棋士軍は森下卓九段、稲葉陽八段、斎藤慎太郎六段。
ソフト軍はPONANZA、nozomi、大樹の枝(Aprey)。

将棋電王戦に参加した3名の棋士vs 第3回電王トーナメント上位進出の3ソフトの対戦でした!

棋士軍の先手、ソフト軍の後手で対局は始まりました。
戦型は横歩取りになりました。 


少し進んで、PONANZAが候補手に挙げていた△6二玉(第2図)をソフト軍が指しました。

floodgateでは浮かむ瀬(Apreyの第4回電王トーナメントバージョン)がよく指している形で、
プロ棋戦でも時々指されている指し方ですね。 


互いに駒組みが進んで、後手はひねり飛車風の駒組みになりました。


第3図以下
△5四飛    ▲6八金    △3四飛
(第4図)


後手は、飛車を5筋に回り金を寄らせてから3筋に回りました。 


第4図以下
▲3七銀    △2四飛    ▲2七歩
(第5図)

先手は3筋の歩を守り銀を上がった後、後手の攻めを警戒して2筋を受けました。 


第5図以下
△8二玉    ▲9六歩    △9四歩    ▲4六銀
△2一飛    ▲7八金    △4四歩
(第6図)

 
互いに駒組みが進みました。


第6図以下
▲8六歩    △4三銀    ▲8五歩    △7四歩
▲6六歩    △8三銀    ▲8六銀    △7二金
▲7七桂    △7一玉    ▲6五歩
(第7図)

先手は8筋の位を取った後、6筋も位を取って厚みを重視した駒組みを進めました。
後手は銀冠のような陣形で玉を7一に引きました。 


第7図以下
△4五歩    ▲5五銀    △5四歩    ▲6六銀
△7三角    ▲3七角    △同角成    ▲同 桂
△4四角    ▲6七金
(第8図)

後手は銀を6六に引かせて、角交換で桂を跳ねさせてから、4四に角を打って先手の金を上がらせました。
難解な形勢ながら、金銀がバラバラの先手がまとめるのが大変な局面になったと感じました。 


第8図以下
△6二玉    ▲3八金    △7三桂    ▲5六歩
△8一飛 
(第9図) 
 
ずっと難解な局面が続いていた中で、いつの間にか後手の飛車角が先手玉に向かって利いている形になりました。
序盤は棋士軍が評価値がプラス100点ほどの局面が続いていたのですが、中盤のソフト軍の構想力は凄まじかったです。


第9図以下
▲7八玉    △8四歩    ▲同 歩    △同 銀
▲2九飛    △8五歩    ▲9七銀    △9五歩
(第10図) 

玉頭からソフト軍が襲いかかります。


第10図以下
▲同 歩    △同 銀    ▲9六歩    △8六銀
▲8八銀    △9八歩    ▲同 香    △7七銀成
▲同銀上
(第11図)


ソフト軍の候補手が一致しない局面が数手続いて、評価値の差が少し詰まりました。
人間のように相談して決めることができないので、一貫性のない手順を選択する可能性があるのがソフト軍の不安点ですね^^; 


第11図以下
△8六桂    ▲6八玉    △9八桂成    ▲8七歩
△9七成桂    ▲8九飛    
△8六香
(第12図) 
 
  PONANZAとnozomiが候補手に挙げていた△8六香が棋士軍の意表を突いた1手でした。
稲葉陽八段候補手が示された瞬間にのけぞり
斎藤慎太郎六段「これ、本当に人類を終わらせに来たような手ですね…」と嘆き、
森下卓九段「でも、そんなにいい手なのかな?」と首をかしげました。 


第12図以下
▲7五歩    △8七成桂    ▲8六銀    △同 歩
▲8二歩    △同 飛    ▲7四歩    △7八銀
(第13図) 

厳しい銀打ちです。


第13図以下
▲7三歩成  △同 金    ▲7九香    △7七成桂
(第14図)

鮮やかな焦点の捨て駒でした。


第14図以下
▲同 銀    △8九銀成    ▲7四歩    △9八飛
▲5七玉    △7四金    ▲6六桂    △同 角
(第15図)

強烈な角切りに解説の木村一基八段は「光速の寄せが出たんじゃないですか」と評しました。


第15図以下
▲同 玉    △7九成銀  ▲7六銀    △7五歩
▲3五角    △5三桂    ▲7一銀    △同 玉
▲5三角成
(第16図)

馬を作って王手しました。



第16図以下
△6二銀    ▲7五馬    △同 金    ▲同 銀
△3八飛成  ▲8三歩    △同 飛    ▲8四桂
(第17図)

桂打ちで詰めろをかけます。
 

第17図以下
△7三金    ▲7二金    △同 金    ▲同桂成
△同 玉    ▲8四歩    △7四桂    ▲同 銀
△8四飛    ▲7五桂    △7八龍    ▲7七金打
△4八角    ▲5七桂    △7四飛    ▲8三角
△7三玉    ▲7八金    △7五飛
(第18図) 
までで後手の勝ち

最後は、後手玉を寄せるには駒が足りず、先手玉は逃げ場がなく受けが効かないので後手の勝ちとなりました。


6度のタイトル戦挑戦の森下卓九段A級順位戦で6連勝中の稲葉陽八段2015年最高勝率の斎藤慎太郎六段
3人の実力棋士の合議制で挑んだ棋士軍でしたが、ソフト軍の攻めが厳しく、いつの間にか受けるのが難しい局面になっていました。
ソフトの構想力の凄まじさを改めて感じた1局でした。

「何気ない手の積み重ねで、いつの間にか自信がなくなっていきました」という森下卓九段の対局後のコメントが全てを物語っていると思いました。 

2016年の終わりに非常に内容の濃い将棋を観戦できて楽しかったです^^
2017年もプロ棋戦やコンピュータ将棋の観戦を楽しんでいきたいと思います! 


将棋 ブログランキングへ