MATUのキス釣り散歩

無理せずあせらずゆっくりとキス釣りを楽しみたい。 一人もいいが、仲間と一緒ならもっと楽しい。 そんな釣りを今年も続けていきます。

長い梅雨が終わり猛暑の夏となりましたが、新潟は関東や西日本と比べて
涼しいとまではいえないですが午前9時くらいまでは我慢できる気温です。

20200801(土)
12時30分発、大湊へ
月曜日のジャリメがようやく日の目を見る。テトラの真ん中に入り第一投で18cmクラス2匹が連がけで上がる。
これは良いと思うのも束の間、アタリは3回、10匹ほどで終わり、フグさんの出番、
正確に5色近くに飛ばせず仕掛けの補修に費やされ釣果は上がらない。
たまらずテトラ左端へ向かう。左端でやっていた人がありそのさらに左に入り投げるも1匹のみ。結局テトラ正面でつれたものがメインで最終14匹。17時30分まで粘る。
(反省)
フグが釣れ始めた辺りで移動を考えれば良かった。テトラ前は良型がいることもあるがそれ以上にフグの発生率が高い。
8-1IMG_1622 (2)

20200803(月)
05時10分発、出雲崎の釣具店でジャリメ2パック購入して大湊へ
さすがに平日で先客は4、5名。原発に近い方の降り口から入りテトラ手前から投げる。18cmクラスが1匹ずつ掛かりまあまあと思っていたらやがてアタリがなくなり、早めに見切りをつけ鯖石へ行けば良かったがボーとして気づかず、ずるずると居てしまった。
結果は11匹、13cm以下は全て海に返す。

20200805(水)
04時50分発、鯖石へ、遺憾ながら11匹
今日はお魚の居所が悪くあまり釣れません。
あとからKさん現れるがやはり釣れない。13cm前後のピンギスはかかるが普通サイズが上がらない。暑くて釣れないので10時30分頃終了とする。
8/3と同じ11匹だった。
8-3IMG_1630

20200810(月)
05時00分発、釣具店でエサ購入
大湊18cm1匹の他、14cm前後3匹
鯖石も今日はダメ。合計4匹の貧果
もはや写真を撮る気もなくなります。暑さに参り(9時に30度超過)撤退
この日の最高は35.6℃でした。

20200812(水)
08時50分発、大湊へ駐車場が一杯だったが
道に駐車、サーファー多い、釣り人はほぼいない。テトラ真ん中で一投目18cクラスがかかったが、その後仕掛けが切られてきたのでフグと判断、テトラ左端に移動したがこれが失敗だった。キャストが右に逸れる病気が出てテトラに被ってしまい久々のテンビンロスト。
気を取り直し再度テトラ中央に戻り堅実な投げ方で4色より手前を探ったらアタリがあり小雨降る中頑張ったが結果は6匹(18cm〜16cmが4匹、15cm 14cmが2匹)でした。

7月は雨が多いとはいえ晴れ間はあり、また海の状況が良くなることもあり、
釣っている人は釣っているらしい。
7・13はがっかりの結果でしたがその後トライした結果まあまあの釣果がありました。

20200717(金)
05時30分発、大湊へ
左端の川はなくなっておりその近くで投げてみたがピンサイズ多くたまに13cmクラスを5,6匹釣ったところで右に移動、ベテランらしい人の左に入るがラインがクロスしたので挨拶して右に入り直す。
その方からポイントは5色との情報をもらい、その気になって遠投をかけているうちサイズアップしてきまして16cm以上が10匹ほど釣れたところで餌がなくなり(月曜の残り餌でした)中断して柏崎へ移動、釣具店で餌を調達しましたがまた大湊へ戻る元気はなく、というより中央海岸が気になりそちらへ入ります。ところが浜に入った途端、結構な強い風!一瞬ためらいましたが気を入れなおして釣り始めます。
最初バタバタっと6匹くらい釣れましたがやはり強い風に耐えられずアタリも止まって昼過ぎまで粘ってから撤収としました。
(トータル約30匹)

