コンピュータ将棋観戦Life

コンピュータ将棋の棋譜紹介を中心に将棋の記事を更新しています。よろしくお願いします。

elmo囲いとは?
▲7八玉+▲6八銀+▲7九金の囲いのことです。
elmoがこの囲いをよく採用していて、elmo囲いと呼ばれ始めています。

elmogakoi1

メリットの考察
・金銀の連結が良い。
・手数がかからない。
・7八玉型が振り飛車の角のラインを避けている。
・金銀の斜めの配置が横からの当たりを緩和していて妙に攻めにくい。
・角を活用すれば玉が広い。

elmogakoi2

それでは、elmo囲いを採用したfloodgateの棋譜を3局ご紹介したいと思います。

実戦例1
対四間飛車elmo囲い+右銀急戦その1

本譜は四間飛車に対する右銀急戦で、△9四歩の一手を入れてから仕掛けました。

IMG_2585

上図以下
▲5六歩    △7六歩    ▲同 銀    △7二飛
▲6五歩    △7七角成    ▲同 飛    △5三銀引
▲6六角    △4四角    ▲同 角    △同 銀
▲6四歩    △同 歩    ▲6三角    △8八角
▲7二角成  △同 金    ▲8四飛    △7一金
▲7二歩    △9三角
(下図)

▲7二歩が厳しい攻めかと思いきや、△9三角が端歩を生かした切り返しでした! 

IMG_2586

上図以下
▲8三飛成  △8二金    ▲6三龍    △9九角成
▲7一歩成  △8九馬    ▲8一と    △同 金
▲8五銀    △3五桂    ▲3六桂    △3三銀引
(下図)

先手は龍を作ったものの、後手の金銀が攻めにくい配置でelmo囲いが生きた展開になりました。
先手は評価値-610、後手は-1451とそれぞれ後手よしと判断しています。
以降は9三から強烈なにらみを利かせた角を生かした寄せで後手が勝ちました。

IMG_2587

手数がかからないelmo囲いは急戦策と相性が良さそうですね!
elmo囲いの耐久性が生きた1局でした。

棋譜をweb上で動かしながら閲覧したい方はこちら!
対四間飛車elmo囲い+右銀急戦その1 | Shogi.io(将棋アイオー) 

実戦例2
対四間飛車elmo囲い+右銀急戦その2


本譜は△6二金型で右銀急戦を仕掛けていきました。

IMG_2588

上図以下
▲同 歩    △同 銀    ▲7四歩    △8六歩
▲5九角    △6六銀    ▲同 銀    △8七歩成
▲7六飛    △7八と    ▲5五歩    △8九飛成
(下図)

後手は飛車先突破に成功しました!△6二金型が7筋のさばきを抑えています。

IMG_2589
上図以下
▲8六飛    △6九龍    ▲4八角    △5六桂
(下図)

先手は飛車をぶつけてさばきを狙いましたが、△5六桂が厳しい攻めでした。
先手は評価値-83、後手は‐207とやや後手よしと判断しています。
その後、212手と長手数の将棋になりましたが、優位を拡大していった後手が勝ちました。

IMG_2590

6一の金をどう活用していくかというのはelmo囲いのポイントになりそうな点です。
△6二金型で振り飛車のさばきを封じながら飛車先突破を目指す急戦策が参考になる1局でした!

棋譜をweb上で動かしながら閲覧したい方はこちら!
対四間飛車elmo囲い+右銀急戦その2| Shogi.io(将棋アイオー) 

実戦例その3
対向かい飛車elmo囲い+腰掛銀

本譜は先手の向かい飛車に対して、後手は腰掛銀で対抗しました。
後手の陣形の組み方は、向かい飛車が飛車先から逆襲して角のにらみを利かせる攻め筋を封じています。

IMG_2572

上図以下
▲5八金左  △5一金    ▲4六歩    △3三角
▲3六歩    △5五銀    ▲同 銀    △同 角
(下図)

△5一金と寄った形は雁木を低くしたような囲いで金銀の連結がしっかりとしています。
▲4六歩~▲3六歩と先手玉のコビンが開いたタイミングで、銀をぶつけて角を活用したのが機敏な動きでした。

IMG_2592

上図以下
▲4七金    △2二角    ▲6八飛    △7四歩
▲5六歩    △7五歩    ▲同 歩    △7六銀
(下図)

角頭に銀を打って抑え込みを目指しました。

IMG_2593

以降はさばきと抑え込みをめぐる駆け引きが繰り広げられましたが、△8八銀と飛車を詰ませた後手が優勢を築いて勝利しました。

IMG_2594

飛車先からの逆襲を封じた駒組みで、
向かい飛車対策として参考になる1局でした!

