2012年02月

2012年02月27日

クライスラー ボイジャー GS33L ウォーターポンプ異音 修理

PIC00001
H11登録 約10万キロ走行の車輌になります。
水漏れは無いのですがウォーターポンプ周りから
異音が出ておりお預かりさせて頂きました。


PIC00003
ウォーターポンプのベアリングがバラけておりました。


PIC00002
若干焼け気味のベルトも交換させて頂き
完了となりました。

ambientcars at 14:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アメ車 

2012年02月25日

サーブ 9-5 エステート EB235 燃料ポンプ故障

PIC00007
01モデル約8万キロ走行の95エステートです
突然エンストしてしまいJAFさんに運んでご来店頂きました。


PIC00008
早速燃圧を測定したみたところ0barでした。


PIC00010
そろそろローターの交換時期でもあります。

今回は燃料ポンプを直輸入させて頂き
純正価格より40%ほど安価になります。

ambientcars at 10:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スウェーデン車 

2012年02月23日

ベスパカー P50 APE50 整備2

PIC00001
まずは油圧式のリアブレーキから。漏れは無かったので
ホイールシリンダーをホーニングし各部点検し組み付けます。
パンダのホイールシリンダーと同じ様なサイズでした。
前後のシュー隙間調整カムを調整します。

PIC00002
フロントは非常にシンプルなワイヤー式です。
ワイヤーに注油しレバーが軽くなりました。

PIC00003
燃料コック〜キャブ間のパイプが紛失ており

PIC00004
部品取りからコック一式交換しました。

PIC00005
手前のレバーを引き始動させます。

PIC00006
デロルト製キャブをオーバーホールしたところ
すんなり始動してくれました。
これからキャブ調整やシフト確認です。

ambientcars at 10:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリア車 

2012年02月18日

ベスパカー P50 APE50 整備

PIC00001
ベスパ APE50を2台整備でお預かりさせて頂きました。
とりあえずエンジン始動から取り掛かります。
 

PIC00003
こちらは部品取りになってしまうかもしれない車輌です。


ambientcars at 10:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリア車 

2012年02月16日

ローバー ポールスミス ミニ XN12A オイル交換

PIC00001
昨年の夏に納車させて頂いたポールスミスミニです。


PIC00003
しっかりと納車整備させて頂きましたので
とても調子良く、トラブルフリーでお乗り頂けております。


PIC00006
エンジンオイルはガルフのBLAZE 15W50を使用し
AT油圧確保の為1〜2リットル多めに入れさせて頂いております。


ambientcars at 19:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イギリス車 
記事検索
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