35 PM)

※削除されていた動画を再び掲載しました。

チェルノブイリ原発事故が起きたのは1986年。その2年後の1988年に行なわれた、「原発」をテーマにした「朝まで生テレビ!」は歴史的な番組だった。原発の推進側と反対側は一同に介した、日本で始めての討論だ。反対側の中心人物は広瀬隆氏。技術論を中心に激しい討論が繰り広げられた。広瀬氏はこの番組後、推進派から相当の圧力を加えられることになる。

'88年 朝まで生テレビ!「原発」第2弾!動画15本まとめ…ウソつきは誰だ?

と合わせてどうぞ。

以下、動画を並べながら、動画の説明や、筆者の感想を書き記す。これは随時行われる、ご意見や補足情報などがあればご教授頂きたい。

番組冒頭から田原総一朗の目がマジだ。前半で、安全論。後半で一般論。第一部は、3つのテーマ。チェルノブイリ事故が日本で起きるかどうか。2つ目はトイレのないマンション問題。核廃棄物の処理はできるのか。3つ目は牛乳は本当に飲めるのか、という汚染の問題。 広瀬氏がなぜ原発で反対かを語った。推進派の論理は2度のオイルショックをうけたもの。討論はいきなり広瀬氏がみずからの著書の内容の誤りを謝罪して始まった。

熱疲労と、脆性破壊の話題。推進派の主張に「たぶん」「恐らく」「詳しくは存じ上げませんが」がまじる。当事者の推進派があいまいな答弁を繰り返している。消費者を大切にする民間企業では、ありえないことだ。

米企業ウエスティングハウスの指摘をうけてようやく、関西電力がネジのひび割れを発見したことを、関西電力はなんとかごまかして答弁した。しかし、反原発派はもちろん、推進派の石川迪夫からも追求されてしまう。

地震で止まるか止まらないかという福島第一原発の話が槌田氏から出そうになった。が残念ながらさて置かれた。その後、スリーマイル事故の原因が、2時冷却水を回すポンプの故障だという話に。些細な故障から大事故につながることを広瀬氏は主張。大丈夫だという結論を言わないで欲しい、と広瀬氏は主張した。

放射性物質の廃棄方法。地下30メートルに埋める方法を推進派は主張。理由は地表よりお金がかからないこと。ガラス固化体で固める方法は危険だと反原発剥が指摘。それに対して、推進派は、1万年分のアルファー線あててテストしてOKだったと反論。だが、1万年の経年変化を考慮していないことが露呈した。

なぜ地層処分なのかを推進側が説明。「人間の社会から隔離しましょう」。現在、地層処分を研究中である事を述べる。当時の核廃棄物の最終処分までの見通しは「六ヶ所→北海道幌延→最終処分地(決まっていない)。」であった。

『幌延問題 1980年ころ、町議会などの誘致を受け動力炉・核燃料開発事業団(動燃)は高レベル放射性廃棄物中間貯蔵施設の建設を計画し、所謂「幌延問題」として、地元や周辺市町村はもとより全道において長きにわたり議論を呼んだ。2001年に、幌延深地層研究センターが核抜きの地層処分研究施設として設置され、幌延問題は一応の終止符を打った。』(「幌延町 - Wikipedia」より引用)

10

石川迪夫が、リスクコントロールをした上で設計していることを説明。その主張は確かに理想としては正しいそうだ。だが、実物は設計したものを人間の手によって作っている。つまり石川迪夫の論理には、設計段階の理想がそのまま実現できているわけではないという大きな穴がある。

スリーマイル島原発事故後の白血病患者の増加に関する議論もある。モニタリングポストの数が足りてなかったことが指摘されている。

広瀬隆が、ある地域の住民の白血病発症率が平均の6倍であると主張。推進側は、計測された放射線量は微々たるものだったと主張。市民の私たちは、どちらの主張を選ぶべきか。

11

市民二人からの意見はこれからの福島原発事故後の対処に大いに参考になる。この朝生の動画は、原発を取り巻く重要な歴史の1ページだと認識したい。私たちは、わからないことを歴史から学べば良いのだ。

原発の定期点検は、重要な箇所以外は下請業者の樹種点検に任される。そして、重要箇所は、国からきたわずか一人の検査役の立ち会いのもと確認される。原発の何万項目にも及ぶ検査が、最終的にたった一人の立会人のもとでOKを出されているという事実を知れば、事故を防ぐことがそう簡単ではないことがわかる。(参考:「検証 東電原発トラブル隠し」原子力資料情報室

12

文明論の中の「原子力」の位置づけが語られている。他の文明とは共存しながら、なぜ「原子力」だけをことさら取り上げて否定するのかという趣旨だ。この西部氏の主張に筆者が答えるならばこうだ。

否定することも文明だと。ことさら原子力を取り上げて感情的に否定することもまた文明なんだと。原子力が今後、継続するかなくなるかどちらにせよ、原子力を強く否定するという文明の一過程があった、ということを歴史上に刻み付ける必要が私たちにはあるのだということを。それは、誰も否定できることではない。

13

動画後半で、加納時男の世界規模でのエネルギー論が示されている。論理展開の冒頭で、広瀬隆氏への理解と共感を示しつつ、エネルギー政策について説明している。他の推進派の人々とは一線を画す話術は必見。この優れた話術で加納氏は原発を推進し、今日も、一定量の放射線は人体にとってよいと主張し続けている。

14

15

16

西部邁の推進派、反原発派の議論の言葉への批判。

88年は、この番組後、もう一度、「朝まで生テレビ!」で「原発」討論が行なわれた。

'88年 朝まで生テレビ!「原発」動画15本まとめ…ウソつきは誰だ?:ざまあみやがれい!

31 AM)