2017年07月03日

サーブ 9-3 DB204 ステアリング異音 修理

007





ステアリング操作時にパキパキ音がするという
症状でお預かりさせて頂きました走行約8.5万キロ
走行のサーブ9-3です。

003





右ハンドルという事もあり
バルクヘッドのクラックでした。

002





隙間から覗くとやはりクラックが

007





外しにくいマスターバックを外すし
シールを剥がし

009





この場所と下側のクラック箇所に
対策用の補強プレートを溶接しました。
またホイールハウス内にもクラックが
確認できました。

002












溶接後に防錆塗装をして完了です。

004





ステアリングラック取り外し時に
インナーブッシュの劣化も確認でき
交換させて頂きました。
純正の部品設定がステアリングロッド一式となります。
部品の国内在庫が無かったのでアメリカより
社外ブッシュのみのキットを輸入し交換させて頂きました。

ありがとうございました。


ambientcars at 17:41│Comments(0)スウェーデン車 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
人気ブログランキングへ