May 22, 2008

裁判員制度:司法解剖の遺体写真、裁判員にはイラスト−−法医学会と最高検

 

 ◇心理的負担に配慮

 来年5月に始まる裁判員制度で、日本法医学会(理事長・中園一郎長崎大教授)と最高検は、市民から選ばれる裁判員の心理的負担を軽くするため、遺体の写真の代わりにイラストやコンピューターグラフィックス(CG)を使った立証を積極活用する方針を決めた。(14、15面に裁判員制度特集)

 事件性が疑われる遺体の死因を究明する司法解剖の結果は鑑定書にまとめられ、裁判の証拠になるが、残酷な遺体や傷の写真も添付される。難解な専門用語が並ぶことも多く、学会と最高検は昨年7月に研究会を作り、司法解剖の結果をいかに裁判員に説明するか協議してきた。

 遺体や傷の写真は裁判員にショックを与える恐れもあることから、代わりにイラストを鑑定書に添付したり、鑑定医が法廷で証言する際にCGを使う案が浮上。学会内には、傷ができていく過程を連続イラストで表すアイデアを提案する学者もおり、裁判員が目で見て分かる説明方法が検討されている。

 また、学会は、司法解剖の結果を裁判員に分かりやすく伝えるため、初めての一般向け法医学用語集の作成にも乗り出した。今年3月から、裁判員が参考にできる法医学用語集の作成を開始。鑑定書に登場しやすい「死斑」(重力の作用で血液が下がることによって遺体の表面にできる変色)▽「絞頸(こうけい)」(ひも状のものを首にめぐらせ、手などで絞めて圧迫し、窒息させる)といった用語を分かりやすく解説する作業を進めている。

 約1500語を盛り込んで来年3月までに完成させ、市販や裁判所への納入も検討している。執筆者の一人の福永龍繁・東京都監察医務院長は「裁判員制度を見据えた用語集だが、一般の方が法医学への理解を深めるためにも有用と考えている」と話している。【伊藤一郎】

==============

 ■ことば

 ◇裁判員制度のスケジュール

 来年5月21日にスタート。同日以降に起訴される重大事件が対象で、年間3000件前後と想定される。初公判の6週間前までに呼び出し状を裁判員候補者に送るため、最初の裁判員裁判は来年7月下旬〜8月上旬の見通し。

毎日新聞 2008年5月21日 東京朝刊

検索:


amenohigurashi
posted at 01:31

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 事実に、率直に(五月二日は何の日?)  [ スーパー新一年生 ]   May 22, 2008 05:29
 五月二日は、善枝ちゃんの遺体が埋められた時刻を「五月一日の午後九時頃」とする石川さんの(誘導による)「自白」を覆し、実際には、二日の午前二時五十分に雨が上がったあとであったとしはん、その他から証明される日に当ります。降雨についての証言午後 時航空自衛...
2. 事実に、率直に(五月二日は何の日?)  [ スーパー新一年生 ]   May 22, 2008 05:34
 五月二日は、善枝ちゃんの遺体が埋められた時刻を「五月一日の午後九時頃」とする石川さんの(誘導による)「自白」を覆し、実際には、二日の午前二時五十分に雨が上がったあとであったとしはん、その他から証明される日に当ります。降雨についての証言午後 時航空自衛...
3. 狭山事件における法医学鑑定に関する一考察  [ 今日の六法 ]   May 22, 2008 05:41
『狭山事件における法医学鑑定に関する一考察』 庭 山 英 雄 より 法医学書の間でほぼ一致した見解は,〓死後あまり時間が経過していない時は,死斑は移動する。体位を転換すると,それまで出ていた死斑は消失し,新たな下位に死斑が発現する。〓死後6ないし8時間く...
4. 刑訴法447条2項  [ 今日の六法 ]   May 22, 2008 05:45
♣「悪」条文?「真実」の失墜?「趣旨」はどこに・・・ ♠少なくとも、狭山事件では、再審棄却の文言の常套句となっているように思われます。 (昭和二十三年七月十日法律第百三十一号)  刑事訴訟法第四百四十七条 第二項 ○2前項の決定があつたときは、何人...
5. 資料室―狭山事件の資料室  [ Newscrapbook ]   May 22, 2008 05:46
  最高裁判例 平成14(し)18 再審請求棄却決定に対する異議申立棄却決定に対する特別抗告事件  平成17年03月16日 最高裁判所第一小法廷 決定 棄却 東京高等裁判所 高裁判例下級裁判例 昭和52お6 再審請求事件昭和55年02月05日 東京高等裁判所 ...
6. 狭山事件第2次再審請求・特別抗告棄却決定文を読む  [ 今日の六法 ]   May 24, 2008 06:48
♦第2次再審請求・特別抗告棄却決定(2005.3/16最高裁判所)より抜粋 http://www.asahi-net.or.jp/%7Emg5s-hsgw/siryou/sayama_jiken/2tokuki.html 2 脅迫状の記載訂正前の金員持参指定の日付について  所論は,新証拠である大塩達一郎作成の昭和54年3月20...

コメントする

名前
 
  絵文字