2011年06月

2011年06月23日

アウディ 4BBASF オールロードクワトロ エンジン時々始動せず

PIC00002
時々セルはしっかり回るのに
エンジンが始動しないという症状でお預かり
させて頂きました。


PIC00001
早速テスターにかけた所、エラーコードが
2点確認出来ました。
まずはエンジンスピードセンサー
(クランクアングルセンサー)のエラーと


PIC00003
左エンジンマウントソレノイドバルブ不良の2点でした。
エンジンマウントにソレノイドバルブが付いている
理由が知りたくなりました。
今回の症状にこの部品は関係なさそうです。

始動不良原因はエンジンスピードセンサーでした。
交換後 色々な条件で始動確認し終了となります。

ambientcars at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ドイツ車 

2011年06月18日

プジョー 206 ボンネット 吸音遮音加工

PIC00016
プジョー206のエントリーモデルには
ボンネット裏の遮音がされてなく
共振が以前から気になっておりました。


PIC00002
早速ゼトロというフェルトの様な
耐熱性のある遮音材を張ってみました。
効果もしっかりと確認でき
だからほとんどのクルマのボンネットの裏には
このような物が貼ってあるのだなぁ と納得できました。


ambientcars at 20:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フランス車 

2011年06月17日

プジョー 206 前期 T14 タイミングベルト交換

PIC00001
以前商品車輌として仕入れた206です。
内装がタン色レザーのめずらしい車輌です。
走行6万キロ、タイミングベルト交換時期でした。


PIC00012
カム側は10mmボルトを使用し固定します。


PIC00010
ウォーターポンプも同時交換です。
前期モデルはオートテンショナーを
採用していないので後期モデルより
早目の交換をオススメします。


PIC00008


PIC00009
エンジンオイル交換と同時に
ワコーズ クリーンプラスを注入し
次回オイル交換までじっくりと
エンジン内部の汚れを取ってもらいます。


PIC00003
シリンダーヘッドにアースを1本増設し
プラグの焼けも良好になり排気音も変わりました。

このほかディスクローター、ブレーキパッドなどを
新品へ交換し車検を取得します。

ambientcars at 10:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フランス車 

2011年06月14日

プジョー 206 後期 T14L4 タイミングベルト交換


PIC00015

車検整備でお預かりさせて頂きました206です。
もうすぐ7万キロということもありタイミングベルト交換も
させて頂きました。


PIC00011


PIC00013
シングルカムのプジョーは大変整備性が良いです。
この車輌は後期モデルの為タイミングベルトテンショナー
がオートテンショナーとなっております。


PIC00012
8mmのボルトを使用しカムを固定します。
ちなみに前期モデルは10mmです。


PIC00014
テンショナーも使用限界まで伸び
ウォーターポンプにも漏れ跡が確認出来ました。

ambientcars at 12:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フランス車 

2011年06月08日

アクティバン HH5 ミッション オーバーホール2

PIC00002
前回からの続きです。
ケースやギヤを全てバラシ、洗油でキレイに洗います。
今回の様に偏磨耗などがある場合は削れた
金属粉がオイルラインに詰まっていたりするので
特に隅々まで丁寧に洗浄します。

組み付け時、ニューテック製の
ハイパーMPグリスを全てのベアリングに詰めました。


PIC00003
新しいシンクロナイザリングは
対策品になっておりました。
右側が3速用のリングになります。
ギヤとの接触面に加工がされております。


PIC00004
今回のオーバーホールで交換した部品です。
部品代だけて3万円を超えてしまいました。。。

ambientcars at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 国産車 
記事検索
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