タイトル12





【ありみ】


 とうとうシンジャも、ソウルに引っ越してきて、オールスターキャスト(?)が揃います!

 しかし、チャヌの家庭教師ぶり・・・。すぐに手が出るところは、昔のクセか・・・?

 そして、ワンギは相変わらず、身内に迷惑かけてるしぃ〜。
 (姉ちゃん、ワンギに甘すぎ!だから、全然成長しない!!)

 シンジャのお母さんは再婚したんだね。
 ウェディングドレス姿の写真を見て、アブジ、ちょっと(いや、とっても)ショック!
 本当に好きだったのね・・・。

 チャヌは頑張ってるよ。
 バスの中でも、テキストと首っ引きで、終点に着いても気が付かないなんて・・・。

屋根裏部屋で勉強している時、まさかシンジャが階段を上ってきたとも知らず、つい本音を言ってしまうチャヌ・・・。
 「シンジャの奴、用も無いのに、勉強の邪魔しにきやがって・・」
 おいおい、一度口から出た言葉は、もとに戻らないのよ〜。
 チャヌとシンジャは、小さい頃からの喧嘩友達だから、余計に両者とも譲らない・・。
 困ったもんだ・・・。
 (でも、シンジャみたいに、チャヌと喧嘩してみたいかも・・・*^_^*)
 
 ソッキの初DJの声を聞いて、パク先輩は惚れこんじゃうのね。
 近い将来・・
 パク先輩→ソッキ→チャヌ
 ・・・になるとも知らないで・・・。

 カン夫人も懐の大きな女性で、イ社長も悪い人間じゃないような気がする。
 やっぱり、ワンギと姉ちゃんが、悪の権現か!?(もちろん、ビョンテは、忘れません!)

 ウーン、物知りソクチンさん、ヒョギョンのために、本気でチャニョクを探す気になったけど、これでよかったのかしら・・・。
 このまま、二人が会うことがなければ、これからの悲劇は無かったと思うし・・・。
 「ソクチンさん、お節介はやめて!」っていいたいかも・・・。

 でも、そうすると、ドラマも終わっちゃうし、チャヌのカッコいい場面も見られないから、頑張ってもらおう!

 そして、シンジャはやっぱり、家出だった!
 ドンバルの機転も空しく、ほんの少しで行き違い・・・。

 この頃のチャヌは、自分の勉強のことしか頭に無いみたいなのよね〜。
 まぁ、貧しい家庭を思えばこそなんだろうけど・・・。

 それでも、ヌナには優しいのね・・・。
 頭、ナデナデしてあげたりして・・・。
 (今回もしつこく、「ヌナになりた〜い!」)




【あめだま】




> とうとうシンジャも、ソウルに引っ越してきて、オールスターキャスト(?)が揃います!
ちゃっかりとソウルへやってくるシンジャ、そうなのよね。すでに見てしまっていると、このシンジャが悪い子に見えない。一生懸命お兄ちゃんに自分のことをアピールしている。ま、いろいろと迷惑はかけるけどね。あのヒョギョンに比べりゃかわいいもんよ。

私は、もうこのあたりから応援することに決めたからね。(大丈夫か?ちょっと早過ぎか?)

そして、家庭教師チャヌ、やっぱり走ってるのです。教えている生徒を叩いたり、つついたり、それはうれしそうよ。目が笑ってる。口元も緩んでる。

そうそう、ワンギはずっとみんなに迷惑かけて、家族のお荷物なわけよね。でもね、やっぱりお姉ちゃんは弟がかわいいの。特にできの悪い弟ほど、面倒見てやりたくなるの。(青江ママ、大変だね。)

チャヌアボジはシンジャママの結婚に少なからずショックだったよね。
屋台でもちょっとタバコ吸いに出て、「なんてこった。忘れろ、どうせ高嶺の花だったんだ。」って自分に言い聞かせる。でもね、後でシンジャママが来るってお姉ちゃんにしゃべってるの聞いただけで、目が輝くのよ。

そう今回はチャヌはずっと勉強だったね。レポート提出と試験が重なって大変そうだった。あの屋根裏のお勉強チャヌはいつもうつす角度がきまってて、あそこに一緒にいる感じ、横で付き添っている感じで、はずせないのよ。

屋根裏で、シンジャに悪口言っちゃうし、お姉ちゃんにもそっけないし、でもね、「コーヒー入れて、ヌナのコーヒーは世界一だから」って言われて、お姉ちゃん、うれしくて、で階段の天井に頭をぶつけるの。

「ヌナ、ケンチャナ〜?」すぐさま飛んできて、肩に腕に手をやって、頭をナデナデ、おおおおーーー、やっぱりヌナは役得〜!

ソッキ(=チェジウ)は今回DJデビュー、放送部デビューね。こんなところから、もうすでに準備しているとは将来の大物女優だわ。

それと、デジャブな場面、ソクチンとヒョギョンがドライブデート、その時に「予備校をサボってきたなぁ」「こんなに美しいまわりの世界を見て・・」って、お、お、お、、、どっかに似た場面があったような〜。

これからの展開に大事な場面はいくつもあったのに、私は毎回変なところが気になってさ。(あら、知ってた?)

シンジャがお泊まりした月ぎめ旅館、廊下の柱にむきだしで、トイレットペーパーが吊るしてあるの。紐でね。そして、シンジャのことでチャヌの家にやってきた、シンジャママ、よく見るとトイレットペーパーを前において泣いてるのよ。

韓国のドラマではよくあるのかな。(ひなたでも見たわ)
極めつけはシンジャを探して、トイレを開けまくる。
おねーちゃんが入っているのに、無理やり開けるーーーーー。そのお姉ちゃんもトイレットぺーパー抱えてた。でもドンパルあんたは開けなくていいから、、、女子トイレだし、、、、(ちょっと覗きたかったか?)(^_^;

そして、さあ〜!最後はソクチンがチャヌを探しに大学にやってきたわよ〜。チャヌどうする!見つけられるか。ソクチン!

またまたトイレットペーパーになりたい初恋でした。
違った〜!ヌナになりたい初恋12話でした。


http://www.geocities.jp/akipokopeko/hatukoi/h12/h12.html
↑おまけです。