56)

「除染」という名前の放射能ビジネスが始まろうとしています。そんな放射能ビジネスにおいて、経団連の米倉会長と原発メーカーGEが固い握手をしているようです。



■約9400人に配信中!
無料・秘書メルマガを3分で登録!【登録フォームへ

6月に興味深い報道がありました。かなり騒いでいた人もいたようですが。

=====

放射性物質を体外に排出する薬剤、7月承認へ

プルトニウムなどの放射性物質を吸い込んだ患者に使う薬剤2種類を、厚生労働省が7月に承認する見通しとなった。

「ジトリペンタートカル」と「アエントリペンタート」(いずれも商品名)で、点滴すると、プルトニウムやアメリシウムなどの放射性物質を吸着し、尿を通じて体外に排出させる

同省は昨年5月、原発事故や放射能テロが起きた場合に必要性が高い薬剤だとして、製薬会社の日本メジフィジックス社に開発を要請。今年1月には審査機関に対し、迅速審査を通知していた。

(2011年6月4日15時13分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110604-OYT1T00485.htm

=====

この記事は6月4日のものです。7月に、ある薬が承認されるという報道です。

その薬の効能は以下のとおり。

●点滴すると、プルトニウムやアメリシウムなどの放射性物質を吸着し、尿を通じて体外に排出

つまりプルトニウムが飛散し、それを吸い込んだ事が前提となっている、もしくは放射能テロが起きることが前提となっている薬です。

このプルトニウムに関しては、3月にすでに大量に飛散したことが明らかになっています。

これについてはブログ「カレイドスコープ」の分析を参考にすれば良いです。

隠されてきたプルト二ウムの大量放出!

さて、ざっとここまでを年表にしてみます。

=====

●昨年5月に、プルトニウム用の新薬開発スタート

●今年、3月11日散、福島第一原発事故
→プルトニウムが飛散したが秘密に。

●6月に、「新薬が7月に承認へ」という報道が出る。

●7月に新薬を承認

●8月24日に保安院が、3月プルトニウムの大量飛散を発表

=====

という段取りになります。

福島原発事故前に、何故かプルトニウムの薬を開発していることから、福島原発事故は陰謀だという説があります。私はこれについて今は言及しません。あまり調べていないからです。

しかし、偶然には驚いています。

もし、今後プルトニウムを排出する薬が大量に必要になったら、日本メジフィジックス社は儲かります。

とはいえ、驚いてばかりいられません。

今回の話は、ここからが本番です。

新薬を開発した日本メジフィジックス社とは

さて記事の中に「日本メジフィジックス社」という製薬会社が出てきます。この日本メディフィジックス社のHPを見てみましょう。

会社概要・役員紹介 会社プロフィール 日本メジフィジックス株式会社

56)

出資比率は「住友化学株式会社」と「GEヘルスケア」が、5:5となっています。ここでピンと来る人もいるはずです。

まずは「住友化学株式会社」といって思い浮かぶのは・・・

2009年:住友化学株式会社代表取締役 会長
2010年:日本経済団体連合会(経団連)会長

この肩書を持っている人は誰でしょうか。

米倉弘昌氏です。

では一方の「GEヘルスケア」という会社名に気づくことは・・・。

GE(ジェネラルエレクトリック社)です。そうです。福島第一原発のMARK1を日本に販売したメーカーです。このMARK1は、ETV特集「アメリカから見た福島原発事故」(動画)の中で、技術者たちに欠陥品と呼ばれていましたね。

そのGEのグループ企業(子会社)がGEヘルスケアです。

GEのホームページにもちゃんと書いてあります。

49)

GE Healthcare - 企業情報

ここまでいかがでしょうか。

整理しますと。

●プルトニウムを排出する薬を作った「日本メジフィジックス」は、米倉弘昌経団連会長がTOPであるところの「住友化学株式会社」と欠陥のあると言われているMARK1を日本に売りつけた「GE」関連会社が、半分ずつお金を出しあって作った会社

ということになります。

この、米:日の「1:1」での出資で筆者がぴんと来るのは、「放射線影響研究所(放影研)です。放影研も「1:1」で出資しています。コチラの出資者は「アメリカ合衆国」と「日本国」という違いはありますが。ここの研究結果は日米の原発開発に生かされています。

