2011年8月18日、小出裕章氏が毎日放送「たね蒔きジャーナル」に出演しました。福島県の子どもの45%が内部被曝していたことや、福島第一原発からの放射性物質の放出量の減少について、考えを述べています。

※初稿です。今後随時訂正していきます。

(書き起こし)

千葉「では小出さん、今日も宜しくお願い申し上げます」

小出「よろしくお願いします」

千葉「今日は毎日新聞論説委員の藤田悟さんと一緒にお話をおうかがいします」

藤田「よろしくお願いします」

小出「よろしくお願いします」

千 葉「ではまず今日はですね、こんなニュースが伝わってきていまして。福島県の子どもを対象にした甲状腺の内部被曝検査で、45%で被曝が確認されたことが 明らかになりました。えー0.01マイクロシーベルトが26%、0.02マイクロシーベルトが11%で、最高は0.10マイクロシーベルトだったというこ となんですが。この福島県の子どもを対象にした被曝検査で45%で被曝が確認されたということで。この数値を小出先生はどうご覧になりますか?」

小 出「えー、私その、報告自体を、見ていないので、どうも正確にコメントで、できない、かもしれませんが。今千葉さんがおっしゃった0.1マイクロシーベル トとかその値はおそらく1時間あたりの甲状腺の被ばく線量というものを言っているのだと思います。えーそれをあのー、事故後から積算していって最終的に何 ミリシーベルト、何十ミリシーベルトになる、そういう評価だと思いますが。この評価はとっても、の、…、難しくてですね。いつの時点でヨウ素を吸い込んだ ということに関してかなり、大きな仮定を設けない限りこの評価はできないと思い、ます。」

千葉「はあ」

小出「えー、そしてあの、今回の事故の場合には事故の起きた当初、11日から15日あるいは16日ぐらいに大量のヨウ素が出ているはずで。えー、甲状腺を調べたのは20日あるいは25日とかそんな」

千葉「はい、あの、」

小出「日以降」

千葉「3月25日から30日までということで伝わってきてるんですけども」

小 出「ですよね。ですから、もうヨウ素はかなり当初に出たものは減ってしまっていますし、どのような過程でそのー、最終的にひ、全体の被曝評価をしたかとい うことは、えー、かなり、誤差の多いというかですね、というかですね、不確かさの多い、ことだと、まずは思います。えーそれから45%というようなことも ですね、ほとんど意味のないことを言っていると思います。それは要するに検出できたものがただ45%だったということなんであって。もっと厳密に測定をす れば、おそらく100%の子供たちが被曝をしていたということになるはず、です」

千葉「うーん。ま、時期の問題も大切ですし、それからまあ検査のあり方というのも、おー、今ひとつクリアーになったという感じではないということですね」

小出「そうですねー。あのー、事故対応が後手後手にまわってしまいましたので、えー結局ヨード剤を使うことも出来なかったし、甲状腺の被ばく線量を正確に評価するというその機会も、かなり失った段階で、ようやくにして測定をしたというそういうデーターですね」

千葉「ふーん。じゃあ本当に、何かの判断基準としてハッキリと明らかになったという検査結果ではないという風に受け止めてもいいですか」

小出「はい。少なくともそういえると思います」

千 葉「はあー。わかりました。それからですね。こんなニュースも入っております。政府と東電の発表ですと最近2週間の放射性物質の推計放出量は毎時およそ2 億ベクレルだということでして。これは3月の事故直後からすると、1千万分の1に減ったというふうに、政府と東電はしているのですけれども。ちょっとイ メージしにくいんですが、この2億ベクレルというのは先生いったいどのくらいの量なんでしょうか。」

小出「えー、それが本当だとすれば・・・」

(以下に続きます)

小出裕章「森林や田畑があたかも除染できるかのように言うことが間違えている」8/18(2)