棋譜をweb上で動かしながら閲覧したい方はこちら!

対向かい飛車elmo囲い+腰掛銀 | Shogi.io(将棋アイオー) 


金銀にそれぞれ紐が付いているelmo囲いに船囲い崩しの手筋はほぼ通用しません。
平面的な形で端攻めや玉頭戦に持ち込まれるリスクも少ないので、序盤で積極的に仕掛けて行きたい方にオススメです。

固定観念にとらわれないコンピュータ将棋の金銀の配置や駒組みはおもしろいですね!



記事に使用した棋譜の参照リンク

iOSアプリ用リンク
公式サイトリンク
NG-N1000 vs. MAJO-1.25m_i7-6950X (2017-06-07 17:30)   
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


floodgateの棋譜を閲覧していて、互いに雁木で戦っている棋譜を見つけたのでご紹介したいと思います。

雁木は江戸時代から指されていた戦法です。
その後、飛車先の歩を交換させることが損と考えられ、矢倉が主流戦法として定跡の整備が進み、矢倉は将棋の純文学と呼ばれる花形戦法になりました。
一方、雁木はマイナー戦法とみなされ実戦例の少ない戦法でした。

しかし、あのPonanzaが雁木を採用していることで再び雁木は脚光を浴びています!
第27回世界コンピュータ将棋選手権の読み太対Ponanza Chainer戦の2局でのポナンザらしい破壊力抜群の攻めは記憶に新しいところです。

第47期新人王戦で優勝されたプロ棋士の増田康宏四段も雁木戦法を実戦で採用されていて、雁木は今や最先端の戦法の1つとして注目を浴びています!


本譜は先手は腰掛銀型、後手は従来からよく指されていた△5三銀型になりました。
どちらも銀を中央に活用しやすく金銀の連結がしっかりとしています。

後手は先手に飛車先を切らせた代償として1筋と9筋を突いていますが、互いに評価値0で互角と判断していてバランスのとれた局面のようです。
image

上図以下

▲6七銀上  △4一玉    ▲3六歩    △7三桂
▲1六歩    △6四銀    ▲5九角    △3三角
▲4五歩    △同 歩    ▲同 銀    △4四歩
▲5六銀引  △4二角    ▲3七角    △3三桂
▲4六角
(下図)

互いに角を転換し合って開戦を狙う駆け引きが繰り広げられました。
7七(3三)に銀がいないことで角や桂の活用がスムーズです。
image

上図以下
△5五歩    ▲同 銀    △8六歩    ▲同 歩
△同 飛    ▲8七歩    △8五飛    ▲6四銀
△同 角    ▲同 角    △同 歩    ▲7七桂
(下図)

後手が中央から開戦していきました。
後手が中段に引いた飛車に当たる▲7七桂が気持ちのいい活用です!

image 

上図以下
△8四飛    ▲4六歩
(下図)


▲4六歩は角を打って飛車を狙う手や3三の桂の活用を封じた渋い1手だと感じました。

image

上図以下
△5四角    ▲5五銀    △3六角    ▲6四銀
△8五桂    ▲同 桂    △同 飛    ▲3七歩
△5八角成    ▲同 玉    △3九銀
(下図)

角切りから銀打ちが鋭い攻めです!
image

上図以下
▲2六飛    △6三歩    ▲5五桂    △5四銀
▲9六角    △9五飛    ▲8一角
(下図)

後手も角銀桂のコンビネーションで反撃していきます。
コンピュータ将棋らしいギリギリの攻めの応酬です。
image

上図以下
△5五銀    ▲6三銀不成△4二金右
▲7四角    △8二桂
(下図)

