タグ

タグ:SS

勇者「回復アイテムが買い占められてて手に入らないんだが」

カテゴリ:
1: 名無しさん 2020/03/04(水) 21:02:37.692 ID:vk9SBSNr0
国王「勇者よ、魔王が我が国を狙っているという情報が入った」

国王「さっそく魔王討伐に出向いて欲しい」

勇者「かしこまりました」

勇者「勇者の血を引く者として、必ずや魔王を打ち倒してみせます!」

国王「うむ、頼んだぞ!」

勇者(となれば……さっそく旅の準備をしなくちゃ)

勇者(町で回復アイテムを買うとするか)

2: 名無しさん 2020/03/04(水) 21:06:25.255 ID:vk9SBSNr0
道具屋――

店主「いらっしゃいませ」

勇者「薬草あるかな?」

店主「すいません、品切れでして」

勇者「じゃあ傷薬は?」

店主「傷薬も品切れで……」

勇者「ええっ!? いつもあんなに売ってたのに!」

店主「実は……」

3: 名無しさん 2020/03/04(水) 21:09:31.954 ID:vk9SBSNr0
店主「魔王が攻めてくるって噂が広まったせいで、回復アイテムは軒並み買い占められちゃったんですよ」

店主「自分や家族が怪我した時のために」

勇者「そういうことか……」

勇者「今日はもう入荷しないよね?」

店主「ええ、明日の朝一番には入ってくると思いますが」

勇者「分かった、他の店に行くよ」

店主「申し訳ありません」

王「魔王を倒せる者はおらぬのか……!」虫使い「バッタを使うというのはどうでしょう?」

カテゴリ:
1: 名無しさん 2020/03/03(火) 18:30:04.849 ID:qXWudRIh00303
大臣「……報告が入りました」

王「おおっ、ついに勇者が魔王を倒したのか!?」

大臣「いえ……勇者一行は全滅いたしました……」

王「な、なんと!」

大臣「もはや我が国に打つ手はありません……」

王「くうう……誰か魔王を倒せる者はおらぬのか……!」



虫使い「私にお任せ下さい」

2: 名無しさん 2020/03/03(火) 18:30:56.435 ID:NnGO+oLCa0303
虫のいい話だな

4: 名無しさん 2020/03/03(火) 18:31:36.207 ID://GrMUc800303
ほう

彡(゚)(゚)(草野球に誘われたけど座ってればええか…)

カテゴリ:
323: 名無しさん 2019/08/01(木) 16:50:53.30 ID:2Ubiww4T0
彡(゚)(゚) (社長に草野球に誘われたから来たけど、まあワイはいつも通り座ってればええやろ。・・・ってベンチに知らない子供がおるわ)

(´・ω・`)「ねえねえ、野球のランナーって、ホームインしたらどうなるか知ってる?」

彡(゚)(゚) 「は?なんやねんお前。そりゃ得点が入るに決まってるやろ」

325: 名無しさん 2019/08/01(木) 16:51:09.05 ID:2Ubiww4T0
(´・ω・`)「そうじゃなくて、ホームインした後に、ランナーがどうなるかだよ」

彡(゚)(゚) 「そりゃあ、ベンチに帰ってくるにきまってるやんけ」

(´・ω・`)「ベンチに帰ってくるのは、ランナーじゃないよ。その選手だよ」

彡(゚)(゚) 「何をいっているんや?」

326: 名無しさん 2019/08/01(木) 16:51:23.69 ID:2Ubiww4T0
(´・ω・`)「打者がヒットを打ってランナーになって、2塁3塁を回ってホームインするけど、ホームインしたらもうランナーじゃないよ」

彡(゚)(゚) 「ルールブックの話か?」

(´・ω・`)「その他に、アウトになるか、攻撃が終了するとランナーはランナーではなくなるんだ」

彡(゚)(゚) 「まあそうやな。で、お前は何が言いたいんや」

329: 名無しさん 2019/08/01(木) 16:51:37.73 ID:2Ubiww4T0
(´・ω・`)「逆に言うと、ホームインもせずアウトにもチェンジにもならなければ、ランナーは永遠にランナーだよね」

彡(゚)(゚) 「永遠ってことはないわ。試合終わったら単なる人間やろ」

(´・ω・`)「でも、ランナーとしてしか存在意義がない場合は?」

彡(゚)(゚) 「は?」

彡(゚)(゚)「ファッ!?小学生の頃に戻ってるやんけ!」

カテゴリ:
236: 名無しさん 2019/08/01(木) 16:40:18.85 ID:2Ubiww4T0
彡(゚)(゚) 「ワイはいつも虐げられてばかりやった」

彡(゚)(゚) 「気がつけばこの狭い部屋の中で仕事もせず匿名掲示板に張り付く日々」

彡(゚)(゚) 「せめてこんなワイに一回だけでもチャンスをクレメンス…」

パアアアア

彡(゚)(゚) 「なんや!?いきなり神々しい光が…!」

237: 名無しさん 2019/08/01(木) 16:40:36.37 ID:2Ubiww4T0
(´・ω・`)「その望み、叶えよう」

彡(゚)(゚) 「誰やお前!不法侵入やんけ!」

(´・ω・`)「私は神だ」

彡(゚)(゚) 「ほんまか…?」

(´・ω・`)「その証拠に君が先程言った願い、叶えてしんぜよう」

彡(゚)(゚) 「ワイが…幼い頃に…戻れる…?」

240: 名無しさん 2019/08/01(木) 16:40:52.73 ID:2Ubiww4T0
(´・ω・`)「そうだ」

彡(゚)(゚) 「信じてええんか?」

(´・ω・`)「論より証拠、さあ行けやきうよ」グオオ

彡(゚)(゚) 「うわ!光がワイの方に!いやあああああああ!!!」

そうしてやきうは旅立った。

241: 名無しさん 2019/08/01(木) 16:41:02.03 ID:TC9SF80O0
怒涛の穴実推し

彡(゚)(゚)「将棋星人やて?」

カテゴリ:
131: 名無しさん 2019/08/01(木) 16:30:37.34 ID:2Ubiww4T0
彡(゚)(゚)「シーズンオフは暇やなあ、パワプロも飽きたし」

彡(゚)(゚)「また一人モノポリーでもやるか」

???「おい」

彡(゚)(゚)「うわ何や!? いつのまにか部屋にオッサンが!?」

???「俺は将棋星人や、地球の代表と勝負しに来た」

彡(゚)(゚)「え?」

将棋星人「とりあえず羽生を倒したらええんやな」

彡(゚)(゚)「は???」

133: 名無しさん 2019/08/01(木) 16:30:58.01 ID:2Ubiww4T0
彡(゚)(゚)「ちょ、ちょっと待ってくれ、将棋星人?」

将棋星人「そうや、五億光年を飛んできた」

彡(゚)(゚)「宇宙人ってことか?」

将棋星人「そうやで、ほれ」

彡(゚)(゚)「ほげ!? ワイの体が浮いてる!?」

将棋星人「テレキネシスっちゅうやつや、この力で宇宙も飛べる」

彡(゚)(゚)「え…えらいこっちゃ…。本物や…モノホンの宇宙人……」

彡(゚)(゚)「あれ、でもなんで宇宙人が将棋知ってんのや?」

将棋星人「それは順序が逆や」

将棋星人「ワイらが数千年前、地球人に将棋を教えたんや」

彡(゚)(゚)「なんやて!?」

このページのトップヘ

見出し画像
×