タグ

タグ:NASA

NASA「50年間月に行ってないけど、まあええか」

カテゴリ:
1: 名無しさん 2019/07/30(火) 10:39:03.49 ID:ncPYWP810
なんでなん?

3: 名無しさん 2019/07/30(火) 10:40:16.68 ID:JPblQ3L9d
50年前はほんとに行ったのか?

18: 名無しさん 2019/07/30(火) 10:47:28.16 ID:bz+2Tb+Q0
>>3
そこは触れちゃいかんで

5: 名無しさん 2019/07/30(火) 10:40:50.53 ID:vl28g6qf0
怖い思いしたからやで

16: 名無しさん 2019/07/30(火) 10:47:16.87 ID:h/hglLgE0
過去ほんとに行ったのかなぁ

【宇宙】NASAの火星探査機インサイトのICCによるダクトカバーなしの火星画像が公開[12/01]

カテゴリ:
1: 名無しさん 2018/12/01(土) 16:36:47.40 ID:CAP_USER
2018年11月26日に火星に着陸したNASAの火星探査機「インサイト」は、
着実にそのミッションを進めています。
インサイトの公式Twitterhttps://twitter.com/NASAInSightでは、
ICC(Instrument Context Camera)に取り付けられていたダクトカバーを
外した写真が公開されています。

魚眼レンズの様にみえるICCの画像ですが、現在もゴミが付着しています。
しかし、最初に送られてきた画像と比較すると、
より鮮明に火星の地表やインサイトの足元を写し出していることが分かります。

また、アームに取り付けられたカメラ
「IDC(Instrument Deployment Camera)」による火星の空を見上げた、
新しい画像も公開されています。

それぞれのカメラが取り付けられている箇所は、
以下の画像から把握することができます。

なお、インサイトの撮影した画像は、RAWデータにてNASAのサイトhttp://go.nasa.gov/InSightRawsから
閲覧・ダウンロードが可能。


これから次々に新しい火星画像が公開されていくと思われますが
「インサイト」は着陸地点から移動することはないので、
火星の「○○に見える」ような不思議な画像が送られてくることは期待できないかもしれません。

■InSight’s First View of Mars with the Cover Off
https://mars.nasa.gov/resources/22180/insights-first-view-of-mars-with-the-cover-off/

no title

no title

no title


sorae:宇宙へのポータルサイト
https://sorae.info/030201/2018_12_1_insight.html 

13: 名無しさん 2018/12/01(土) 17:30:25.26 ID:OTktoHY8
>>1
バナナとかを置かないとサイズが伝わらねー

【悲報】南極に謎のモノリスが出現 NASA発表 ついにゲームが始まってしまうのか…?

カテゴリ:
1: 名無しさん 2018/10/23(火) 10:52:51.65 ID:7dDVUFBC0
Mystery of the massive mile wide 'monolith' iceberg: NASA spots strange rectangular berg in Antarctica (and also spot a pizza shaped one nearby)

no title

https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-6304057/Mystery-massive-mile-wide-monolith-iceberg.html

3: 名無しさん 2018/10/23(火) 10:53:38.86 ID:dJRtklM00
デカすぎや

4: 名無しさん 2018/10/23(火) 10:53:56.97 ID:/4iphhsM0
自然現象やろ

5: 名無しさん 2018/10/23(火) 10:54:06.49 ID:OP2kWi+Ud
セルゲーム会場

6: 名無しさん 2018/10/23(火) 10:54:15.14 ID:z7aJCOp1M
地形変形バグやろ

7: 名無しさん 2018/10/23(火) 10:54:31.31 ID:PW8m8ob10
イエティのベッドやろ

【速報】NASAが全面水に覆われた惑星の撮影に成功

カテゴリ:
1: 名無しさん 2017/04/18(火) 00:22:37.27 ID:R+8Uqs950
no title


これは絶対生物が存在するで

3: 名無しさん 2017/04/18(火) 00:23:09.12 ID:mbTDaUR/0
きれーい

5: 名無しさん 2017/04/18(火) 00:23:29.31 ID:RJwcFTGY0
水半球かな?

6: 名無しさん 2017/04/18(火) 00:23:37.94 ID:QKJtgiKNa
ニュージーランド丸見え定期

7: 名無しさん 2017/04/18(火) 00:23:42.27 ID:FRRcSluy0
この世は見る角度によってガラっとその姿を変える

【宇宙】冥王星はやっぱり惑星? NASAの研究者が「惑星の定義変更」を提案 ただし太陽系の惑星が8個⇒110個に急増する可能性も

カテゴリ:
1: 名無しさん@1周年 2017/02/25(土) 04:41:05.33 ID:CAP_USER9
ただし太陽系の惑星が8個→110個に急増する定義。

冥王星は2006年、「惑星」の定義が明確化されたことに伴って、
「惑星じゃなくて、準惑星」ということになりました。

でもNASAの冥王星探査ミッション「ニュー・ホライズンズ」の主任研究官、
アラン・スターン氏は、それ以前から新たな惑星の定義に異を唱え続けてきました。
そして彼は今、惑星の定義を再度変更し、
惑星としての冥王星を復活させようと提案しています。

スターン氏はその主張を
「地球物理学的惑星の定義(A Geophysical Planet Definition)」と題する提案にまとめ、
国際天文学連合(IAU)に提出しました。
スターン氏による新たな惑星の定義はとてもシンプルで、
簡単に言えば「宇宙空間にある、恒星より小さくて丸い天体」だと言い切っています。
小難しいバージョンの説明でも、こんなに短く表現されています。

惑星とは、恒星より質量が小さく、核融合を経ておらず、
軌道パラメータにかかわらず、自己の重力によって三軸楕円体で適切に描写できる球形になるほど十分な質量を持っている天体である。
ただ恒星より小さくて丸い天体ってことは、たとえば一般的に「衛星」とされている地球の月とか、
木星のガニメデやエウロパとかも、この定義では「惑星」ってことになります。
というかこの定義では、今見つかっているものだけで110個もの星が「惑星」になるそうです。
そこまで広がるとなると、もはや第9惑星とは何だったのか、
みたいな感じもしますね。

スターン氏は冥王星の魅力を我々に再認識させたミッションの研究リーダーなので、
冥王星の地位に関して少なからぬバイアスを持っていると思われます。
2015年、彼はBusiness Insiderに対し、現行の惑星の定義は「デタラメ」だと断じ、
それを決めたのは幅広い天体を研究する天文学者だったと語っています。

スターン氏に言わせれば餅は餅屋、惑星の定義は「惑星専門の研究者に聞くべき」なのです。
彼にとって2006年の決定は「これだから素人の多数決は…」っていう感じで、
2016年のBrexitとか米国大統領選挙に似た衝撃だったのかもしれません。  
no title


このページのトップヘ

見出し画像
×