△8二桂!が角のラインをずらす桂打ちでした!
これは気付きにくい下段の桂打ちですね。
こんなところに受けの絶妙手が隠れているとは...

image

上図以下
▲8三角成  △3一玉    ▲5四銀成  △2二玉
(下図)

さらに玉の早逃げが巧みな距離感のとり方でした!
この局面で後手の評価値は-311となって自分が有利だと判断しました。

image 

上図以下
▲3八馬
(下図)

先手は馬引きの懸命の受けを見せましたが...
image

上図以下
△7七歩    ▲7九金    △4八金    ▲同 馬
△同銀成    ▲同 玉    △3五角
(下図)

△7七歩のくさびを打ち込んだ後、馬を消してからの△3五角が厳しい攻めでした。

image
上図以下
▲3六飛    △4六銀    ▲5八金    △4五桂
(下図)


ついに4六の歩によって封じられていた桂が3三から躍動し、後手は中央に殺到していきました!
後手の評価値は-1036となって優勢と判断しています。

image 

上図以下
▲4三歩    △3三金右  ▲4二歩成  △同 金
▲7八金    △6九飛    ▲6四角    △3二金寄
▲4六歩    △5七歩
(下図)
 
途中の△5六歩、さらに △7八歩成が絶妙の利かしでした。 
下段に飛車を打ってからの△5七歩が激痛です。 
後手は手順に金2枚の安定した形を築き、先手に襲いかかります。

image
上図以下
▲4七金    △2七桂
(下図)


△2七桂で左右から先手玉を追い込みます。

image
上図以下
▲2八銀    △1九桂成  ▲同 銀    △7七香
(下図)


後手の銀を1九に追いやってから香車を入手し、△7七香が金銀の連携を崩す急所の攻めでした!

image

上図以下
△7七香    ▲同 金    △6八飛成
▲4九玉    △7七龍    ▲5九桂    △6八龍
▲3八香    △8五飛
(下図)

9筋で眠っていた飛車がついに目覚めました!

image

上図以下
▲8六歩    △8四飛    ▲5五角    △5四飛
▲同角成    △3七桂不成
(下図)

遊び駒の飛車を活用し銀を入手する全軍躍動の手順です!
ついに先手玉が詰みました!

image

上図以下
▲同 桂    △5八銀    ▲同 銀    △同歩成
▲3九玉    △5九龍    ▲4九桂    △同 龍
▲2八玉    △1七金    ▲同 玉    △1九龍
▲1八飛    △2六銀打
までで後手の勝ち
(下図)

image


スムーズに駒を活用しやすい雁木vs雁木の攻防、さらに中終盤の受けの絶妙手や見事につながっていく攻めが迫力ある1局でした!


棋譜をweb上で動かしながら閲覧したい方はこちら!
雁木vs雁木 floodgate棋譜 | Shogi.io(将棋アイオー) 

記事に使用した棋譜の参照リンク
 
iOSアプリ用リンク 
ucas vs. YaneuraOu_2017e_4.60_elmo_6950X (2017-06-01 21:00) 
公式サイトリンク
ucas vs. YaneuraOu_2017e_4.60_elmo_6950X (2017-06-01 21:00) 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

前回までの記事

blog.livedoor.jp

blog.livedoor.jp


四間飛車編その1では振り飛車の勝局や居飛車の急戦策など、その2では居飛車の持久戦策の将棋を取り上げました。
今回の記事では後手が角交換四間飛車を選択した将棋を5局ご紹介します。




蒼天幻想ナイツ・オブ・タヌキの対角交換四間飛車銀冠
角打ちからの見事な仕掛け!


二次予選 4回戦 蒼天幻想ナイツ・オブ・タヌキ - ひまわり


先手の蒼天幻想ナイツ・オブ・タヌキ銀冠に組んで、後手のひまわりは早めに4筋の歩を伸ばしました。

2017-05-25a

第1図以下
△6四歩    ▲2五歩    △5二金左  ▲5六歩
△8四歩    ▲6六角    △8三銀    ▲3六歩
△5四歩    ▲3五歩    △4三金    ▲3七桂
△4四金    ▲2四歩    △同 歩    ▲4五桂
△同 金    ▲3四歩    △4四銀    ▲2四飛

(第2図)

2017-05-25b


途中の▲6六角が好位置の角で、右桂を活用して飛車をさばきました!

