ふきのとう・雅夢・N.S.P コッキーポップ・コレクション [DVD]

懐かしの音楽番組「コッキーポップ」の
お宝映像を満載したDVDが発売された。
題して「ふきのとう・雅夢・N.S.P コッキーポップ・コレクション」
何の捻りもない、そのままのタイトルである 笑
男性トリオ、デュオをまとめた、というコンセプトであるらしい。
それならばポプコンと言えばこの人達ということで、
「チャゲ&飛鳥」も入れて欲しかったか。

「ふきのとう」の「流星ワルツ」や「NSP」の「冬の花火はおもいで花火」は
当時オンタイムのテレビで見ていた記憶がある。
記憶が周辺の色々な記憶を刺激して懐かしさで心は一杯になる。
そんな記憶の欠片を連れてきてくれる、
センチメンタルを刺激する、素敵なDVDでした。

そもそも「コッキーポップ」はラジオ番組だった。
ニッポン放送で深夜0時半から(だったと思う)
0時からの「あおい君と佐藤君」と
0時10分からの「かぜ耕士 たむたむたいむ」と合わせ、
1時からの「オールナイトニッポン」が始まるまでの一時間、
何ともまったりとした、今風に言えば癒し系番組が並んでいた。

ヤマハのポピュラーソングコンテスト(通称ポプコン)を
フォローする番組として、本来であればマニアックな位置付けのはずが、
ポプコン自体が多くのスターを輩出するに従い、
「コッキーポップ」はいつのまにかメジャーラジオ番組となり、
ついには司会の大石吾朗さんもそのまま、テレビ番組化された。

ポプコン出身者の曲を流しながら、ポプコン本選会は勿論のこと、
地方予選の様子までをも伝えていたマニアックなラジオに対し、
テレビはポプコン出身者に拘らず、当時活躍していた
多くのフォークシンガー、フォークグループに門戸を広げていた。
普段テレビに出ることのないアーチストたちが、
この番組にだけは出演していたことを考えても、この番組の存在感がよく解る。

「ふきのとう」「雅夢」「NSP]を出してくれるくらいだから、
まだまだテレビ局にはお宝が山のように積まれているはずだ。
これからもお宝コッキーポップDVDシリーズ、楽しみにしております!!!