JAM2
 かんだ♡みのり

 ライブサポート
 (ギター、バンマス、同期制作)


 新宿JAM 5公演
 2013年 6月







いやー濃い6月でした☆ がっつりライブサポートさせて貰いましたよ♪

「かんだ♡みのり」さんは東京藝術大学の美術学部、先端藝術表現科に在籍中の女子大生です。
えーとですね…説明が難しいのですが、、、奇才です(笑)。アートです。

たしかボブ・ディランだったと思うのですが、どうしてそんな歌詞が書けるんだ?という記者の質問に対して、
『オレはただ鉛筆を動かして紙に書いただけだ』と言ったそうです。
つまり、自分の内側から湧き出る言葉を書いてるのではなくて、
世の中のインスピレーションを取り込み、自分というフィルターを通して紙に吐き出しているだけだ、と。

ボクはこれは凄くアーティスティックなことだと思うんですよ。
そこには個を超えた深淵があって、だからこそ皆がそこを覗いてみたくなる訴求力があるというか。。

実体が見えない、徹底的に表現フィルターな感じ。
底というか天井というか、そういうのが見えない感じを彼女から感じました。
まだ表現自体は粗いのかもしれないですが、文字通り底知れなくて、非常に面白いなーと。


JAM3
















ライブサポートのオファーが急だったこともあり、昨年12月の松元治郎ライブを始め、よく一緒にプレイしてるメンバーで臨みました♪
(ベース:小本さん、ドラム:増井くん)
阿吽の呼吸というか、1を言ったら5くらい理解してくれる感じが心強いですね。
(三段オチの流れとかw)

あと個人的にはKramer "照り焼き"をライブに初投入しました。
リハやライブ初日は間違いのないSuhrでやったのですが、きちっとアンプの出音やオケ中での位置を比べてみて、今回はKramerでハマるぞと。
結果もバッチリでした☆

今回は5公演でひと区切りでしたが、またサポートできる日が楽しみです。