20200718(土)
05時45分発 まず出雲崎の釣具店でジャリメ購入の後、前日に引き続き大湊へ。
今日は昨日と同じ場所にはいってみたがピンサイズのみで昨日のように時間が経っても一向にサイズアップしません。
10時過ぎやむを得ずここを見切って移動、中央海岸へ入ろうとしたら海水浴シーズンになった?ので「釣り禁止」の貼り紙がしてある。
それならと鯖石に入る。グループや家族連れがテントなんか張っていて混み合っている中空いている場所に入ると、第1投でアタリ、2連です、型は小さいがこれなら楽しめそう。
砂浜でのんびり竿を出しているグループを横目に見て一人で忙しく釣り続けます。
次第に調子が上がり本日最大の19.5cmも上がり上々の出来でしたが、20匹くらい
釣った頃、型が小さくしかもシングルのみになってきまして終了としました。
合わせて52匹(13cm前後のサイズ多く含む)でした。

IMG_1588



20200720(月)
05時20分発、コンビニでおにぎり、釣具店で餌仕入れ、釣り場へ。

予想通り4ー5色でアタリ、しかし1投目は14cm前後が2匹。型が小さい。あちこち投げる場所を変えながら試行錯誤、中々いいアタリに会えず右往左往します。
たまに18cm前後、3色に20cmが居た!
(河口に近い方向)おそらく川の中には良型が居るのだろう。川の突堤には数人の年配らしい釣り人がいたがどうだったのか、少し気になる。最近川の方は人が減ったような・・・・・

いつの間にか遠投してもあまり良い型が釣れなくなりお昼前に終了、
なんかさびしい。明日も行くのか?
ところで天気予報は大外れでした。いい方向に!、餌切れを起こしたが雨を予定して時間を決めていたので買い足しに行って続ける元気が出ませんでした。

ジャスト30匹 800g

IMG_1597






















20200724(金)
05時15分発、大湊へ 最終15匹
何度も切り上げて鯖石へと思ったがずるずると居続けてしまった。
テトラの角を攻めて釣っている人がいたので隣に入れてもらいました(快くOKもらい感謝!)
この方若いのに釣りはベテランらしく以前はボートでの釣りもやっていたとのこと。釣りはそっちのけで話をしていました。参考になりました。(内容に大した秘密はないけど差し控えます)

5色以上を攻めて何匹か釣れたが、先客程(20以上か)には釣れませんでした。アタリがなくなったのを機にそこを離れてテトラ正面に変更。というより5色投げに疲れての移動です。
3色でアタリがあり、まずまずの型だったのでそこでちょっと粘る。20センチも釣れてますます粘る。・・・アタリが止まります。
いつものように終わりはじり貧。誰もいなくなった浜を撤退しました。

20200727(月)
09時05分発、ミナトでジャリメ2パック購入後鯖石へ
期待通りアタル。最長18cmが混じるけれど13cmほどの小型が付いてくる。
小型は海に返すものの針を飲んだものは生き残れないだろう。
小雨が降り続いていたのが強くなり01時45分終了とする。
15センチ以上が17匹 500g弱

7-27釣果






6月は松波や中央海岸で30匹ほど釣れる日もあったのですが7月に入ってから
晴れの続く日が何日もなく海の状況はどうなのかと柏崎の方に聞いたところ
それほど濁りもなく釣れているとのこと、それではと思いながら直ぐは出かけられず
ようやくおととい13日昼過ぎに出かけましたが・・・・・・ダメでした。

川から流れてきたであろうゴミ、流木、海藻・・・・あらゆるものが海中に浮いているのか
仕掛けについて上がってくる状況。そんな荒れ後でも場合によっては海藻交じりでキスが
かかることもあるのがこの日は全くダメ、ピンギスが1匹掛かっただけでボウズという結果に。

あまりにも寂しいので6月後半の釣果を披露です。

20200622(月)
18日に買った餌ジャリメと16日に買ったイソメを消化のため大湊に入る。
狙いは鯖石の河口、予想通り浮き釣りでいい型のキスが掛かるという。ポイントは河口の1,2色と思われるが常連らしい数人で占められていて入り込めない、投げたくてもその方向には投げられない。
しばらく根を避けてさびくことをやってみたが2,3匹釣れたものの隔靴掻痒という感じ、思い切って遠投をかける。幸いこの日は出しの風でなんと6色まで届いてしまった。そして4色と5色ではっきりとアタリ、巻いてくると17cm前後の良いサイズと13センチもついでに混ざるようだ。結果29匹、良型ばかりとはいかずピン14匹とまずまずの型15匹となった。
20200623(火)
朝方腕が痛い。これでは無理かと起きるなり今日は休みと宣言してしまったが朝食を取ったらもう行くモード。
8時30分頃出発、釣具の岸でジャリメとアカイソメ買う。900円。鯖石について昨日と同様に遠投をかける。しかし今日はアタリが少ない。釣れてくるキスも小さい。河口周辺はそれなりの型が来ているようだが遠くは場所が限られるらしい。10匹の釣果

