2017年02月26日

年が明けてから寒い日が続いています。毛糸のセーターを着たり、コートを着たり、厚着をすることが多いです。

今まで何気なく着ていたお洋服−−きちんとお洋服を着て過ごしたり、会社へ行ってお仕事をすることに、ふと感謝の気持ちがわいてきたんです。

自由にお洋服を着ること、女性として品位を保って、エッチなことやセクハラを受けないこと−−そんな当たり前のことに、感謝を感じるんです。

それは、AV女優としてお仕事をしたからかなと思うんです。

AV女優としてお仕事をするときは、お洋服を着ることは許されません。お洋服だけではなく、下着まで脱がされて、丸裸にされます。

そして、乳房やお尻、時には陰毛まで性的にからかわれながら、エッチな演技をしないといけないんです。

どんなに恥ずかしくて、悔しくても、それが私のお仕事だから、耐えなくてはいけません。

AV女優としてそんな恥ずかしい体験をしたからこそ、ふだんお洋服を着てお仕事できること、エッチなことやセクハラを受けないことに感謝できるようになったのでしょう。

だから、AV女優になったことは、私に感謝の気持ちを教えてくれたのかなと思いました。

   *   *   *   *   *
続きを読む

amayadori23 at 13:17コメント(1)トラックバック(0) 

2017年02月19日

夫といっしょに近所のレンタルビデオ店に行ったとき、アダルトビデオコーナーの近くに、女優さんのポスターが貼られていました。きっとAVに出演している女優さんだと思います。

等身大のような大きなポスターで、丸裸で撮影されているんです。

大きな乳房も、おへそも、陰毛も丸見えです。

作品を広告するために、販促物を作らなければならないのはわかります。

でも、女優さんって、こんなポスターまで作られて、大勢の人がいる場所に貼られるんだなって、心が塞がる思いでした。

本当はアダルトビデオコーナーの中に貼るものだったに違いありません。でも、店員さんが一般の利用客にも見えるところに貼ってしまったんだと思います。

女性の利用客もそのポスターの前を何人も通っていました。

エッチなことを目的とした男性客だけではなく、近所に住んでいる一般の女性客も通る場所に、あんなポスターを貼られるなんて、女としてものすごく屈辱だと感じました。

   *   *   *   *   *
続きを読む

amayadori23 at 08:43コメント(2)トラックバック(0) 

2017年02月12日

スーパーにお買い物に行くと、バレンタインのチョコのコーナーができていますね。

会社では今年も上司や同僚の男子たちに義理チョコを配りました。

「佐知子にチョコをもらったら、たとえ義理チョコでも、男はうれしいだろうなあ。佐知子が自分の彼女になったような気分になるんだよ」

夫にそう言われましたが、私のチョコを喜んでいただけたら、私もうれしいです。

すると、夫はこんなことを言ったんです。

「佐知子に義理チョコをもらった上司や同僚は、佐知子に一回ずつ義理〇〇をヤラしてもらえるってことにしたらいいのにね」

   *   *   *   *   *
続きを読む

amayadori23 at 07:23コメント(2)トラックバック(0) 

2017年02月05日

前回の「女子の友人たちの反応」の記事について、何人かの女性の方からライブドアのメッセージ機能を通じて、ご意見をいただきました。

どの方も、「自分が友人だったとしても、AV女優として頑張る佐知子さんを応援する」という内容で、とてもうれしく思いました。

ふだんは真面目な家庭生活を送っている女性から、AV女優のお仕事を認めて応援いただけるのは、ものすごく恥ずかしい反面、うれしくも感じます。

その中で、とても印象に残る応援を下さった方がいたんです。

自分が佐知子さんの友人だったら、佐知子さんの行為を認めて応援する。でも、佐知子さんがすべきことは、きちんとするように、指摘すると思う−−

他の女子とも情報を共有しながら、佐知子さんがすべきことを指摘して、みんなで応援すると思う−−その方はそうおっしゃったんです。

   *   *   *   *   *
続きを読む

amayadori23 at 10:29コメント(2)トラックバック(0) 

2017年01月29日

学生時代の男子の友人の中には、まだ結婚していない人もかなりいます。

そして、彼女もいない人もかなりいるようなんです。

そんな男子たちが、私の出演したAVを見て性欲処理をしていたら−−私はその男子たちの「公衆おトイレ」ってことになるのかなと思いました。

それって女性としてものすごく屈辱です。

でも、夫の妹に対してお尻を差し出し、お尻に「WC」って書かれたことは、自分がそういう女性だと受け入れたことになるのでしょう。

男子の友人たちに遠慮なく公衆おトイレとして使用されるのに耐えなければならないのでしょう。

そんなことを夫に話すと、夫は、「僕は男子の反応以上に、女子の反応のほうが気になるな。佐知子は女子の友人たちの反応、どう思う?」と尋ねたのです。

夫にそう言われて、私は学生時代の女子の友人たちの反応が気になったんです。

   *   *   *   *   *
続きを読む

amayadori23 at 10:36コメント(4)トラックバック(0) 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
如月カレン&水元ゆうな 水元ゆうな 尾上若葉 みなせ優夏 紗奈 北島玲 巨乳フレンズ 愛 原夏目彩春
楽天市場
最新トラックバック