝殻で割れるとかあっさりしてるな

46: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:28:18.467 ID:Pr3d8jEf0
>>42
割りと好き





45: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:27:04.483 ID:nE5N1gpj0
少女「あたしの勝ちね!」

館長「ぐ……私の負けだ……」

少女「ご褒美になにかちょうだい!」

館長「この水族館を半分やろう」

少女「いらない」

館長「即答かよ。だったらうーむ……そうだな」

館長「私は装飾品のデザイナーでもあってね……その貝殻を貸しなさい」

少女「いいけど」

サササッ

館長「できた! 純白の貝のイヤリングの完成だ!」

少女「わぁっ、ステキ!」

少年「よかったね、少女ちゃん!」

47: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:30:45.833 ID:nE5N1gpj0
少女「魚屋も水族館もダメなら、次はどこへ行けばいいんだろう?」

少年「こうなったら、自力でサケを獲るしかないね」

少女「サケってどこにいるの?」

少年「サケといえば北海道だ……北海道しかない」

少年「北海道へ行こう!」

少女「北海道はでっかいどー!」



北海道編、開幕っ・・・!

50: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:34:09.289 ID:nE5N1gpj0
北海道――

マタギ「お前たち、どこへ行く?」

少女「森へ入って、川に行くの!」

少年「彼女のお父さんがサケを欲しがってるんです」

マタギ「やめとけ……ヒグマに食われて死ぬのがオチだ」

少女「そんなことないもん!」

マタギ「ならば、ここで射殺するのがせめてもの情けッ!」

52: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:37:23.545 ID:nE5N1gpj0
ズドォン!

少女「!」シャッ

マタギ「避けた!?」

ズドォン! ズドォン!

少女「なんの!」シャシャッ

マタギ「また避けた!?」

少女「サケを獲るなら、ピストルの弾ぐらい“避け”られなきゃね」

マタギ「ワッハッハ! こりゃ一本取られたわい!」

少年「行こう」

少女「うん!」



マタギ「なるほど……あの二人ならサケを獲ることも夢ではないかもしれん……」

54: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:39:28.438 ID:tEvCYY0GM
マタギも頭おかしいな

55: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:39:30.753 ID:8VZseYPP0
サケってなんだっけ・・・

56: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:40:01.015 ID:nE5N1gpj0
森の中――

少年「ここらへんでイヤリングを落とすんだ」

少女「うん、分かった」

ボトッ



すると――

58: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:43:52.208 ID:nE5N1gpj0
ガサガサ…

ヒグマ「お嬢さん、お待ちなさい」

少女「出たっ!」

ヒグマ「白い貝殻の小さなイヤリングを落としましたよ」

少女「ありがとう!」

ヒグマ「さぁ、お嬢さん、お逃げなさい」

少女「やだっ!」

ヒグマ「なに……?」ピクッ

59: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:46:20.427 ID:thfJCnsi0
何をキメながら書いたらこういうのが書けるんだろう





60: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:47:28.089 ID:nE5N1gpj0
少女「お願いがあります!」

ヒグマ「お願いですって?」

少女「あたしにサケの獲り方を……伝授して下さいませ!」

少年「ボクからもお願いします!」

ヒグマ「……」

ヒグマ「一つ質問をしましょう」

少女「なんなりと」

ヒグマ「旅は道連れ、世はな?」

少女「サケ!」

ヒグマ「おみごと、この問いを正解できた人間はあなたたちがはじめてです」

ヒグマ「あなた方を弟子にしてあげましょう」

少年「あ、ボクは結構です」

64: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:52:40.113 ID:nE5N1gpj0
ヒグマ「いいですか、サケの捕獲は一日にしてならずです」

少女「オス!」

ヒグマ「サケを獲るには、サケを弾き飛ばす“腕力”、チャンスを待つ“持久力”」

ヒグマ「そして一瞬のチャンスを逃さない“反射神経”が必要なのです」

少女「オスッ!」

ヒグマ「いい返事です。さっそくトレーニングを始めましょうか」

65: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:55:05.478 ID:nE5N1gpj0
ヒグマ「この岩を持ち上げるのです!」

