2018年04月22日

今回、夫の妹にお尻を叩かれて躾けられたこと−−義父に対して後ろめたく感じています。

義父は私の訪問を温かく迎えてくれました。そして、新年度から始まる私のお仕事について、とても興味を持って聞いてくれたんです。お仕事に対する励ましの言葉もいただきました。

そんな私が自ら丸裸になってお尻を差し出して、成人女性のプライドをすべて捨てて、お尻を叩かれる躾けを受けていたこと−−

AV女優のお仕事への自覚を、お尻に覚え込まされていたこと−−

もし義父がこの事実を知ったら、どんなに幻滅するでしょうか? こんな私のみじめな姿は、義父に絶対知られたくない、会社の新年度のお仕事を頑張る姿だけを見ていてほしい−−そんな気分でした。

でも、夫の見方は違ったんです。夫はそんな私の後ろめたい気持ちを否定しました。

   *   *   *   *   *
続きを読む

amayadori23 at 22:18コメント(2) 

2018年04月15日

新年度になって、会社では新しいプロジェクトに参加するようになり、充実した日々を送っています。会議も多くなって、帰りも遅くなるようになりました。

一日のお仕事を終えて、疲れから少しぼんやりしていたとき、ふと夫の妹から受けた躾けを思い出したんです。

お尻の痛み、夫の妹の手のひらの感覚・・・

一日中、頭では会社のお仕事に集中していましたが、お尻は「もうひとつのお仕事」を覚えていました。

(AV女優のお仕事もしっかりやらないと・・・)

そんな気持ちが起こってきて、私は夫の妹に躾けられていることに気づきました。でも・・・私はその事実を認めたくありませんでした。

   *   *   *   *   *
続きを読む

amayadori23 at 07:51コメント(2) 

2018年04月08日

お尻を叩き終わった後、夫の妹は私を裸のまま立たせました。

成人女性の私がお尻を叩かれるという幼稚園児レベルの躾けを必要としたことを、しっかり反省してほしい−−そんな思いを込めて、夫の妹は私を叱責しました。夫の妹の真剣な気持ちの伝わる叱責でした。

「佐知子さんは、あそこの毛だってはえているんでしょう? あそこの毛もはえた大人の女が、お尻叩かれて叱られるなんて、みっともないよね?」

夫の妹は、呆れたようにそう叱ると、私の陰毛を指先で引っ張りました。

私は顔が熱くなりました。陰毛を引っ張られて、成人女性であることを指摘されるのは、たまらない気分でした。素っ裸で叱責を受けるみじめさを、改めて思い知らされました。

夫の妹は、私の乳房をぎゅっとつねりました。そして、蔑みのこもった声で、こう問いかけたのです。

   *   *   *   *   *

続きを読む

amayadori23 at 21:12コメント(4) 

2018年04月01日

この週末、夫といっしょに義理の実家に帰省しました。

帰省するときの道中、しっかり罪を償いたいという気持ちと、やはり裸でお尻を叩かれるのは悔しいという気持ちが、何度も交錯しました。

義父が温かく迎えて声をかけてくれたとき、これからお尻に躾けを受ける自分がとてもみじめで、義父の顔をまともに見ることができませんでした。

義父と夫が雑談を始めて、私との会話が途切れたとき、夫の妹が私の肩を叩いて、「そろそろいいよね」と声を掛けました。私は来るべきものが来たことを悟って、夫の妹の部屋へ向かいました。

「お洋服脱いで、素っ裸になりなさい」

夫の妹に命じられて、私は黙ってセーターを脱ぎ、スカートのジッパーを下げました。

   *   *   *   *   *


続きを読む

amayadori23 at 20:44コメント(6) 

2018年03月25日

この週末、銀座へ出掛ける用事があったのですが、用事を終えた後、夫の従姉と待ち合わせて、喫茶店で話しました。

夫の従姉も私も読書が趣味で、時々会って本の話をします。最近、夫の従姉が教育学に関する新書を読んだので、その感想を聞かせてくれることになったんです。

その話を聞いた夫が私にこんな命令をしました。

夫の妹から叱責を受けて、素っ裸でお尻を叩かれて「教育」を受けることについて、夫の従姉から感想を聞いてほしい−−

夫の従姉は夫側の親族ですが、趣味や話題が合うことから、結婚後に仲良くなりました。そして、夫の従姉は、私が「AV女優」であることを知っています。真面目な性格の私がAV女優になったことを、同情しながら理解してくれています。

「せっかく教育学の新書の感想を聞くんだから、話題としてちょうどいいと思う。AV女優の仕事にも理解があるから、何かアドバイスをしてくれるんじゃない?」

アカデミックな話題の後、私自身が受けるみっともない「教育」について感想を求めるのは、あまりにもみじめでした。

夫のあまりに意地悪な命令に葛藤を感じながら、私は夫の従姉に私が受ける「教育」について説明し、感想を求めたのです。

   *   *   *   *   *
続きを読む

amayadori23 at 15:01コメント(4) 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
如月カレン&水元ゆうな 水元ゆうな 尾上若葉 みなせ優夏 紗奈 北島玲 巨乳フレンズ 愛 原夏目彩春
楽天市場
最新トラックバック