2009年05月

2009年05月30日

ブルーバード 510 SSS クーペ 

DSCN3054DSCN3143
気になっていたテールレンズカバーを交換しました。
他にもアーシング、ハーネス、カプラなどを交換し
始動性やプラグの焼けもグンと良くなりました。
こんな感じで時間のある時に少しずつ修理を
重ねていこうと思っておりましたが
お客様からご購入のお話を頂き、来週から
本格的に整備を始めることとなりました。



ambientcars at 13:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 国産車 

2009年05月27日

ロータスヨーロッパ リアブレーキオーバーホール

DSCN3115






サイドブレーキをしっかり引いても車輌を手で
軽々押せてしまうのですが…
ということでお預かり致しました。



DSCN3116






以前引きずりを起こした様でドラムは焼け
ライニングもボロボロでした。
なぜミニの様なホイールシリンダーを使用した
一般的な2ピストンのリーディング トレーリングタイプ
を採用しなかったのか不思議ですが
前側のみのピストンで後側は機械式のタイプに
なっております。



DSCN3133






前側のピストンには固着は見とめられず
後側の調整カムとロックプレートに磨耗と曲がり
がありました。修正を施し幾度となく引きずり確認を
して終了です。サイドブレーキも効くようになりました。

ambientcars at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イギリス車 

サーブ 9-3 DB204 高速走行ブレーキング時ハンドルに振動 

DSCN3109






街中では異常を感じないのですが高速道路での
ブレーキング時、ブレーキペダルにはほとんど
異常を感じないのですがハンドルに振動を感じ
ローター研磨して頂きました。

今回は99モデルでしたが以前01モデルでも同じ
症状がでて研磨したら治まりました。
ローター自体に使用限界の厚さが書いておらず
サービスマニュアルで確認してみると
研磨後の使用限界は23.5mmと
記載されておりました。


ambientcars at 17:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スウェーデン車 

2009年05月25日

ゴルフ4 GTX 1JAGU 時々エンジン不調

DSCN3128






数十キロに1度位でアイドリングが不安定になったり
1500〜2000回転のあたりで息継ぎを起こしたりと
いう症状でお預かり致しました。
テスターでエラーを確認しましたが異常なしと表示。



DSCN3126






目視でエンジンルームを点検したところ
マスターバックからのバキュームパイプに亀裂を見つけました。



DSCN3118








他にもゴム製バキュームホースが劣化し硬化していたり
ゴムが痩せカシメタイプのホースバンドの締め付けが
緩くなっていたりと色々と劣化が確認できました。

すべてを交換してみたことろアイドリングは安定し
これで様子を見て頂くこととなりました。

 



ambientcars at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ドイツ車 

2009年05月23日

ロータスヨーロッパ センターコンソール取付など

DSCN3124



ロータスヨーロッパ スペシャルを内装及びブレーキ修理で
お預かりしております。



DSCN3125






オリジナルから変更されているダッシュボードに合わせて
センターコンソールを加工し取り付けさせて頂きました。



DSCN3120






明日も良い天気になりそうです。



ambientcars at 18:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イギリス車 
記事検索
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