雨夜龍馬の将棋研究ブログ!

プロ棋戦の感想、コンピューター将棋の棋譜紹介を中心に将棋の記事を更新しています。よろしくお願いします。


戦型は後手の渡辺明棋王がゴキゲン中飛車を採用し、先手の千田翔太六段は超速で対抗しました。(第1図)

2017-03-20a


千田翔太六段は▲4五銀(第2図)と角頭の歩を狙う手順を選びました。

2017-03-20b


激しくさばきあった後に3八歩(第3図)と受けました。
金銀交換で後手の銀桂がさばけていない分、この局面では先手がやや有利になっているようです。

2017-03-20c




しばらく進んで、角2枚で張り付いて美濃囲いに迫っていきます。(第4図)

2017-03-20d


▲9五歩(第5図)が詰めろになっていて厳しい寄せでした。
以降は△9六桂に▲9三銀からの詰みで千田翔太六段が勝ちました。

2017-03-20e

この1局で5番勝負は2勝1敗となりました。
序中盤でリードを奪ってしっかりと勝ち切った1局で、千田翔太六段の力強い指し回しが印象に残った1局でした! 

 

将棋 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


Shining_Friday_2600K vs. SM_1_24_Xeon_E5_2698_v4_40c (2017-03-10 06:00)

(名前が長くて持ち駒が表示できないので、局面図の対局ソフト名は短く省略しています。)

戦型は石田流対△6三金型の左美濃(第1図)になりました。
△6三金型は、△6三銀型と比較したときに7三に利きがあって受けによく効いている形ですね。
 
2017-03-19a

第1図以下
▲2八玉    △5四歩    ▲6七銀    △5三銀
▲7八金    △3一玉    ▲7七桂    △2三銀 
(第2図) 

先手は▲7八金型で飛車角の打ち込みの隙が少ない形で仕掛けを狙い、 後手は銀を5三に上がった後に銀冠への組み換えを狙います。

2017-03-19b

第2図以下
▲9六歩    △3三角    ▲6五歩 
(第3図)

後手陣が組み換えの途中のタイミングで、先手が仕掛けました。

2017-03-19d

第3図以下
△同 歩    ▲同 桂    △8八角成  ▲同 金
△6四銀    ▲7八金    △3三桂    ▲7三桂成
△同 銀    ▲7四歩    △6四銀    ▲6六銀
△6五歩    ▲7五銀    △同 銀    ▲同 飛
△6四角
(第4図) 

 
△6四角が飛車取りと先手玉をにらんだ角打ちです。

2017-03-19c

第4図以下
▲7六飛    △2二玉    ▲6八金    △3二金
(第5図)


先手は金を7八~6八に寄せて、後手は銀冠を完成させます。

2017-03-19e

第5図以下
▲8六角    △5五角    ▲6四歩    △6二金
▲7一銀    △6六歩
(第6図)

▲7一銀と割り打ちの銀を打たれた手を手抜いて、△6六歩と飛車の横利きを止めたのが△3六桂を狙った厳しい切り返しでした!

2017-03-19f

第6図以下
▲5六歩    △3六桂    ▲1八玉    △4八銀
▲5五歩    △4九銀不成    ▲同 銀    △2八金
▲1七玉    △7二飛
(第7図) 

▲5六歩と反発されても△3六桂~△2八金を決めてから飛車を逃げたのが巧みな手順で、銀が入ると先手玉に詰めろがかかります。

2017-03-19g

第7図以下
▲6二銀成  △同 飛    ▲3六歩    △2九金
▲1八玉    △3七桂    ▲2六歩    △4九桂成
▲2九玉    △4八成桂
(第8図)

後手の攻めがつながりました!
以降は後手が攻め切って勝ちました。

2017-03-19h

後手の攻めが見事につながりました!
以降、先手は粘りましたが後手が寄せ切って勝ちました。

後手が△6三金型を生かして6筋、7筋を受け流してカウンターを決めた1局でした。 

 

将棋 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


戦型は後手の久保利明九段のゴキゲン中飛車に対して、郷田真隆王将は超速を採用しました。

2017-03-15a

第1図以下
△4二銀    ▲3五歩    △同 歩    ▲6六歩
(第2図)


角道を止めて、ひねった手順の仕掛けです。

2017-03-15b


▲2四銀(第3図)と銀が進出した局面で1日目が終了しました。

2017-03-15c


封じ手は△6二角(第4図)でした。

2017-03-15d


しばらく進んで、じっとと金を引くのが渋い1手だと思いました。

2017-03-15e


手堅く銀を打って受けました。

2017-03-15f


振り飛車が反撃して先手陣を薄くして迎えた局面。
▲7九香(第7図)が「下段の香に力あり」の格言通りの攻防手でした!

2017-03-15g


以降は、さらに桂馬を6五に足して後手玉のコビンを攻めたのが厳しく、先手が寄せ切って勝ち、7番勝負を2勝3敗に持ち込みました。

郷田真隆王将が着実にリードを広げて勝った1局だと思いました! 

 

将棋 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

このページのトップヘ