2012年12月

2012年12月26日

サーブ 9-5 エステート EB235 エンジンマウント交換

PIC00004
約8万キロ走行の95です。
ハンドルに伝わる振動が大きくなり
今回マウント交換させて頂きました。


PIC00002
今回は一番効果の期待出来るエンジン側の
マウントを交換させて頂きました。
2週間程度お待ち頂きましたが部品を直輸入させて頂き
出来るだけリーズナブルに作業させて頂きました。


PIC00003
取外してみると右側の様に
ゴムが切れてプラプラになっておりました。
交換後は大変静かになり
また気持ち良くお乗り頂けそうです。

ありがとうございました。


ambientcars at 14:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スウェーデン車 

2012年12月25日

プジョー 3EHRFN 307 SW ブレーキパッド交換ほか

PIC00004
約8万キロ走行の307SWです。
ブレーキ周りの整備でお預かりさせて頂きました。


PIC00001
ローター研磨を想定しておりましたが
思った以上に磨耗しており
今回はローターも交換させて頂きました。


PIC00002
フロントローター及び前後パッドはディクセル製です。
交換時はスライドピンやピストンの動きを丁寧に
確認及び潤滑してから組み付けます。


PIC00003
リアパッド交換時は特殊工具を使用し
ピストンを戻します。

ありがとうございました。

ambientcars at 14:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フランス車 

2012年12月22日

B5 1.8T パサートワゴン 油圧センサー交換

PIC00006
パサートワゴンのオイルプレッシャー警告灯
点灯でお預かりさせて頂きました。


PIC00005
オイルプレッシャーセンサーの
故障が原因での点灯でした。

ありがとうございました。

ambientcars at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月20日

アルファロメオ 146 930A534 クラッチレリーズシリンダー交換ほか

PIC00001
先月の車検時にはクラッチレリーズシリンダーの
オイル漏れは確認出来なかったのですが

PIC00004
ブーツが濡れているのを見付け
交換させて頂く事となりました。

PIC00001
新品部品は取り付け前に1度バラし
確認してから取り付けます。

PIC00005
その他冷間時セルの回りが悪いという症状もあり

PIC00006
セルをバラしてコンミュテーターを磨いてみましたが
それほど改善されず147用の程度の良い中古が
ありましたのでそちらと交換させて頂き

PIC00003
バッテリーターミナルも交換させて頂いた所
元気にセルが回るようになりました。

PIC00004
最後に切れていたエアコンやシガーの
電球を交換し完了となります。

ありがとうございました。

ambientcars at 11:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリア車 

2012年12月18日

マセラティ グランツーリズモS パンク修理

PIC00003
先日リアタイヤを交換させて頂いたばかりなのですが
空気圧の警告灯が点灯するとの事で
お預かりさせて頂きました。


PIC00002
パンクはフロントタイヤでした。
ゆっくりとした空気の抜け方からして
何かが刺さってのパンクとは違うと考え
丁寧に確認してみると側面の合わせ目から
数十秒に一回気泡が浮いてくるのが確認できました。
ビートを落として確認するとそこには
タイヤのバーコードシールがありそれを剥がすと
エア漏れが治まりました。

ありがとうございました。

ambientcars at 14:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリア車 
記事検索
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