フランス車

2020年10月03日

シトロエン DS4 B7C5F02S VVT OCV オイルコントロールバルブ 交換

011





オイルコントロールバルブ不良で
お預かりさせて頂きました
走行約5万キロのDS4です。


010





鏡を使用しエンジン裏側から
ビス留めされているバルブを
取り外します。


009





新しい純正部品にはメッシュフィルター
が付いておりました。

ありがとうございました。


ambientcars at 16:08|PermalinkComments(0)

2020年09月08日

シトロエン DS5 B85F02 エンジン始動しない 修理

001





突然始動不良になってしまった
走行約5万キロのDS5です。

012





原因は燃料ポンプでした。
ただタンクやマフラーを外すのが
大変な作業なので今回は
下へずらす事で隙間を作り
ポンプを交換しました。

014





新しいポンプへ交換し漏れなどを
丁寧に確認し完了です。


ambientcars at 11:45|PermalinkComments(0)

2020年09月02日

シトロエン DS4 B7C5F02S エンジンチェックランプ点灯 修理

006





エンジンチェックランプが点灯し
お預かりさせて頂きました
走行約5万キロのDS4です。

008





1つ目はオイルポンプソレノイドの
エラーコードでした。オイルパンと
右ドライブシャフトを外します。

007





こちらのソレノイドバルブを
新品へを交換させて頂きます。

もう1つのエラーコードはカムポジションの
ズレを指摘するコードでした。カムポジション
センサーは問題無く、カムチェーンテンショナーを
取外しSSTを取付けカムチェーンの伸びを確認しましたが
使用限界までまだ伸びておりませんでした。
023





ヘッドカバーを取外しSSTを取付けようとすると
画像の様にカムタイミングのズレが確認出来ました。
プーリー位置の調整で直りそうでしたが
お客様のご希望で今回はカムチェーン一式を
交換させて頂きました。

025





意外と部品も安価で
作業もし易いエンジンの造りです。

交換後丁寧に確認させて頂き完了です
ありがとうございました。


ambientcars at 11:46|PermalinkComments(0)

2020年03月06日

シトロエン エグザンティア オートマオイル漏れ 修理

026





オートマオイル漏れで
お預かりさせて頂きましたエグザンティアです。


024





オイル漏れはデフシールからでした
丁寧に交換させて頂き完了となります。

ありがとうございました。


ambientcars at 10:35|PermalinkComments(0)

2020年02月27日

シトロエン DS4 B7C5F02S 6EGS 納車整備

012





走行約5万キロのDS4
6速ESGのモデルです。

001





まずはエアコンフィルターを
交換させて頂きました。

003






004





他にエアフィルターやスパークプラグ

010





切れていたインテークパイプや

018





フロントディスクローター ブレーキパッド

019





異音の出ていたエアコンコンプレッサー

021





ガス漏れしていたバルブ

023






016












ミッションオイルはニューテック
UW75を使用させて頂きました。

014





EGSはオイルタンクを取外し清掃
作動オイルはペトロナス チュテラ
CS SPEEDを使用させて頂き
丁寧に納車整備させて頂きました。

ありがとうございました。


ambientcars at 10:51|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