2009年05月13日

ベンツ W201 190E 社外キーレス取付 

DSCN3059
朝、気持ちの良い天気だったので洗車をしたら直後に天気雨。。。



DSCN3065
今日は190E 2.6 (W201)ベンツに社外品のキーレスを取付ました。W124 W126 W140 などの車輌もほぼ共通な作業です。



DSCN3062
今回はこちらのキーレスを取り付けました。
付属の取説には記載されておりませんでしたが
コントロールボックス内にジャンパスイッチ(差替えタイプのピンスイッチ)
が設けてあり、通常0.5秒程度の接点時間を4秒程度に変更することが
出来ました。こちらの様なバキュームポンプタイプの車輌には
接点時間が若干長めの方が安定した作動が望めそうです。



DSCN3063
リアシート座面前側にある左右の赤いクリップを押しながら
座面を上げ取り外します。次に右側にあるスポンジで覆われた
バキュームポンプカバーを取り外すとカバーで覆われた配線が
見えてきます。
ポンプ本体に繋がる配線(円形の3極カプラー)の1本
緑のコードをカットしキーレスの配線
(ポンプ側 白、ドアロック側 橙/黒)を取付けます。

コントロールユニットその他の配線

橙と白/黒を接続 黄と黒はアース 赤と黄/黒は12V

※このキーレスキットの場合です。
ですがほとんどのメーカーが共通だったりするかもしれません。。。




DSCN3064
続いて左側のハーネスより黒/緑と黒/白が左右のウィンカー配線なので
アンサーバックを点灯させる場合接続します。



ambientcars at 15:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ドイツ車 

2009年05月11日

サーブ 9-3 DB204 ギャップを超えた時にフロントよりギシギシ異音 修理

DSCN3039







荒れた路面でフロントよりゴトゴト、時にバキバキと不安になる様な
音がする、また高速走行時の安定感が以前より悪くなったとの事で
修理をさせて頂く事になりました。
足回りにガタやショックの抜けも確認出来ず
その他エンジンマウントなども点検してみましたが
異常は見当たりませんでした。



DSCN3035DSCN3036

リフトから降ろし上からじっくり点検しているとアッパーマウントに
ゴムの粉が付着しており異常を発見することが出来ました。
早速新品のアッパーマウントの国内価格を調べたところ
ちょっと高価過ぎまして…お時間を頂きアメリカより社外品を
輸入させて頂きました。部品価格は約1/3で済みました。



DSCN3034







届いた商品は画像の様に所々塗装の剥がれはありますが
全く問題ない良い商品でした。塗装やアライメント調整などの後
試乗に。異音は気持ちよく収まり乗り心地も改善されました。
また高速走行時ホイールバランスが狂った時の様な
ハンドルのブレも収まり直進安定性も元に戻りました。



ambientcars at 12:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スウェーデン車 

2009年05月08日

ゴルフ4 GTX 1JAGU フロント足回りよりコトコト異音 修理

DSCN2993
まずコトコト音の原因はスタビライザーブッシュの
劣化によるものでした。
ありがちなスタビライザーリンクロッドブッシュの
劣化ではありませんでした。


車輌の走行距離は11万キロ、ショックはまだ
抜けておりませんでしたが足回りの動きにしなやかさがなく
車高も前下がり気味でしたので
フロントだけですがゴム類の交換をさせて頂きました。

DSCN2982
フロントショックアッパーマウント(右側が新品です)
このように劣化していると乗り心地にもかなり影響してきます。


DSCN2984
フロントロアアームブッシュ(コントロールアーム)
円形のブッシュには亀裂が見られます。


以上の交換でハンドリングや乗り心地はグンと良くなりました。
ボディ剛性のしっかりとした造りの車輌なのでこのような成果が
しっかりと感じられるのだと思います。またこのような消耗部品が
安価なのもゴルフの魅力のひとつでもあります。



ambientcars at 15:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ドイツ車 
記事検索
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