58)

2011年9月1日放送、NHKスペシャル「巨大津波が都市を襲う~東海・東南海・南海地震」の動画をご紹介いたします。


座間宮ガレイの著書一覧


番組内容

 死者・行方不明者およそ2万人、マグニチュード9.0。観測史上4番目の巨大地震が引き起こした東日本大震災。大震災は甚大な被害を及ぼしただけでな く、地震学の常識や、日本のあらゆる地震の「想定」に根底から見直しを迫っている。中でも見直しが急がれるのが、人口が密集する首都圏から九州にかけての 太平洋沿岸を襲う東海・東南海・南海の「3連動地震」だ。2003年に国がまとめた想定ではマグニチュードは8.7、津波は高い所で10㍍を超え、最悪の 場合、揺れと津波で約2万8000人が犠牲になるとされていた。しかし、東日本大震災では、沖合の浅い海底で起きた「大きな滑り」が津波を増幅させてい た。同じことが「3連動地震」でも起きた場合、「これまでの想定の1・5倍から2倍の津波が沿岸を襲う可能性がある」と指摘する専門家もいる。
番 組では、東日本大震災によって明らかになった地震の新たなメカニズムを検証。想定のない脅威に直面することになった大都市・名古屋を取材する。さらに、甚 大な被害が出るとされる高知県で始まった新たな取り組みにも密着。最新の研究によって「超巨大連動地震」の実像をつかむとともに、いま私たちに何ができる のか、「命を守る方策」を考えていく。

http://www.nhk.or.jp/special/onair/110901.html

動画


20110901 巨大津波が都市を襲う~東海・東南海... 投稿者 PMG5

※こういう日めくり地震対策カレンダーで不安に思うは、最後の情報は大晦日にならないとわからないということだったりします。その一方、でも、毎日1つ地震対策を確認できるのは、何もしないよりましだったりします。つまりやっぱり役に立つのではないかと。まあひとりごとです。

jishinkarenda-

座間宮ガレイの著書一覧