pulthermal のコピー

※このエントリーは少々長いかも知れませんが、じっくり読んでみてください。

やらせ プルサーマル - Google 検索で最新やらせニュースをチェック!

2011年10月2日現在のプルサーマル・シンポ”やらせ”マップをつくってみました。

原子力安全・保安院主導のプルサーマルやらせ報道があいついています。国が住民を「やらせ」で欺こうとしてきたことがどんどん明るみになっているわけです。そんな「やらせ」の現時点での状況を整理したいと思いまして、過去の資料をネットから拾って私が書きこんで作ったものです。どうやら2010年以前の資料のようです。

現在、5箇所のプルサーマル発電での”やらせ”が明らかになっています。でもほんとにたった5箇所だけなのって思っている人が大半ですよね?



■約9400人に配信中!
無料・秘書メルマガを3分で登録!【登録フォームへ

プルサーマルってなんじゃらほい、という方は以下のリンクをとっととよんでください。プルサーマル発電がいかに駄目なものかが、図でとっても解かりやすく説明されています。

37fe42f1

小出裕章氏のプルサーマル発電批判がわかりやすすぎる!(文字おこし)

上記のエントリーは、昨今報じられている玄海原発のプルサーマルシンポにおける小出氏の説明を文字に起こしたものです。日本初の伊方訴訟を始め、多くの原発訴訟や説明会などに小出氏の名前が見られます。皮肉なことに、福島原発事故後に行政府や電力会社の不正が明るみになるたびに、さかのぼって小出氏の頑張りが分かってきます。

さて、プルサーマル発電のダメさについて理解した上で次に進みます。

現時点(2011年10月2日現在)の、プルサーマルシンポジウムのやらせ数を伝える最新記事はこちら

=====(引用ここから)

女川と泊でも「やらせ」 5電力の7件認定(東京新聞)

2011年10月1日 朝刊

国主催の原発関連シンポジウムなどで、経済産業省原子力安全・保安院が「やらせ」質問を依頼していた問題で、同省の第三者調査委員会(委員長・大泉隆史弁護士)は三十日、これまでに判明していた中部、四国、九州の三電力三件に加え、北海道電力泊原発と東北電力女川原発でも計四回のやらせがあったとする最終報告を枝野幸男経産相に提出した。やらせ認定は、これで五電力七件となった。

記者会見した大泉委員長は「シンポの公平性・透明性に関する規範が不明確で、電力会社と経産省との相互依存関係もあり、ずるずると不適切な行為が繰り返された」と指摘した。経産省幹部の組織的な指示は「確認できなかった」という。

第三者委は国が過去五年に開いたシンポや住民説明会四十一件を調査。八月末の中間報告で、二〇〇五年十月の九電玄海原発、〇六年六月の四電伊方原発、〇七年八月の中電浜岡原発のプルサーマル発電に関するシンポで、保安院による「やらせ」があったと認定。最終報告では〇六年十月の東北電女川原発の三回の住民説明会と、〇八年八月の北電泊原発のシンポでも「やらせ」があったと認定した。

引用元:http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011100102000032.html

=====(引用ここまで)

さて、この報道の情報を整理してみます。

=====

■整理

●過去5年に開いたシンポや住民説明会41件を調査。

■以下、やらせが判明したプルサーマル計画

●2005年10月・・・九州電力・玄海原発でやらせ
●2006年6月・・・四国電力・伊方原発でやらせ
●2007年8月・・・中部電力・浜岡原発でやらせ
●2006年10月・・・東北電力・女川原発でやらせ(3回
●2008年8月・・・北海道電力・泊原発でやらせ

=====

この情報を私なりに分析して読みとくと、次のようになります。

=====

●41件のうち7件で、”やらせ”が行われたことが「明らか」になった。

●残り34件は、ハッキリとした証拠がなかったに過ぎない。

●女川原発では、「3回」も、”やらせ”が行われたのはどういうことか?

●女川のプルサーマル反対運動がそれだけ激しかったと読み取れる。
●あるいは、他の場所での”やらせ”がはっきりと明らかになっていないに過ぎないとも読み取れる。

=====

ざっと、考えるとこんな具合に、読み取れます。

現在、日本で最初のプルサーマル原発である玄海3号のやらせが、佐賀県知事の主導のもとで行われたと報道され話題になっています。

そこで気になるのは、北海道電力泊3号機のプルサーマル計画において、ヤラセが行われていたことです。

そう、北海道知事は高橋はるみ氏。先日の泊原発の通常運転への移行で一躍有名になった、元通産省の官僚です。経産省の元官僚の高橋はるみ知事が、経産省の原子力安全・保安院となかよく「やらせ」を主導していたと想像することは、自然な流れです。想像ですが。

