2012年03月17日

Keplerの新AA手法TXAAや、ダイアグラム、GTX 680のベンチなどについて

GeForce GTX 680についてです

・NVIDIA's New AA Algo is TXAA, Adaptive V-Sync and New 3DVision Surround Detailed  by techPowerUp!
・GK104 Block Diagram Explained  by techPowerUp!
・GTX 680 Generally Faster Than HD 7970: New Benchmarks  by techPowerUp!
・Kepler GK104 Block Diagram Detailed – NVIDIA to Intro TXAA Anti-aliasing, Adaptive V-Sync and 3D Vision Surround  by WCCFTech
・NVIDIA Kepler GeForce GTX 680 Gets Benchmarked – Blows away the HD 7970  by WCCFTech
・ZOTAC GeForce GTX680 2GB Listed Online for €507  by WCCFTech


Keplerから採用されるNVIDIAの新AA手法はTXAAと呼ばれるとのこと
TXAAでは2xMSAA並みの負荷で、16xMSAA並みの画像品質を実現するそうで大きく変わりますね
また、より負荷の大きいTXAA2でも4xMSAA並みの負荷で、16xMSAA以上の品質を実現するとのことです

この他、ディスプレイのリフレッシュレートを下回ることにより映像がカクつくのを、OCすることにより解決するAdaptive V-Syncや、最大4画面まで対応できる3D Vision Surroundにも対応しているとのこと
また、両者を組み合わせることで多画面で最も視線が集まる中央の画面のみフレームレートを上げることも可能だとのことです


GK104のブロックダイアグラムもリークしており、256bit/GDDR5 2GB/1536sp/128TMUs/32ROPsであることが分かりますね
28nmプロセスを採用しており、ダイサイズは295平方mm、PCIe 3.0サポートとのこと

構成を見ると、Graphic Processing Clusters (GPCs)が4つ、で、各GPCの中には2つのstreaming multiprocessors (SMX) が含まれます
SMXではPolyMorph 2.0 が搭載されており、192spと4ROPsが含まれ、合計1536spという計算になります


さらに、GeForce GTX 680のベンチもリークしています
GTX 580やHD 7970と比較されていますが、GTX 580を大きく上回り、HD 7970も1割前後上回っているのが分かります
しかも、消費電力はHD 7970を下回っており、発熱に関してもGTX 580やHD 7970より抑えられており、この通りであればかなり優秀ですね

また、クロックに関しては通常時は706MHzとなりますが、高負荷時には1006MHzまで上げられるそうで結構変わりますね
メモリクロックは6008MHzとなっており高いですね


ZOTAC製のGeForce GTX 680がリストされており、価格は税抜きで426ユーロ(約4.7万円)となっています
製品名はZOTAC GTX680 2GB DDR5 256bit 1006 6008HDCP Dual DVI HDMI DP
それほど高くはない印象で、クロックは1006MHz/6008MHzと予想できますね








◆各サイトでキャンペーン実施中でお買い得に!BTO PCの購入◆
ドスパラツクモワンズクレバリーFaithiconソフマップHPLenovo

◆各サイトで在庫あり!Radeon HD 7970/7950の購入はこちらから◆
ドスパラツクモワンズクレバリーソフマップアーク

◆i7 3930Kの在庫も増加!、SandyBridge-E(Core i7 3000)購入はこちらから◆
ドスパラツクモワンズクレバリーFaithiconソフマップアーク

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by kgh   2012年03月17日 11:51
元々ミドルのダイにしては高性能だな
NVにしたらKeplerはエクサスケールのための通過点でしかないわけだが

しかしこの発表の事前情報あったっけ
2. Posted by aix   2012年03月17日 14:50
消費電力は3DMark 11 Performance時と考えるとワットパフォーマンスはかなり上回る印象になりますね。
ちょっと予想を超えてました(笑)

25%〜アップのパフォーマンスで、消費電力は30W以上、シーンによっては120W低い場合もあるようで平均的に50〜60W近くは低そうですね。
3DMark11に関してはほぼHD7950と同程度のピーク消費電力で、1.5倍近いパフォーマンスが出ていることになりますが、ゲーム系ではここまでの圧倒的な差はでないでしょうけどそちらも期待できそうなデータですね。

706〜1006MHzということですが、余力はしっかり残してそうな消費電力ですね。
ユーロではHD7950とほぼ同価格のようですが高くなりそうな感じがするので、あまり速くなさそうなDX9系ベンチでどこまで叩けるかでしょうね(笑)
3. Posted by tさん   2012年03月17日 17:41
GeForceで4画面出力とは
QuadroNVSの立場は・・・
4. Posted by aix   2012年03月17日 19:37
14:50に書き込んだのが120W低いって書いてますね(笑)
自分でびっくりしてしまった。
あきらかに70Wの間違いでした。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 


Latest Articles
Recent Comments
About The AMD's Cafe
当ブログについてはこちらをご覧下さい


Only Japanese version available.
Please translate here.



 


人気ブログランキング - The AMD's Cafe











    ソニーストア

    ビックカメラ.com

    livedoor Readerに登録
    RSS
    livedoor Blog(ブログ)