20200625(木)
朝4時起きして出掛けたものの釣運つたなく最終5匹
一昨日と2日前と人出が違う。松波はテトラ前。ピンギスの気配しかない。本命の鯖石は4色5色であまり当たらず。最後は河口の端っこに入り1匹あげるが後続かない。河口は変なところに砂の山が(砂州?)できていて投げるのに支障あり。
最後荒浜北側に入るがあまり釣れずアタリは感じるが乗らないようだ。引いてくると何もついてないという症状にガックリし終了。

20200629(月)
あちこち廻り、最後に中央海岸で(自分としては)爆釣
05時15分頃出発、荒浜北側はまだ波が残っており収穫なし。6時〜6時40分
松波のテトラ前1,2色は反応なくテトラの間を遠投かけて3,4色でアタリ。17センチクラスを6匹ほどゲット、うち本日最大の20センチ、しかし後が続かず,(7時00分から10時頃まで)移動
思い切って上輪へ、しかし様変わりしていてどこがポイントかわからず、11時30分撤収。
中央海岸へ11時45分入り幸いポイントが空いており投げると.3色から4色、5色でも当たる。
4時30分まで釣り続け39匹、1.3キログラムであった。

6/29目方1.3kg

6/29目方1.3kgの2

20200529(金)
天気は快晴、波は0.5m、絶好の釣り日和
というわけで朝5時発、岸でジャリメ2パック900円購入して中央へ入ると右端のポイントは
ベテランが5.6人で占拠状態。近寄りがたく早々に諦めて荒浜北側?へ、
しかしここでもポイントは先行者が入っており無理に入るのは憚る状況。
離れたところから投げてみてもアタリはほぼなし、またしても諦めて松波へ向かう。
諦めが多いですが最初からこんなものと思っていてダメージはありません。( ^)o(^ )

荒浜から松波に続く海岸線を釣り人の様子をみながら走っていきます。
釣り人が比較的集まっている浜(いくつかあるテトラの前)に空き場所発見
降りて行きます。
すると1色から手前でアタル。波打際まで行かないがいわゆるテーパーラインでの釣り。
そのうち延長線上で2色でも当たり、ピンギス(最近は15cm未満)はリリースしながら
最終的に39匹持ち帰りました。
(写真なし)

以下は今週の振り返り

20200527(水)
天気予報では午前9時頃から風が強くなる予報だったため6時過ぎ出発。
柏崎中央は予想通り右端は常連らしい年配者および周りを比較的若い人が7.8人密集していて近寄り難く近くで投げ始めたが釣れているのはピンサイズのようで多分第一突堤から投げたらどうかと考え移動。・・・・・

無駄だった。……
昼過ぎて戻り密集がなくなっていたので近くで再開、30匹釣れた。25日と同様のところでアタリがあった。
シタビラメのおまけ付き

IMG_1514


20200525(月)
朝のうち雨で7時頃出発
荒浜北側?に入ったが釣れる気配なく2匹、撤収し10:00頃ミナトで餌500円追加、西鯨波へ、降りるのはそうでもないが登るのは釣れない時辛い感じ。どこを向いても岩だらけのようで投げるのが怖い、正面方向に投げてみて4色ぎりぎり(3色+α)でアタリ、しかし巻いてくるのに苦労して5匹ほどでアタリがなくなったところで撤退。
柏崎中央に入ったのはもう昼過ぎていたか、右端でベテランらしい2名がやっていて初心者らしき人が周りをウロウロ。異常な釣れようにたまげている。
右端にいた人が帰ったので「お邪魔します」と声かけて入ったら色々その日のポイントを教えてくれた。端っこは釣れないからと確信を持って言われたが確かにテーパーラインで当たるものの型が小さい。
飽き足りずに右テトラ際2色へ投げたところ良いアタリがありしかも連続でアタル、たまに藻もあるようで寄せてくる際に外れることもしばしばのようだ。
40匹ほどプラスカナガシラが釣れた。