第2図以下
△2二歩    ▲4六歩    △3五角    ▲3三歩成
△同 桂    ▲3四飛    △5六金    ▲3三飛成
△同 銀    ▲同角成

(第3図)

陣形差を生かした飛車切りで優勢を築いた蒼天幻想ナイツ・オブ・タヌキが勝利しました!

2017-05-25c

蒼天幻想ナイツ・オブ・タヌキの中盤の構想が参考になる1局でした!

棋譜をweb上で動かしながら閲覧したい方はこちら!
第27回世界コンピュータ将棋選手権 二次予選 4回戦 蒼天幻想ナイツ・オブ・タヌキ - ひまわり | Shogi.io(将棋アイオー) 



技巧の銀冠vsHoneyWaffleの角交換四間飛車
決勝リーグの熱戦譜!


決勝 7回戦 技巧 - HoneyWaffle

先手の技巧は銀冠、後手のHoneyWaffleは△3二金型で対抗しました。(第4図)

2017-05-25d

しばらく進んだ局面。(第5図)
戦いの中で、3二の金を→4二→5二と寄せていく指し回しはまるで大山康晴十五世名人のようです。

2017-05-26f

終盤の局面。(第6図)
後手が1筋の歩を成ったところで、角取りを手抜いての▲7五桂が鋭い攻めでした!

2017-05-26g


第6図以下
△7四銀    ▲8四歩    △同 歩    ▲8六香
△7五銀    ▲同 歩    △1八と    ▲8四香
△8三歩    ▲同香成    △同 玉    ▲8四歩
△同 玉    ▲8五歩    △9三玉    ▲5五馬

(第7図)

8筋を攻めてからの▲5五馬!が見事な手順で技巧が熱戦を制しました。

2017-05-26h

ねじり合いの大熱戦で技巧の寄せが見事な1局でした!

棋譜をweb上で動かしながら閲覧したい方はこちら!
第27回世界コンピュータ将棋選手権 決勝 7回戦 技巧 - HoneyWaffle | Shogi.io(将棋アイオー) 




elmoの銀冠対HoneyWaffleの角交換四間飛車!
決勝リーグでelmoが見せた中盤の見事な攻め!


決勝 3回戦 elmo - HoneyWaffle

後手のHoneyWaffleはポピュラーな△3三銀型+向かい飛車に組み替えて、先手のelmo銀冠を目指します。(第8図)

2017-05-26j

後手から△5四角と筋違い角を打って、角を手放して1歩得する形になりました。(第9図)

2017-05-26k

第9図以下
▲4七銀    △7六角    ▲5六銀    △6四歩
▲8七銀    △5四角    ▲5五銀    △3六角
▲6四銀    △5二金左  ▲2六飛    △3五歩
▲6六角    △5四角    ▲3七桂
(第10図)

▲6六角と好位置に角を据えつつ、右銀と右桂を活用して後手の角の移動範囲を狭めました。
次に▲4五桂△4四銀▲5三桂成△同銀▲同銀成が角のラインを生かした厳しい狙いになっています。

2017-05-26l
第10図以下
△6三銀    ▲同銀成    △同 金    ▲6五銀
△3六角    ▲3二歩    △同 飛    ▲2四歩
△同 歩    ▲4五桂    △4四銀    ▲2四飛

(第11図)

後手は角を助けるために銀をぶつけていきましたが、先手は後手の陣形を乱しながら飛車をさばくことに成功しました。
巧みな攻めをみせたelmoは玉頭の厚みを生かした寄せを見せて187手で勝利しました!

2017-05-26m

今大会優勝のelmoがさすがの攻めを見せた1局でした!

棋譜をweb上で動かしながら閲覧したい方はこちら!
第27回世界コンピュータ将棋選手権 決勝 3回戦 elmo - HoneyWaffle | Shogi.io(将棋アイオー) 



HoneyWaffleの角交換振り飛車筋違い角型!
大合神クジラちゃんが見せた柔軟な囲い方と鋭い寄せ!

