タイトル6

【ありみ】

 
 チャノクがボロボロになって帰ってきた・・・
 でも、あれは「未遂」なのよね。
 チャヌもチャニョクもそう思ってないみたい・・。
 だから、あんな敵討ちを・・・!

 母親代わりのヌナを思う、弟二人の気持ちが、痛々しいよ〜!
 (私も欲しい・・・あんな弟・・・ムフフ)

 チャニョクも暴れるなら、場所を考えなきゃー・・・
 すぐに、ばれちゃうじゃん!
 (やっぱり、チャヌの方が、頭はいいんだよね)

 もしも、ビョンテを呼び出して、映画館とは関係ないところで、やっつけてたら、追われる立場にならなくてすんだのに・・
 チャニョク、考えが足りないよ!(チャニョクファンの方、ごめんなさい!!)

チャヌヤ〜、靴紐いつもほどけてるけど、転ばないようにネ〜
 (余計なおせっかい?)

 しかし、なんと兄弟思いなの・・・ククク
 そして、いつでもどこでも、最大限の友情を示すドンバル!
 あんたはエライ!!

 でも悔しいよね〜
 ビョンテのことを話せば済むことなのに、ヌナのことを思うと、話せないなんて・・・
 結局、誤解されたまま・・・
 
 青江美奈は、またヒステリー起こすし!

 そして、リンチにあうチャヌ・・・!
 なんて口が堅いんでしょ・・・(*^^*)

 でも これで、兄ちゃんの苦しい逃亡生活が始まるのよね

 好きなヒトが 兄を想って泣く姿を見守るチャヌ・・・
 切ないのよね〜

 こんな場面ですが、最後のチャヌがタバコを姿にウットリ・・・

 次回はチャヌが、誤解を受けて、またまたリンチに・・・!
 可哀想だよん
 チャヌヤ〜〜



【あめだま】

やっと、お兄ちゃんが美大に行く決心をして、これからうまくいくはずだったのに、、

お姉ちゃんを見つけて、おぶって帰ったチャヌ。
唇をかみしめて、半分泣いている。たらいまで蹴っちゃった〜。(ちべたっ!byたらい)

目を覚ましたお姉ちゃん。ここからチャヌがお姉ちゃんの手を握り、怒ります。

チャヌ「誰なんだ!?」
姉「チャヌ〜〜〜〜〜」
チャヌ「『あの人』って一体どこの誰なんだ!」
「兄さんは黙ってくれ!」「シンジャも帰ってくれ!」
「姉さん、しっかりしてくれ、質問に答えてくれ!」
「喫茶店で誰と会って、この後どこへ行ったんだ!」
「いや、誰の仕業かはっきり教えてくれ!」
「名前を言うんだ、どこのどいつだよ!」
「映写技師のピョンテなんだな!そうなんだな!」姉「ぐううううううううーーーーーー」
チャヌ、頭をかきむしる。

お兄ちゃんもお姉ちゃんを抱きしめて、「大丈夫? 大丈夫!」っていうんだけど、
結構乱暴に顔を両手でつかんで、グルングルンと慰めるんです。
チャヌも連れて帰ったとき、お姉ちゃんの足持って、引っ張ってるし、大丈夫じゃないぜ〜〜、弟達〜〜もそっとやさしくね。

も一つお兄ちゃん、目を覚ましたお姉ちゃんをなんとか慰めようと肩に手をかける、
この時に思わず服がめくれて、肩と下着が丸出し〜〜。に、演技しながらあわてて服を上げるんだけど、
お兄ちゃん、目が泳いでるんですって、、、、(←まじめなドラマなのに余談でした。ミアネ!)

次の日、台所で働くお姉ちゃんの気配で起きるお兄ちゃん、
チャヌは寝てるのよ〜。それが緑サテンのキラキラ枕とお布団に、うつ伏せになって。
(TmT)ウゥゥ・・・なんてかわいい寝相、上からのっかりたい(とおー!!!、ドスンッ!!)うえっ!

痛々しいのにけなげなお姉ちゃんを見て、とうとう爆発した弟二人!

お兄ちゃんを助けようと頑張るチャヌ、この時アップが多くて、心臓バクバクしながら見る私達、
手に汗握るシーンです。もう、凛々しくって、カッコよくって、
ドアを押さえて、「早く逃げろーー!」って歯を食いしばって、顔をゆがめて、力いっぱいに頑張るチャヌ、

でも、ドアごと壊されて、その下敷きになり、踏みつけられた〜チャヌ。その顔までもいとおしいよーーー。

お兄ちゃんのかわりに捕まって、殴られて、どんどん顔がつぶれて、血だらけになっていくヨレヨレチャヌ。なのにどこまでもうつくしーーー。きゅーん!!!母性本能をくすぐられっぱなしー

そう、そう、あの壁にもたれて暗闇に浮かぶチャヌ。暗闇チュンサンに負けないくらいうっとりするわ〜。

ゲゲ、そうだった。またまたリンチチャヌ、どこまでも苦しさは募るばかり、「初恋」はヒョギョンのわがままで始まり、わがままで終わるドラマと思ってたけど、実はお姉ちゃんがちゃんと喋らなかったのも、このドラマの始まりだったんだ〜〜。納得の6話です。


















































順番は結構いい加減だったりします(;^_^A
ありみさんがいっぱい送ってくれた画像です〜〜〜

ありみさん、いつもありがとう。助かっておりまする^^