下は5/25(月)の釣果
IMG_1511
IMG_1512

5/8 8時30分発9時30分着で柏崎中央へ、何となく釣れて14時30分まで35匹850g.
今年の記念すべき釣果ではあるけれど水温が低いのか
いまいちアタリが弱い気がする。

IMG_1475
IMG_1477


5/9 中央海岸今日はダメ、1匹。帰ろうと松波の辺りを走っていたらFIさんを発見、爆釣したとかで一緒にやらせてもらい、ちょこっと釣れたがトータル10匹、連掛けも1回あったが続かず。09:30 12:15 14:30帰路

2
10月は近場ばかり狙ったためかあまり大きい釣果には恵まれず、
どこにいるのかわからないキスを探しながらの釣りがほとんどでした。
11月は悪天候で期待ができないようでサゴシやヒラメを狙う手もありかな。

10/2 石地から椎谷を経て大湊でようやく17匹、時間は昼近くなっていました。
10/10 柏崎中央、波高くピンギスばかり。松波から荒浜で1匹ずつ拾い釣り。
10/11 波は収まっても魚は帰っていない。4匹のみ。
10/17 椎谷で4匹。波は0.5m以下だが・・・。
10/18 16匹、場所忘れた
10/24 石地海浜公園10、椎谷2、大湊23 計35匹
10-24釣果




















10/29 石地海浜公園2、椎谷2、大湊25 計29匹
    +ヒラメ40cm(キスを飲み込んでいた)

10-29ヒラメ40cm




















10-29キス29匹

























最近は投げても小型ばかりか、まったく釣れないかのどちらかなもので
石地でも広い砂浜の釣り場でなく小さな内湾のようなところを好んで
出かけていました。

そういう場所はいっとき好調の日があり人が集まるもののすぐ釣れなくなる
という傾向にあり、その好不調の波に翻弄されているのが自分のわけですが

このブログでも前年の記事を見てみるともう少し投げを頑張っていたようなので
気を引き締めまともに取り組んでみようと思っています。

とはいえ1色や2色で釣れると楽なんですけどね〜。

9-21釣果


























9月の足跡
9/1 柏崎中央
9/4 柿崎中央 13匹 
9/6 柿崎中央 約30匹
9/11 荒浜北  17匹
9/13 鵜の浜>黒井 ツ抜けず
9/14 石地海浜公園 43匹
9/21 石地海浜公園 26匹
9/27 高浜漁港 19匹
9/30 高浜漁港 5匹
なかなか稼げません
 

こういうのをどう表現したらいいのか。
「小僧の神様」( 志賀直哉)でしょうか。

最近は柿崎や鵜の浜など「放浪の旅」をしていましたが
荒浜だけでなく石地でも釣れている噂を聞いて今日、久しぶりに石地に
入ってみました。クーラーを下ろし竿の準備をしていると先に浜に入って
おられた方が近づいてこられ、なんと去年ここでお会いしたNさん(仮)
でした。
「ここは遠投しても小さいサイズしか釣れないので近くの別の場所に行きませんか」
とのこと、素直に同意してついていくことに・・・・・・。

残念ながらすでに2名の先客が入っておられ案内してくれたNさんはやらないで
帰るとのこと、「えっ、やらないの?お帰り?」
人数が入りにくい場所なので譲っていただいたようです。(神対応ですね)
結局自分をここへ導いてくれた「神様」ということになります。

先客のお二人に挨拶してから左隅に入れてもらい投げてみますとマアマア釣れます。
そのうち32cmのヒラメがかかり、たまに16cm以上の型が釣れます。
とはいえ遠くは型が良くないみたいで近場は先客の方々(その後3名に)が連掛けで
上げていますが型はイマイチのようでした。
結果、数は40数匹でしたが15cm前後の小型が大部分で1週間前ほどの釣れ方では
なかったようです。とはいえ、先客の皆様がお帰りになった後、一人しぶとく続けて
いましたが午後になってからポジションを変えてみたら結構良い型が来ました。
最終的にMAX20cm+17,8cmが5匹ほどでしたが良型のアタリは久々でした。

案内していただいたNさん、隣で釣らせていただいた方々にも感謝です。
ありがとう!

