v21







【ありみ】


 チャヌに謝って欲しいというソッキ(討論会に欠席したこと)
 謝る理由に心当たりがないというチャヌ(引き受けてないもんね)
 ソッキがどんなにイヤミを言っても、取り合わないチャヌ。 

仕方ないよね、この時は彼女に興味なかったんだもん・・。


 ヒョギョンはソクチンに家庭教師になってもらうのは恥ずかしいというけれど、イ社長が直接ソクチンに頼んでしまうのね。  

その頃、ヒョギョンは大学にチャヌを訪ねる。 お茶を飲みながら話す二人は、もうすっかり友達モード。 チャニョクとの再会を喜ぶヒョギョンに、美大を目指すように発破をかけてくれというチャヌ・・。  

腰を痛めて寝ているアブジのところに、(本当はチャニョクのところに)、工場で住所を聞いたヒョギョンが訪ねてくる。 

そして、チャヌに言われたように、チャニョクに美大を薦めるのね。 屋根裏部屋で、感極まって、きつく抱き合っているところを、チャノクが見てしまう!

 ああ、チャノク・・ドキドキ・・。  そこにチャヌが帰ってきて、アブジに呼ばれる。  
「ヒョギョンの家はヤクザと繋がりのある家だ。 たとえ、お前が司法試験に合格して、釣り合いのとれる身になっても、あの家はダメだ。」  

チャニョクとヒョギョンの恋愛を応援するチャヌとしては、何も答えられない・・。 チャヌが困っている(たぶん)のに、ヒョギョンにファーストキスをされて、にやついている兄貴。 

なんで、チャヌばかりが、悩まなきゃいけないのよ〜〜! ・・・と思ったら、にやついた兄貴にアブジに言われた事を、ちゃんと話しました・・チャヌは・・。 

「大丈夫だよ、何とかなるよ」 
いいなあ、このポジティブな考え方!  

ソクチンさんは、家庭教師を依頼されたことが、カン会長に知れて、「失礼です!断りなさい!」  

シンジャは、チャヌとチャニョクの心配をよそに、元気はつらつで洋服を売って働いてたの。  そこを、偶然買い出しに来たドンパルに見つかって、逃げる逃げる!! 

シンジャー! もう、誰も怒っていないから、逃げなくてもいいのよ〜〜!!



【あめだま】


またまた今回の題名が「ファーストキス」ほほ〜意味深だわ。


では、はじめましょう。 校舎の屋上で、ソッキとチャヌが向かい合って、、(ここでファーストキス?んなばかな)

討論会のことを謝って欲しいソッキだけど、チャヌは引き受けたつもりもなく、(でもちゃんと断らなかったよね、ごみ箱に捨ててたし、)

鈍感、健忘症っておもいっきりチャヌにイヤミいってる。 チャヌは司法試験病って返してた。秩序と正義を守る人になるんだってね。

そのあと本当は出世したいだけよね、って言われ、そうだよって笑うんだよ。


ワンギはスーツもちょっとカッコよくなり、仕事も今は楽しいらしい。でも、在庫管理もままならないのはこれから心配だな〜。


ヒョギョンはチャヌの大学を訪ねてくる。「チャヌや〜」チャヌはキョロキョロするのね。ヒョギョンをみつけて、ニコニコうれしそうなチャヌだった。

喫茶店でヒョギョンに「心がわりせずに、お兄ちゃんを好きでいてくれてありがとう。」
でも本音は失望したんだろうって言う。幻滅して、再会だけで満足せずにチュンチョンの頃に戻って欲しいとも。。。

ずっと二人には一緒にいて欲しいから、美大にいくように、お尻を叩いてやって欲しいってね。


チャヌは気持ちが成長して、二人を支えて応援するところまでいったんだな。


ギターの先生はぼろぼろの屋台を心配して、家に来てくれる。慰問公演といって、ギターで歌まで一緒に歌ってくれるし、優しい先生にまたお姉ちゃんはメロメロ。


ヒョギョンは家を探してやってきた。ビックリして、またまた目が大きくなるお兄ちゃんだ。 チャヌとVIPしか飲めないというコーヒーをもらって、チャヌとの約束を守るために、美大にいって欲しい。約束して欲しいって、小指を出すヒョギョンに、お兄ちゃんはためらいながら、、、両手で包んでだきしめちゃったよ〜〜〜。


「おまえのために、チャヌのために、父さんや姉さんのために愛する人のために必ず、、、」
そこへお姉ちゃんがリンゴを持って上がってきた、キャ〜〜、見ちゃった。頭をぶつけながら下へ逃げるように下りていく。

チャヌが帰ってきてもどきどきしてるみたい。リンゴばかり食べていた。
チャヌは帰るヒョギョンに「おれ達は昼間デートしたもんな〜」とか言ってる。いいな〜言われてみたいな。

その前にデートしたいな。そうだ、チャヌはデートの時なぜか牛乳だった。飲み方がかわいいの。取っ手を向こう側にやって飲むのよ。もう1度観て来よう。

ヒョギョンとのことをちゃんと話したいお父さん、チャヌは付き合ってないけど、勘違いのままなんだよね。やくざな連中の家だから、たとえ、釣り合いがとれても、止めろといわれる。

お父さんはあの家のことちゃんと見てたんだね。

ヒョギョンを見送っていくお兄ちゃん、ヒョギョンにちょっとって言われて暗がりへ連れて行かれる。ヒョギョンここで何するのー?

あれ〜ヒョギョンからキスしたーーー。

これがファーストキスだった。呆然とするお兄ちゃん。唇をかみしめ、手でわさる。スキップしながら家に帰っていったよ〜。


お父さんの気持ちをお兄ちゃんに伝えるチャヌだけど、いつか本当のことをいって許してもらおう。と前向きな考え。
でも、にやけたお兄ちゃんを見逃してなかったよ。
優しいからシンジャのことも心配してたんだね。

市場で買い物をするドンパルは、シンジャを見つけて追いかける。シンジャも走る。靴を脱ぎ、手に持って速い速い、シンジャもルパンになってるよ〜〜。




(m(_*_)m ごめんちゃい、まずは、書いてる所まで談義あげることにしました。 
おまけは、、また、いつかってことで、許してちょ(`□´)コラッ)