2017年03月20日

夫の妹に命じられた通り、義父に対して「手紙」を書いて、夫の妹にメールで送りました。

こんな手紙を尊敬する義父に書くことに、何度もためらいました。でも、自分の卑怯さを詫びた上で受けた罰です。

そして、「おっぱいの大きな女はバカ」と言われたのが、本当に悔しかったんです。

それだけは言われたくない、頭を使って考えて、精一杯書いたことを、夫の妹に認めてほしい−−そんな気持ちで、恥を忍んで書いたんです。

夫にも相談して、アイデアを出してもらいながら、AV女優として、義父に喜んでいただける内容を、誠実に考えて書きました。その私の真剣さは伝えることができたかなと思っています。

   *   *   *   *   *
続きを読む

amayadori23 at 17:43コメント(4)トラックバック(0) 
前回の記事でコメントをいただき有難うございました。
この記事は、コメントに対する私の気持ちを記したものなので、プライベート記事にしています。続きを読む

amayadori23 at 12:37コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月12日

あの後、私のほうから夫の妹に電話をかけて謝りました。

性的なことで叱られて謝るのは、ものすごく悔しかったです。

でも、言葉はキツいけど、夫の妹が指摘したことは正しいと思いました。自分のどこがいけなかったのかもわかっていました。

だから、どれだけ悔しい思いをしても、やっぱり自分から謝って、自分のよくないところを直そうと思ったんです。

そして、自分の過ちを認めて謝る以上、何らかのお仕置きを受けることも覚悟していました。

   *   *   *   *   *

義父の前では、髪のきれいな可愛い義理の娘でいたかったこと−−

義父には、勉強やお仕事を頑張ってきたことをいつもほめられて、義理の娘としても、ひとりの大人の女性としても、プライドを感じていたこと−−

そんなプライドから、自分が人前で裸になって、陰毛に批評を受けるような恥ずかしいお仕事をしていることを、悔しくて認められなかったこと−−

陰毛を批評されるような、下品な娘だって認めたくなかったこと−−

でも、それは見栄っ張りな自尊心を守るために、本当の自分をごまかす卑怯な態度だったこと−−

AV女優のお仕事に対して、不誠実で、不真面目な態度だったこと−−

「私の卑怯な態度、心から反省しています。本当にごめんなさい・・・・・・」

私がそう詫びると、夫の妹は、「自分の卑怯さを自分で認めて謝ったのは、偉いよ。佐知子さんは真面目ないい子だね」とほめてくれました。

その上で、夫の妹は私にこんな指摘をしたんです。

   *   *   *   *   *続きを読む

amayadori23 at 18:13コメント(4)トラックバック(0) 

2017年03月05日

義父がテレビを見ていて、髪がきれいな女優さんが出演していたので、「この女優さん、髪がきれいだね」とほめたそうです。

そして、「佐知子さんも髪、きれいだよね」と、私のこともほめて下さったそうなんです。

「髪のきれいな女性は、気品を感じるし、健康そうに見えるよね」

「佐知子さんが気品があって、健康そうに見えるのも、そのためかもね」

義父がそんなことを話していたことを、夫の妹が夫にメールで知らせてきました。

髪にはいつも気を使っているので、義父にそうほめられて、とてもうれしかったです。

私も好感を抱いていた女優さんだったので、その女優さんと比べて評価されたのもうれしかったです。

夫の妹と電話で話したとき、その話になって、義父の言葉をさらに詳しく伝えてくれました。私は再びうれしい気分になりました。

でも、夫の妹は私のうれしい気分に水を差すように、こんなことを言ったんです。

   *   *   *   *   *
続きを読む

amayadori23 at 12:37コメント(4)トラックバック(0) 

2017年02月26日

年が明けてから寒い日が続いています。毛糸のセーターを着たり、コートを着たり、厚着をすることが多いです。

今まで何気なく着ていたお洋服−−きちんとお洋服を着て過ごしたり、会社へ行ってお仕事をすることに、ふと感謝の気持ちがわいてきたんです。

自由にお洋服を着ること、女性として品位を保って、エッチなことやセクハラを受けないこと−−そんな当たり前のことに、感謝を感じるんです。

それは、AV女優としてお仕事をしたからかなと思うんです。

AV女優としてお仕事をするときは、お洋服を着ることは許されません。お洋服だけではなく、下着まで脱がされて、丸裸にされます。

そして、乳房やお尻、時には陰毛まで性的にからかわれながら、エッチな演技をしないといけないんです。

どんなに恥ずかしくて、悔しくても、それが私のお仕事だから、耐えなくてはいけません。

AV女優としてそんな恥ずかしい体験をしたからこそ、ふだんお洋服を着てお仕事できること、エッチなことやセクハラを受けないことに感謝できるようになったのでしょう。

だから、AV女優になったことは、私に感謝の気持ちを教えてくれたのかなと思いました。

   *   *   *   *   *
続きを読む

amayadori23 at 13:17コメント(2)トラックバック(0) 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
如月カレン&水元ゆうな 水元ゆうな 尾上若葉 みなせ優夏 紗奈 北島玲 巨乳フレンズ 愛 原夏目彩春
楽天市場
最新トラックバック