IMG_1074
IMG_1075

今どきのキスは「投げたらどこでもかかる」けど型は小さい。
どこへ行ってもこのピンギスはかかってくる、そしてたまーに
16-19cm位のキスがかかる。5月下旬から10対1くらいかと
思ったらその比率はいまや50対1くらいなのではと。
釣っても釣ってもピンばかりで「キスが好調」とはいうものの
ほとんど15cm未満です。
人に聞くと下越とかもっと北に行けば良型が望めるらしい。IMG_0944
IMG_0940

とてもそんな余裕はないので相変わらず柏崎近辺で頑張るしかない。

そんな中ピンギスの調理方法で美味しかったと好評のやり方を発見。
それはなんだと思われるでしょうがから揚げです。
当たり前と言われそうですが、

続きを読む

5月10日(金)
8時半過ぎ黒井突堤でいつものように投げていましたが全くアタリなし。
(掛かってくるのはメゴチのみ)
5/8(水)はそれでもピンギスが何匹か釣れていたのにこういうのも珍しい、
早くあきらめれば良いのにズルズルと10時過ぎまで居続けていました。
水曜日は粘っているうちにアタリが出始めたけれど今日は粘る甲斐がない。

すると突堤の付け根で女性が近間で割合良い型を掛けているとの情報あり。
そういえば砂浜に陣取った釣り人が減らない?けれども釣れている様子は
見られない。???

これは波口での釣りが始まっているらしいと確信し砂浜に降りてやってみると
ズバリ1色〜チカライトの範囲で小気味の良いアタリ、とはいえ型は小さい、
がそのうち15cm前後のサイズが混じってきます。
そして入れ食いが始まり・・・。
結局ここだけで30匹くらい、メダカサイズもありこれはリリース(生還は半分でしたが)

この落差は正直オドロキでした。




4/17(水)
足元が不安な第3突堤で釣れたのに気を良くしての再トライです。
まずまずの釣果32匹でした。(ただ出足は悪く後半に釣れた)

4/20(土)
同じく黒井第一でしたが渋く7匹でした。

4/23(火)
自分が20匹行かない間に柏崎の名人がすでに50匹、
負けじと頑張り最終的に55匹(ただしピンサイズ10?以上)

5/1(水)
鵜の浜で試し釣り、小型が10匹程。満たされない気持ちで黒井第一へ
約30匹程釣れて割合良い型が多く4連と5連で釣れたにもかかわらず
トータル41匹は意外に少ない。

5/4(土)
土曜日は駄目というジンクスになってしまった。屈辱の6匹のみ。
粘ればもう少し行けたがピンばかりで戦意喪失。

4/23 釣果
4/23釣果



















5/1釣果
5/1釣果



















1.5kgくらい?

5/1検量





















久々の良型
久々の22cm

4/14(日)
キスのオフシーズンがなくなってしまったと噂の上越市黒井に行ってみました。
日曜日でコミコミかなと危惧していましたがそれほどでもなく(第一でない方)、
また先に入られていた方が非常に友好的なお二人で私の投げミスによるライン交差も
寛容に接していただいたので気分よく釣ることができました。ありがとうございます。

釣果の方は、シーズン初め(自分の)としては上出来の30匹ゲットでした。
割合型も良く遠い帰り道もルンルンでお帰りしました。

今度はもう少し投げやすい所でやりたい(穴ぼこに2匹落下の悲劇)。

5連(20190414)






















1匹クーラーに挟まっています


20190414釣果

その後たびたび釣行していましたので記録のみしておきます。

10/26(金) 朝6:00発7時から23日の爆釣ポイントに入るが朝早いせいか
ピンギスがまばらに当たるだけ。浜の中央へ移り投げた→3色〜4色でアタリ、
特に3色手前側で18cmサイズが3連で釣れる。
しかし昼食会出席のため11時前に止めざるを得ず
後ろ髪ひかれながら隣の人に場所譲り帰る→トータル20匹。

その後雨が降り中々行けず。
11/3(土)朝9時過ぎに来客あり、10:30出発11:30現地着〜
中央の中央、ライオン後ろ突堤内試したが3匹しか釣れず長野から来ていた人が7時から
やっていて5匹しか(ワカサギサイズをオーバーするもののみ)釣れなかったといって
キスをもらってくれということなので素直に頂く。

