somosomosoukengenpatsudenryoku2011年9月29日、小出裕章氏が、毎日放送「たね蒔きジャーナル」に出演しました。内容ごとに4回に分けて、続けて掲載いたします。

※続きは、記事末から読めるようになっています。

動画
http://youtu.be/dwtzMD2Suo0

※初稿です。誤字脱字は随時修正いたします・

=====(文字おこし、ここから)

千葉「では小出さん、今日も宜しくお願い申し上げます」

小出「よろしくお願いします」

千葉「今日は毎日新聞論説委員の池田昭さんと一緒にお伺いしてまいります」

池田「よろしくお願いします」

小出「よろしくお願いします」

千葉「えーさて、小出さん、今日はですね。えースタジオにリスナーの方からの質問がたくさん来ておりますので、」

小出「はい」

千葉「それを順番にお聞きして以降と思っております」

小出「はい」

千葉「よろしくお願いします。えーまずはコチラの方ですね。ラジオネームせなさんというかた。このせなさんはどこかで、えー、小出さんの講演か何かを聞かれた方のようでして」

小出「はい」

千葉「小出先生のおっしゃる、50禁、20禁、の食べ物というアイディアは素晴らしいと思います。というメールなんですが。先生この50禁20禁というのはなんですか? 数字の50に禁止の禁、数字の20に禁止の禁という字を書くんですけども」

小出「はい。えー、残念なことに3月11日に福島原子力発電所の事故が事実として起きてしまった、のですね。それで大量の放射性物質が吹き出してきて、福島県を中心として、ものすごく広範囲のところが放射能ですでに汚されてしまっているのです。

で、当然、えー、食べ物も汚れたものが今現在流通してきている、わけです。で私は、もうどうしようもない現実を前にして、とにかく子供には、放射性物質を食べさせたくないと思っていますので、えー、子供にはきれいなものを出来る限り与えたいと。

ということは言葉を返して言うと、汚れているものを誰かが食べなければいけないということなのです。そういう時のやり方というのを私が考えた結果、えー今現在、例えば映画で18禁という映画がありますね。」

千葉「はい」

小出「あの18歳以下は見てはいけないというような映画の、指定の仕方があるわけで。えー、これからは、食べ物に関してそういう制度を導入すべきだと私は提案しています。」

千葉「はい」

小出「はい。つまり50禁という食べ物を作れば、それは50歳以下は食べてはいけないという食べ物、です。20禁という物もつくるし、30禁、40禁、50禁、60禁。あるいはまあ10禁というものも作って子供たちを放射能から守らなければいけないと思っています。」

千葉「んー……。そういう意味での50禁、20禁、という言葉なわけですね。」

小出「そうです」

千葉「はい。そして、せなさんはですね、もう1つこれに関連して、えー、質問がありまして。農作業をされる方々も被曝しているということを考えると、土壌、土の中のセシウム濃度に従って、50禁の畑、20禁の畑、というような畑を作るという考え方もできるんでしょうか、という質問なのですか」

小出「はい。できると思います。えー……、福島原子力発電所を中心に猛烈な汚染地帯もありますし。

今現在、日本の政府というのは、猛烈な汚染をしてるとこにももう人々を、えー、帰してもいいというようなことをやろうとしているのですね。えー。緊急時避難準備区域というようなところにこれからまた人々を帰すと言っているわけで。

そういうところで農業がこれから行われるようなことになれば、えー、高度に汚染された農産物が出てくるということになると思います。で、私はもしそこで農業を続けてくださるという農業者がいるのであれば、えー、そのかたは被曝ということをすることになって大変お気の毒だとは思いますけれども。

えー、その方が作ってくれる農産物はやはり受け入れるしかないと思っていますので。えー、出来上がった農産物に、先程の提案した50禁、40禁という仕分けの仕方を適用することもいいと思いますし。

えー、今、せなさんが提案してくださったように、えー、汚染度の度合いによって農地にそういう規制をかけるというやり方でもいいと思います。えー、いろいろな知恵を出しあってとにかく子供を守るということをやりたいと思います」

池田「あのー、小出さんその、」

小出「はい」

池田「ま、子どもを守るというのはよくわかるんですが」

小出「はい」

池田「その50禁、20禁、先ほど30禁と」

小出「はい」

池田「その場合のその線引きの基準って言うんですか」

小出「はい」

池田「それはどのようにお考えですか」

小出「それはですねー……、今の段階で簡単には言えないのです。というのは、今現在国と東京電力が汚染の全体像を示さないという作戦に打って出ているのですね。

えー、ある暫定基準値というものを決めて、それよりきめたもの……それより超えたものはとにかく市場に出さないから、安全だと。で、暫定基準値を下回ってるものは、そもそも安全なのだから、もう何の調査も必要ないし、そのまま出回らせてしまうという、そういう作戦にでているのであって。

子供も大人ももう等しく同じ汚染度のものを、無作為に食べさせられてしまうとい状態になっている、わけです。私はそれは正しくないと思いますので、出来る限り汚染度をきっちり測定して汚染の少ないものから多いものまで、せ、出来る限り正確に表示をまずさせるということが必要だと思います」

池田「つまり前提は、」

小出「はい」

池田「しっかりとした測定にまずあると、いうこと」

小出「そうです」

池田「ですね、汚染のね」

小出「はい」

池田「それはもう、あの、除染の場合も全て、その、根本はそこにあるでしょうね」

小出「はい。私はそう思っているのですが。えー、今の国と東京電力のやり方はそうではなくて。線を引いてしまって、それ以下であればもう何も問題ないということで、それ以下の仕分けを一切しないということになっていますので。それを何とか、突破したいと思います」

千葉「はい。その、測定に関してですね、こんな質問も来ているのですけれども」

小出「はい」

千葉「えー、長野県から頂きました、ラジオネームともよさんというかたですね。新米の出荷に当たりまして、放射性物質の検査があちこちでされていますが。北陸や中部の県などでは、検出されないと発表されております。

これは、正確には基準以下ということではないかと思います。つまり、は、500ベクレル以下ということなんではないでしょうか。小出先生のご意見をお聞かせくださいということですが」

=====(文字おこし、続く)

続き:小出裕章が語る、汚染が検出されないという発表についての考え方 9/29(2/4)

somosomosoukengenpatsudenryoku