今福島に乗り込んで被曝を調査している「放射線影響研究所」は広島・長崎でも同様に被曝を調査しましたが、「治療」は一切していません。今回の報道でも「調査」という言葉はありますが「治療」という言葉は一切見つからないはずです。

5月の段階でこのブログでは警鐘を鳴らしました。以下のリンクを読めば「放射線影響研究所」の歴史的なことがざっとわかるとおもいます。

ついに核兵器開発目的の人体調査組織「放射線影響研究所」が調査へ。以後、世界規模の隠ぺいがスタート。その経緯をわかりやすく。

カレイドスコープさんもこれについて説明しています。
福島でヒロシマ、ナガサキと同じことが行われる

放射線影響研究所の話をすると長くなるのでこのへんで。

今回の話はいかがでしたでしょうか。

菅内閣にあれほど怒り狂っていた、経団連会長の米倉氏は、裏ではGEと手を組んで、放射能ビジネスをスタートさせていたようにみえます。

菅内閣に対しては罵声を浴びせ続けた米倉会長ですが、不思議と、野田内閣になってからは支持に回っています。野田内閣が「原発ゼロ」という姿勢を見せているにもかかわらず「ドジョウ内閣、もっと支える」 などとリップサービスをしています。

不可思議ではありませんか?

●菅直人「脱原発」→ 米倉「ばかやろう」

●野田佳彦「原発ゼロ」→米倉「もっと支える」

本来なら、野田内閣の「原発ゼロ」には、もっと怒っていいはずです。ですが米倉氏は怒るどころか、裏でがっちりGEと固い握手をしているわけです。このへんはこれから掘り下げようと思っています。

実は話は、なんとここからが本番です。

先日からこのブログでは「日本アイソトープ協会」について書いてきました。

日本アイソトープ協会の役員に大熊由紀子氏(元朝日記者・原発推進記事連載)がいます。

日本アイソトープ協会の「利益相反」の可能性と「巨額の有価証券」と「曖昧な廃棄物積算根拠」について(決算書3期分比較図表付き)

ちなみに、日本アイソトープ協会は、平成22年決算書で、電話加入権に、3,333,300円計上している変な会社です。

42)

どれだけ電話に加入してるんでしょうか。電話番号が一つだけ掲載(赤で伏せた)されているだけで、333万って常識的ではないのですが、ニートでは理解出来ないなにかがあるんでしょうか。

この日本アイソトープ協会は、日本における放射能ビジネスの元請けと言っていい会社です。「協会」という名前にふさわしくないほど「放射能ビジネス商社」の側面を持っています。その話はまた別の機会に致します。

この日本アイソトープ協会が、先述した「日本メジフィジックス」と深い仲にあります。

日本アイソトープ協会、平成22年財産目録[PDF]

※クリックで拡大

01)

日本アイソトープ協会は、日本メジフィジックスに、未払金が発生しています。

●未払金額 14,606,322,569円

●用途 アイソトープ事業のRI購入費 他未払金

約146億円の未払金があることが分かります。

つまり、日本アイソトープ協会から、146億円のお金が、経団連米倉会長の「住友化学株式会社」と原発メーカーGEの子会社「GEヘルスケア」が作った、「日本メジフィジックス」に流れることになっているようです。

RIとは「ラジオアイソトープ」の略です。では「ラジオアイソトープ」とはなにか。「放射性核種」のことです。

核兵器の息子は「平和利用」の仮面をかぶった双子です。「エネルギー利用」を行う原発、そして「医療などの利用」を行うラジオアイソトープです。

今は原発が事故を起こして叱られていますが、商売上手の弟・ラジオアイソトープが頑張っているのです。

児玉龍彦氏の肩書き、「東京大学アイソトープセンター長」は「東京大学放射性核種センター長」です。児玉龍彦氏は、放射性核種の番人とでも呼べばいいんでしょうか。

ちなみにこのエントリーも先日、日本アイソトープ協会の3月分の決算書をまとめ分析してくださった友人の意見を参考にしています。この場を借りて感謝いたします。

今日はこのへんで。

そこ間違ってるよ、とかご意見ありましたらいただければ幸いです。よろしくお願い致します。

ちなみに日本アイソトープ協会はこんな本を出しています。優しいもクソもあるかよと。

やさしい放射線とアイソトープ

スポンサードリンク

Facebook、Twitterでブログ「ざまあみやがれい!」を読もう!