11/5(月) 日曜は自重して出かけずこの日6:00発中央海岸で先行の人(年配者)に声をかけ
どうですかと聞くと「昨日は40匹ほど釣れたが釣り切ったのか今日はパッとしないかも」とのこと。
第1投で15cm程のが1匹掛かったが後は音なし。
1時間ほどやって「やっぱり今日は駄目のようですね」とその人に話し、突堤裏に移動する。
ここではマアマアのサイズが釣れる。しかしこの日は5色に遠投しないとピンやクロダイの仔が
かかる。約20匹程釣ったら風向きが変わり逆風になり遠投不可になり、おまけに突堤先端に
お年寄りらしい釣り人が竿を出し始めたので投げにくくなり、撤収とする。

11/9 6:30発餌を買い7時半近くに中央で始める。少しずつ移動しながら20匹近く釣った。
最初5色でアタリ後は3色の手前が多くアタル。4連もあり。
しかし型は16〜17cm程、大物に会わない日だった。物足りず突堤裏も試してみようと移動、
約10匹程か。一時4連もあって良いかと思ったが後半ピンとチンチンに邪魔されキス良型には
会えず終いだった。結局28匹だった。

4連の2





















4連の1





















11−9釣果















来週は冷えるという。もう終わりなのでしょうか。

最近、柏崎でもサワラ、サゴシ、フクラギ等青物をルアーや弓角で掛けるのが流行りのようで
ふだんキス釣りしている人も今はナブラの動きに奔走している。

今どきキスは釣れないのにキスばかりにこだわっていると見られるのはちょっと恥ずかしいので
こっそりとキスの釣れそうなところを試しています。

10/22(月)
 中央海岸の突堤から投げてみました。
最初ピンギスがかかるだけでしたが5色から4色の距離であちこちあたっているうちに
ピンではない重たいアタリが・・・・。
しっかり食い込ませてから巻き上げると16−17cmのキス3連。
5色から3色の間で投げるたびにアタリがあり、ピンギスやメゴチは少なく手応えのあるキスの
アタリがあり、相当数釣ったような気がしましたが帰って数えてみたら22匹でした。
途中強いアタリと引きがあり、これはちょっと大物かとばれないようやりとりしながら
揚がってきたのは30cm弱?のフクラギでした。
久しぶりの突堤に上がりましたが色々面白い釣りができました。
(この日は突堤から垂直方向が一番あたっていました。)

10.22キス+フクラギ












10/23(火)
前日突堤から投げて当たっていたところは4−5色だから浜から逆算すると3色辺りではないかと
やってみましたがサッパリあたりません。
今日は波が全くない「べたなぎ」状態で昨日とはちょっと様子が違う。
浜には3人ほど釣っていましたが「メゴチばっかりでだめだねえ」と帰って行きます。

諦めの悪い私、それなら「少しでも潮流のある川側はどうかな」と数年前遠投して釣れたことの
ある、今は砂が入りこんで陸になっているところで投げてみました。

すると・・・・・竿が振動してがたがたっと鳴ります。(後で見たら竿尻のバランサーねじが
緩んでいました)
3色の真ん中辺でアタリ、結構良いサイズが釣れてきます(15−17cm3連)。
それからは投げればアタル入れ食い状態、12cm前後のピンも時々混ざりますが
平均15−16cmが3-4連でかかります。
どうやらキスのたまり場になっていたようでほぼ一日中釣れ続けました。
次第に型が小さくなり餌もなくなったので納竿としました。
(この間、釣り人らしい人は誰も通らず一人の独占状態です。昔なら仲間に連絡したりした
ものですが最近はそれもなく、寂しい限りです。)

5連(10/22)











結局1.3kg45匹でした(最長寸は19cm〜サイズは色々でした)。

1K+0.3kg




居るところには居るものです。

ここはどこ

9月28日(金)
石地にて午後3時ころから始めましたがいつも通りのポツポツ状態。
ようやく15cm前後が5匹ほど釣れましたがこれで終わりには・・・
と思いながら最後の一投(のつもり)でテトラの左端方面へ投げて、
5時を過ぎてすでに夕日が赤く落ちかかり暗くなり始めるいわゆる「夕まづめ」に
どんっとあたりがあり、続いてグググッと良型キス特有の強い引きがあり、竿を立て
ばらさないようハラハラしながら巻いてきました。

9月28日

今日一番の20.5cmでした。
特別に大きいわけでもないですが
3色であたり近場で寄せてくる手ごたえは
中々のものでした。
柏崎で27cmが釣れたようですが、
どんな引きだったのかと思います。