決勝 1回戦 大合神クジラちゃん - HoneyWaffle

後手のHoneyWaffleが△5四角と筋違い角を打つ展開になりました。

2017-05-26n

しばらく進んだ局面。
▲7九金の後に5八の金を7八まで移動させるのがおもしろい手順で、先手の大合神クジラちゃんが堅陣を築きました。

2017-05-26o

第13図以下
△6二金上  ▲5六歩    △4七歩    ▲6六角

(第14図)

▲6六角が4筋の垂れ歩を受けながら、9筋に効かせつつ、右辺も間接的ににらんだ攻防の角でした。

2017-05-26p


終盤戦、△7六銀と後手から先手玉にプレッシャーをかけた局面。ここで後手の大合神クジラちゃんが見事な寄せを見せました!

2017-05-26q
第15図以下
▲9三銀    △同 香    ▲9一角    △8一玉
▲7一飛成  △同 玉    ▲8二金    △6一玉
▲2五角
(第16図)

▲9三銀が焦点の捨て駒で、挟撃形を築いた大合神クジラちゃんが勝利しました!
2017-05-26r

大合神クジラちゃんのうまい陣形のまとめ方と鋭い寄せが光った1局でした!

第27回世界コンピュータ将棋選手権 決勝 1回戦 大合神クジラちゃん - HoneyWaffle | Shogi.io(将棋アイオー)




習甦とHoneyWaffleのねじり合いの攻防!
習甦の端棒銀と金を繰り出す独特の抑え込み


二次予選 3回戦 習甦 - HoneyWaffle

互いに角を撃ち合う展開になり、先手の習甦端棒銀、後手のHoneyWaffle△3二金型とそれぞれ趣向を凝らした形になりました。
コンピュータ同士の戦いで、まるで力戦派の人間同士が戦っているかのような戦型になるところがまたおもしろいですね!

2017-05-26s
第17図以下
△2四歩    ▲同 歩    △同 飛    ▲2五歩
△2二飛    ▲6八金上  △4五歩
(第18図)
2017-05-26u

難解な中盤の攻防が続居て迎えた局面。(第19図)
▲4六金が味のいい活用で飛車を抑え込んだ習甦がペースを握って177手の戦いを制しました。 

2017-05-26v

銀冠など持久戦の将棋が多い中、習甦の急戦調の作戦が印象に残った1局でした!

棋譜をweb上で動かしながら閲覧したい方はこちら!
第27回世界コンピュータ将棋選手権 二次予選 3回戦 習甦 - HoneyWaffle | Shogi.io(将棋アイオー) 





△8八角成▲同銀と形を決めさせて居飛車の駒組みをけん制する角交換四間飛車ですが、居飛車も銀冠に組み替えたり、▲7七銀型で金を寄せたり、端棒銀で戦ったり、うまく左銀を活用して駒組みを進める戦い方が参考になりました。

結果的には居飛車側が勝利したものの、技巧 - HoneyWaffle戦や習甦 - HoneyWaffle戦は難解な中盤戦になりました。
△3二金型はバランス重視の駒組みで角交換振り飛車とも相性がよさそうです。

相居飛車の角換わりでも▲4八金型のようなバランス重視の駒組みも増えていて、局面のバランスを取るのが巧みなコンピュータ将棋の影響で序盤作戦の幅は広がっていきそうです。

次回は中飛車編について書いていく予定です。
floodgateの棋譜も書いていきたいので順番は前後するかもしれません。


記事に使用した棋譜の参照リンク

二次予選 4回戦 蒼天幻想ナイツ・オブ・タヌキ - ひまわり

決勝 7回戦 技巧 - HoneyWaffle

決勝 3回戦 elmo - HoneyWaffle

決勝 1回戦 大合神クジラちゃん - HoneyWaffle

二次予選 3回戦 習甦 - HoneyWaffle

第27回世界コンピュータ将棋選手権 ライブ中継  

ライブ中継のリンクはKifu for Flashでの表示なので、iOSやAndroidで棋譜を閲覧したい方はna2hiroさんが公開されているKifu for JSが便利です!  

Kifu for JSの利用方法はこちらの記事で紹介しています。  
より多くの方に第27回世界コンピュータ将棋選手権の熱戦譜を観ていただければ幸いです。 

blog.livedoor.jp

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