少女「オス!」ググッ…


ヒグマ「滝浴び開始!」

少女「オス!」ザババババ…


ヒグマ「この石を避けるのです!」

少女「オス!」シャシャッ

69: 名無しさん 2017/10/05(木) 01:58:32.216 ID:nE5N1gpj0
半年後――

少女「どう?」

少年「う、美しい……!」

少年「まるでミロのヴィーナスのような、完璧に整った裸体……!」

少年「しなやかで、艶やかで、それでいてまったりとしてコクがある……!」ゴクッ…

少女「やだ~、褒めすぎだってば!」

ヒグマ「今のあなたなら、サケにも通用するでしょう。さぁ、ゆくのです!」

少女「オス!」

72: 名無しさん 2017/10/05(木) 02:02:40.121 ID:nE5N1gpj0
川――

ザババ…

少年「サケが来たよ!」

ヒグマ「焦ってはなりません。狩りにおいて焦りは百害あって一利なし、頭を冷やすのです」

ヒグマ「そして、北海道の大自然と自身を一体化するのです」

ヒグマ「目で見るのではなく感じるのです……北海道の愛を! 北海道の絶望を! 北海道の全てを!」

少女「師匠、ちょっとうるさい」

ヒグマ「あ……」


ザバババババ…


少女(一瞬のチャンスを逃さない!)クワッ



ザバァッ!!!

73: 名無しさん 2017/10/05(木) 02:06:28.413 ID:nE5N1gpj0
少女「獲ったどーっ!」ビチビチッ

ヒグマ「みごとです。もう私から教えることはなにもありませんよ」

少女「ありがとうございました……師匠!」


少年「帰ろう……君のお父さんのもとへ!」

少女「うん!」ビチビチッ



ヒグマ(北海道の神よ……あの二人に幸運をもたらさんことを……アーメン、味噌ラーメン)

76: 名無しさん 2017/10/05(木) 02:09:51.583 ID:nE5N1gpj0
少女「ただいまー!」

父「おお、お帰り」

父「半年もどこ行ってたんだ? 心配したんだぞ?」

少女「ごめんなさい……」

少女「でもね、ちゃんと獲ってきたよ……サケ!」ビチビチッ

父「おおっ! ありがとう!」

父「じゃあさっそくサケ料理を振る舞うとしようか! この“クッキングファザー”がね!」

二人「わーいっ!」

77: 名無しさん 2017/10/05(木) 02:12:44.041 ID:nE5N1gpj0
父「ほらっ、サーモンの刺身だ!」

少女「おいしいっ!」モグモグ


父「鮭のムニエルだ!」

少年「素材の味を生かしつつ、それを絶妙に昇華させた一品だ……!」ムシャムシャ


父「メインディッシュ、石狩鍋だっ!」グツグツ…

二人「おいしそーっ!!!」

81: 名無しさん 2017/10/05(木) 02:16:23.624 ID:nE5N1gpj0
グツグツ… グツグツ…

少女「お鍋、おいしいね!」ハフハフ

少年「うん、ダシがよくきいてて、骨から温まるようだよ」ハフハフ

父「喜んでもらえて嬉しいよ、ハッハッハ」

少年「北海道まで行ったかいがあったね」

少女「うんっ! はじめてのおつかい、大成功!」





おわり

78: 名無しさん 2017/10/05(木) 02:13:52.396 ID:ZEyt0Ibu0
合ってたのか・・・

80: 名無しさん 2017/10/05(木) 02:14:34.496 ID:zxZk1LQZ0
ええw

84: 名無しさん 2017/10/05(木) 02:26:17.999 ID:XtplcI0Xr

長く険しいおつかいだったな…

88: 名無しさん 2017/10/05(木) 03:41:08.169 ID:gUQFL+4Y0
なんだこれおもしろいぞ

89: 名無しさん 2017/10/05(木) 03:50:02.585 ID:KADPT+t2d
面白かったぞ



引用元: ・父「おいっ! サケ買ってこいや、クソガキ!」少女「ううっ……」