2017年04月23日

この連休は夫といっしょに、義理の実家に帰省する予定です。

義母から夫に連絡があって、義父が今から私に会えるのを楽しみにしてくれているそうです。

「暖かくなって、春めいてきたから、おしゃれしておいで。最近の仕事の様子も聞きたい」

義父にそう言っていただけるのがうれしいです。お仕事のことで、いろいろ相談に乗っていただこうと思っています。

春物のワンピースを着て行くと伝えると、義父はとても喜んでくれました。

すると、夫の妹から電話があり、こう皮肉っぽく尋ねられました。

   *   *   *   *   *
続きを読む

amayadori23 at 19:49コメント(2)トラックバック(0) 

2017年04月16日

もしこの「手紙」を義父が実際に目にしたら・・・

そう思うと顔から火が出るような気分になります。こんな手紙が目の前に存在すること、すでに夫の妹にも読まれていることに、女としての自尊心が疼くような気持ちです。

仮に義父がこの手紙を読んだとき、本心から私がこの手紙を書いたのか、疑うかも知れません。私はこれまで義父の前では、ずっと「いい子」を演じてきたからです。

でも、私は義父に問われたら、こう答えると思うんです。

「私はこの手紙、自分の意思で、本当のことを本心から書きました。だから、お義父さん、佐知子のことを軽蔑して下さい」

   *   *   *   *   *


続きを読む

amayadori23 at 08:34コメント(6)トラックバック(0) 

2017年04月09日

今回も夫の妹に命じられたとおり、義父に「手紙」を書いて、夫の妹にメールで送りました。

前回の「手紙」でせっかくほめられたのだから、今回も精一杯心を込めて書きたい、そして、ほめられたいという気持ちでした。

こんなことを尊敬する義父に「手紙」として書くのは、心が疼くような気持ちでした。でも、不誠実なことを書いて、夫の妹に叱られたくありませんでした。

今回も私の真剣さを伝えることができたかなと思っています。

   *   *   *   *   *
続きを読む

amayadori23 at 07:37コメント(4)トラックバック(0) 

2017年04月02日

先日、夫の妹から電話があって、私の書いた「手紙」に対して、評価をいただきました。

心を込めて一生懸命書いたことが伝わる内容だったよ。よく頑張ったね−−

義理の娘としても、AV女優としても、うちのお父さんに喜んでもらおうという、佐知子さんの気持ちがこもった内容だったよ−−

佐知子さんは、やっぱり優等生だね。やればできる子だよね−−

「この手紙を義理の父親に書くのは、女としても娘としても恥ずかしかったでしょう?」

「もしうちのお父さんに読まれたら、幻滅されて軽蔑されるって思いながら書くのは、たまらなかったでしょう? 佐知子さんは優等生で、うちのお父さんにはいつもほめられているから」

「そんなたまらない気持ちをこらえて書いた、佐知子さんの誠実さをほめてあげたいと思う」

夫の妹にそうほめてもらって、私の気持ちも汲んでもらって、私は報われた気分になりました。

そんな私に対して、夫の妹はこんなことを言ったのです。

ここまで頑張った佐知子さんが、もう一段階、AV女優としてステップアップできるように、次の課題を出したい−−

   *   *   *   *   *
続きを読む

amayadori23 at 09:45コメント(4)トラックバック(0) 
人は自分の欠点を指摘されたとき、素直に反省できるかで、人格を問われるのかなと思います。

中高生のとき、先輩から注意されて、すごく反発したことがあります。

でも、それを聞いた友人に指摘されたんです。

「それは、先輩の言うとおりだと思うよ。先輩の言ったことは、佐知子さんの欠点だから、反省したほうがいいよ」

そのとき、私はすごく悔しく感じました。

後になって、それは自分の欠点だと気づきましたが、そのときは友人に指摘されたことが屈辱でたまらなかったんです。

そんなとき、素直になれないのが、私の生意気さなのかなと思います。

   *   *   *   *   *
続きを読む

amayadori23 at 08:30コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
如月カレン&水元ゆうな 水元ゆうな 尾上若葉 みなせ優夏 紗奈 北島玲 巨乳フレンズ 愛 原夏目彩春
楽天市場
最新トラックバック