タグ:ホラー

1: 名無しさん 2018/10/20(土) 15:37:48.58 ID:due5FH1W0
今でこそギャグやけど当時は怖かった

2: 名無しさん 2018/10/20(土) 15:38:25.15 ID:IoMTX+v9a
サンマも普通に怖かったしな

4: 名無しさん 2018/10/20(土) 15:38:36.99 ID:MttCuqCed
兄が死ぬまでがピーク

5: 名無しさん 2018/10/20(土) 15:39:23.75 ID:ESYenuM50
表紙は怖いという風潮
no title

no title

9: 名無しさん 2018/10/20(土) 15:40:14.18 ID:fgsT0dn4d
クーデタークラブがピーク

10: 名無しさん 2018/10/20(土) 15:40:25.50 ID:VD7RRMKi0
島入るまでは普通に怖かったで

14: 名無しさん 2018/10/20(土) 15:41:28.60 ID:MttCuqCed
ハァハァ

続きを読む

1: 名無しさん 2017/04/21(金) 23:16:40.815 ID:GKzre4kN0
貼って♡

2: 名無しさん 2017/04/21(金) 23:17:27.323 ID:cxVFQAfe0
no title

298: 名無しさん 2017/04/22(土) 04:06:58.032 ID:TQx1e4aha
>>2
やきうのおにいちゃん

続きを読む

1: 名無しさん 2017/04/05(水) 00:28:33.595 ID:mhRIqLYJr
みさえが主人公のやつ
これまじで幼少期に見てトラウマになった
未だに思い出したくないぐらい怖い
後、しんちゃん関係ないけど昔、歳の離れた兄貴が見てたシリアルなんたらレインってアニメも幼少期に見てトラウマになってる

2: 名無しさん 2017/04/05(水) 00:29:49.062 ID:XkYbVk0v0
覚えてる
あれうさぎより怖いよな
ヒロシが持ち帰ってくる奴だろ
画鋲巻いたりする奴

7: 名無しさん 2017/04/05(水) 00:32:54.280 ID:mhRIqLYJr
>>2
それそれ
まじで死ぬほど怖かった
画鋲巻いてたかどうか記憶にないけどみさえをギロって睨んで触った瞬間「触るな」って言ってまじで怖かった

3: 名無しさん 2017/04/05(水) 00:30:57.124 ID:euDVgO9J0
人形の股間見るシーンで興奮した記憶がある

5: 名無しさん 2017/04/05(水) 00:32:09.574 ID:XkYbVk0v0
>>3
あったわw

トラウマにもなるけど笑い要素も多かったよな
no title

続きを読む

引用元: ・ここいらで「ゾッと」する話しようや

1: 名無しさん@おーぷん 2016/05/01(日)20:29:11 ID:KoP
蒸し暑いからたのむで

6: 名無しさん@おーぷん 2016/05/01(日)20:31:49 ID:kng
文章でもコピペでもつべ動画でも何でもええんか?

8: 名無しさん@おーぷん 2016/05/01(日)20:32:35 ID:KoP
>>6
おう!なんでもええで

15: 名無しさん@おーぷん 2016/05/01(日)20:34:52 ID:kng


続きを読む

引用元: ・怪談でさ、捨てても捨てても自分の元に返ってくる人形ってあるじゃん?

1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/27(水)11:28:15 ID:H3p
あれ中古おもちゃ店に売り続ければボロ儲けじゃね?

2: 名無しさん@おーぷん 2016/04/27(水)11:29:00 ID:RkQ
売れないだろ

3: 名無しさん@おーぷん 2016/04/27(水)11:29:34 ID:Sbn
店主が転売するな

4: 名無しさん@おーぷん 2016/04/27(水)11:30:12 ID:Th0
いかなる方法であっても所有権が中古玩具店にある限り
返還しなきゃあかんでしょ

6: 名無しさん@おーぷん 2016/04/27(水)11:30:32 ID:vSB
ワロタ

続きを読む

引用元: ・あまり有名ではない怖い話を聞きたい

1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/27(水)14:00:18 ID:7h0
お願い

2: 名無しさん@おーぷん 2016/04/27(水)14:02:39 ID:THI
539:名無し職人:2005/11/18(金) 10:47:51 
うちの爺さんは若い頃、当時では珍しいバイク乗りで、
金持ちだった爺さん両親からの何不自由ない援助のおかげで
燃費の悪い輸入物のバイクを
暇さえあれば乗り回していたそうな。 