久しぶりに遠投力を見せてくれた人に出会いました。

この日(9/24)石地でポツポツ釣っていましたら声をかけてきた方が
おられました。
この方(仮にNさん)普通に投げても7色〜8色糸が出ています。
見た目そんなに力が入っているようでもないのにです。

投げの上手い人とは、かなり前にトーナメントに出られるような方々と
知り合うことがありましたが最近は地元のお年寄りに混じり本気の投げは
やっていませんでした。
というより思い切り投げても5色程度しか飛ばないので諦めていた感じでした。

私が釣っていたポイントは先日(19日)3色の距離で最長20cmの
割合良い型を含めて30匹程釣れたポイントです。その時は波がざわざわと
良い感じだったのですがこの日はいまいち静かで釣れないわけではないけれども釣れるともいえない状況。
7時ころから2時間近くかけて7匹程釣れましたがサイズも数もちょっと物足りなく
不完全燃焼という感じでした。
対して後から来られたNさんは浜の中央辺りで5色以上の遠くから海草の溜まりを超えて20cm以上の良型を次々と上げておられました。

このNさんは中々面倒見の良い方で投げ方をコーチしてもらいましたが、言われてすぐできるような器量はなく、(それだから10年以上経つのに6色出せない)一瞬5色に入るけどすぐ4色になってしまう状態です。

それでも「練習方法として体が海に正対した状態から始めて見る」「ゆっくり始動して最初から竿を曲げないでギリギリの最後に曲げて反発力を活かす」「オモリを引き摺らない方が良い(回転投法以外)」等々ヒントをいただいたので今度本気でやってみたいと思います。

今更ですがもう1回初心に帰り投げ練習しなきゃなと思う一日でした。


5月にキス釣りシーズンが始まったとの記事を書いてからブログをすっかり放置してしまいましたが
釣りの方は続けていました。(酷暑の7月中旬から8月中旬まではお休みでしたが)

備忘録によれば
5/16 夷浜 45 (ピンサイズ30)
5/22 柏崎 25
5/28 大湊 48
5/29 長浜 5
5/30 石地 20 (ピンサイズ多数)
6/1 柏崎中央 10
6/5 大湊 22
6/9 鯖石 14
6/17 大湊 21
6/18 松波 5 
6/22、23 松波 11 釣りバカ日誌
6/25 番神 4
7/2 荒浜 7
7/3 荒浜 9
7/11 大湊 45
7/13 松波 30
8/12 松波 12 (孫連れ)
8/19 不明 2
8/30 松波 14
9/3 松波 7
9/12 松波 13
9/14 鯨波 12
9/18 鯨波 1
9/19 石地 24
9/21 大湊 16

でした。 随分と行ったものです。
ちなみに世間的には7月中旬〜8月中旬までが数の釣れた時期だったようです。
(暑すぎて行けなかった)

いよいよ秋キスのシーズンですね。まだまだ頑張ります。

7/13釣果





 

4/30(月) 鵜の浜 5匹
5/2(水) 夷浜(黒井)8匹
5/11(金) 鵜の浜 39匹



5/11釣果(重量)

4連

10/28(土)
長い空白期間があってようやく釣果らしいものが出ました。

21号台風の前は釣れた日があったようですが 前日までぱっとせず
この日行ってみると今日は釣れる(た)とのお話。
期待してテトラ際に投げてみますが・・・・・アタリなしです。
地合が過ぎたのか人もポツポツのようですが自分には来ません。

場所を変え左の端っこから斜め方向に投げてみるとやっとアタリがあり
2連、3連と釣れ始め喜んでいると後ろからルアーの若い人が2名現れ 
自分の左側(前方)に入られてしまいました。
斜めに投げるとその前に糸が出るので遠慮しながらの釣りになってしまいました。

しばらくしてルアーマンは帰って行かれたので好きなだけ左方向に投げ始めますが
最初の時ほどのアタリは1回だけでその後はポツポツの状態、イマイチでした。
20匹ちょっとでしたが、型が良いのでまずまずです。

10-28釣果















23匹(800g)

自分が行かない日に「落ち」の爆釣が起きていないか気になって
ついつい3日連続で松波詣でをしてしまいました。
結果は、
10/8(日) 2匹+4匹(Aさんより貰い物)
10/9(月) 6匹+7匹(M山さんから)
10/10(火) 6匹(23cmの良型含む)
かなりな貧果です。

海の波が高くなってきたのでまた来週狙いたいと思います。

23cm2017年10月10日

このページのトップヘ