2016年02月

2016年02月01日

見た目もあんまり変わってない

image

James Kirkの「You Can Make It If You Boogie」

オレンジジュースの初代ギタリスト。独特なギターと独特な声で、作る曲も個人的にはエドウィンコリンズよりもツボな人だった。エドウィンさんももちろん好きだけど!

ポストカード(レーベル)時代とメジャー一作目でオレンジジュースを脱退して、少し活動したあとはずーっと引退状態で、これは2003年にフワッと出した、20年ぶり(⁉)のソロ作。

驚くべきは、音楽性が全く変わっていないこと。なんか独特なギターポップ。
声も全然変わってない。
「ファーストは勢いだけだったけどセカンドは落ち着いた楽曲も増えたな〜」ぐらいのレベル。

マイペースに自分の好きなもんを作った。それがたまたま20年後だっただけなんだろうけど、すごく感動する。
これはいいCDだと思いました。

そろそろまた出してくんないかな〜

ame128 at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)CD 
記事検索