ある時、爺さんはいつものように愛車を駆って、
山へキャンプへ出かけたのだそうな。 

ようやく電気の灯りが普及し始めた当時、
夜の山ともなればそれこそ漆黒の闇に包まれる。 

そんな中で爺さんはテントを張り、火をおこしキャンプを始めた。
持ってきた酒を飲み、ほどよく酔いが回ってきた頃に
何者かが近づいてくる気配を感じた爺さん。 

ツーリングキャンプなんて言葉もなかった時代。 
夜遅くの山で出くわす者と言えば、獣か猟師か物の怪か。 
爺さんは腰に差した鉈を抜いて、やってくる者に備えたそうだ。

540:名無し職人:2005/11/18(金) 10:48:33
やがて藪を掻き分ける音と共に、
『なにか』が目の前に現れたのだそうな。

この『なにか』というのが、
他のなににも例えることが出来ないものだったので、

『なにか』と言うしかない、とは爺さんの談である。 

それはとても奇妙な外見をしていたそうだ。 
縦は周囲の木よりも高く、逆に横幅はさほどでもなく、
爺さんの体の半分ほどしかない。 

なんだか解らないが、
「ユラユラと揺れる太く長い棒」みたいのが現れたそうだ。 

爺さんはその異様に圧倒され声もなくそいつを凝視しつづけた

そいつはしばらく目の前でユラユラ揺れていたと思うと、
唐突に口をきいたのだそうな。 

「すりゃあぬしんんまけ?」 

一瞬なにを言われたのかわからなかったそうな。 
酷い訛りと発音のお陰で、
辛うじて語尾から疑問系だと知れた程度だったという。

爺さんが何も答えないでいると、
そいつは長い体をぐ~っと曲げて、頭と思われる部分を
爺さんのバイクに近づけると、再び尋ねてきた。 

「くりゃあぬしんんまけ?」 

そこでようやく爺さんは、「これはオマエの馬か?」
と聞かれてると理解できた。 

黙っているとなにをされるか、そう思った爺さんは勇気を出して、
「そうだ」とおびえを押し殺して答えたそうだ。
続きを読む

引用元: ・2chの怖い話の爺「あそこには行かん方がいい。ああ恐ろしや恐ろしや」

1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/24(日)20:30:28 ID:Dsp
爺「なにっ!あそこに行った!?死ぬぞお前」

そんな危険なところなら封鎖するなり本気で止めるなりしろや

2: 名無しさん@おーぷん 2016/04/24(日)20:31:10 ID:IZ1
いや封鎖してるが

3: 名無しさん@おーぷん 2016/04/24(日)20:31:26 ID:HtZ
人死にが出るレベルの危険な場所なのに
ガキでも入れるガバガバ管理

4: 名無しさん@おーぷん 2016/04/24(日)20:32:16 ID:aZZ
変なババアのところにお祓いに行って解決したかと思いきや
解決してない的なヒキで締めるまでテンプレ

5: 名無しさん@おーぷん 2016/04/24(日)20:33:28 ID:H5b
言いつけを守らんクソガキは呪いで苦しみながら
のたうち回って死ぬんやで

6: 名無しさん@おーぷん 2016/04/24(日)20:34:06 ID:MxL
グエー死んだンゴ

続きを読む

引用元: ・知らない間に変な画像が保存されてた

1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/23(土)23:33:26 ID:Y9V
意味不明なんだが?

2: 名無しさん@おーぷん 2016/04/23(土)23:33:55 ID:umB
死の前兆なんだが

3: 名無しさん@おーぷん 2016/04/23(土)23:34:29 ID:Y9V
俺死んじゃうの?

4: 名無しさん@おーぷん 2016/04/23(土)23:34:31 ID:H0c
異世界から持ち帰った大事な情報やぞ

6: 名無しさん@おーぷん 2016/04/23(土)23:34:57 ID:YBU
取り合えずうp

8: 名無しさん@おーぷん 2016/04/23(土)23:35:48 ID:Y9V
うpなちょっと待ってて

続きを読む

引用元: ・事故物件マップみた結果wwww

1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/10(日)22:06:14 ID:BFv
おれんち拳銃自殺やてwwww

2: 名無しさん@おーぷん 2016/04/10(日)22:06:33 ID:RbY
いつ頃?

3: 名無しさん@おーぷん 2016/04/10(日)22:06:35 ID:NG8
嘘乙

4: 名無しさん@おーぷん 2016/04/10(日)22:06:42 ID:BFv
しかも五年前wwwww
住んでるwwww

5: 名無しさん@おーぷん 2016/04/10(日)22:06:52 ID:dU4
日本で拳銃?珍しいな

6: 名無しさん@おーぷん 2016/04/10(日)22:07:09 ID:BFv
>>5
ニュースにならんかったのが不思議

続きを読む

このページのトップヘ