ちなみに高橋はるみ氏の一家はエネルギー利権を握っています。

=====

『父は日本海ガス社長・インテック創業者新田嗣治朗。弟に日本海ガス社長・元日本青年会議所会頭の新田八朗。』

引用元:高橋はるみ - Wikipedia

=====

これに似ている人物がいますね。

話はそれますが、東電会長勝俣氏も兄弟でエネルギー利権を握っています。

=====

『新日本製鉄元副社長・九州石油元会長の勝俣孝雄は実兄で、丸紅元社長の勝俣宣夫は実弟である。孝雄・恒久・宣夫で産業界の勝俣三兄弟として知られた』

引用元:勝俣恒久 - Wikipedia

=====

話を元に戻して。

そんな高橋はるみ氏が北海道知事になったのは、2003年です。この2003年の北海道知事選を調べてみると、非常に興味深いものになっています。

=====
『通産省での先輩にあたる町村信孝の誘いで、2003年4月の北海道知事選挙に自民党・保守新党推薦公明党支持で立候補し民主党・自由党・社民党推薦の鉢呂吉雄や完全無所属の伊東秀子を破り当選、6人目(第15代)の北海道知事に就任した。』
引用元:高橋はるみ - Wikipedia
=====
hachiro

なんと、先日、経産大臣を辞任した、鉢呂吉雄氏と争っています。

経産官僚・高橋はるみ VS 鉢呂吉雄

投票結果は以下の通り。

=====

54)

画像引用元:2003年北海道知事選挙 - Wikipedia

=====

僅差で鉢呂氏が敗れています。

鉢呂吉雄氏はエネルギー利権を握る高橋はるみ氏一族に敗れ、その後、経産大臣としても結果的にエネルギー利権に破れたという形となっています。

2003年の北海道知事選の時点から、鉢呂氏は経産省並びにそのバックの経済界に対して、イチモツ抱えていたのかも知れません。そしてその後、念願の経産大臣に就任。素人のふりをして電力村にメスを入れましたが、辞任に追い込まれました。

その後、高橋はるみ氏は再選を果たした後に、2009年3月に北海道知事として泊原子力発電所(泊原発)3号機でのプルサーマル発電を事前了解しています。

歴史に「if」はありませんが、そのまま鉢呂氏が経産大臣で在り続けていたら、北海道の泊原発のやらせに関して厳しく対応していたことでしょう。

さて、話をもとに戻しましょう。

やらせが、まだ、判明していない、発電所をチェックしておきます。

pulthermal のコピー

ブルーで囲ったプルサーマル計画では、ヤラセが、まだ、判明していません。

=====

■やらせが「判明していない」プルサーマル計画

●関西電力・大飯
●関西電力・高浜3,4号機
●日本原子力発電・敦賀2号機
●北陸電力・志賀
●電源開発・大間
●日本原燃・使用済み核燃料再生工場
●日本原子力発電・東海第二

●東京電力・福島第一3号機

=====

現在のプルサーマル原発の稼働状況を記しておきます。

=====

■現在のプルサーマル発電の稼働情況

ブルーが、まだやらせが判明していないプルサーマル計画。レッドがやらせ判明。

■プルサーマル発電での営業運転中の原子炉

九州電力 玄海原子力発電所3号機 2009年(平成21年)11月5日より試運転開始。同年12月2日より、営業運転を開始。
四国電力 伊方原子力発電所3号機 2010年(平成22年)3月2日より試運転開始。同年3月30日より、営業運転を開始。
関西電力 高浜原子力発電所3号機 2010年(平成22年)12月25日より試運転開始。2011年(平成23年)1月21日より、営業運転を開始。

■運転停止中の原子炉
東京電力 福島第一原子力発電所3号機 2010年(平成22年)9月18日より試運転開始。同年10月26日より、営業運転を開始。2011年3月11日、福島第一原子力発電所事故により運転停止。

■現在までに事前合意が成立しているプルサーマル発電計画
中部電力 浜岡原子力発電所4号機 2012年(平成24年)3月以降に導入予定。
関西電力 高浜原子力発電所4号機 2011年(平成23年)夏から導入予定。
中国電力 島根原子力発電所2号機
北海道電力 泊原子力発電所3号機
東北電力 女川原子力発電所3号機 2015年(平成27年)度までに導入予定。

■現在計画中のプルサーマル発電計画
電源開発 大間原子力発電所1号機 2014年(平成26年)度に運転開始予定。(建設中)

引用元:プルサーマル - Wikipedia

=====

これで数をカウントすると、10のうち5でやらせなんですねえ。

今回のエントリーは以上です。

個人的な収穫は、北海道知事選挙で、高橋はるみ氏と鉢呂氏が争っていた事実を知れたことでしょうか。ちょっと掘ってみるとどかどか黒い部分が見えてきますね。

個人的な推測ですが、全てのプルサーマル計画のもとでのシンポジウムで、原子力安全・保安院の主導のもと、”やらせ”がおこなわれてきたと私は思っています。

皆さんはどのように考えていますか? 皆さんのご感想を気軽にどしどしコメントしてください。

purutoniumuhatudennokyouhu

スポンサードリンク

Facebook、Twitterでブログ「ざまあみやがれい!」を読もう!