ゴミベルト
漂流ガレキの問題がある。来年の諸島にハワイに到達するというシミュレーション結果になっている。
その漂流ガレキ問題の深刻さについて、理解できる記事、フレーズをまとめてみた。

世界で一番おもしろい地図帳

東京新聞:漂流がれき日米協議へ 300万トン、費用や汚染懸念:政治(TOKYO Web)

2011123099070536 (1) 日米両政府が、東日本大震災で太平洋に流出した大量のがれきによる海洋汚染や、米国漂着時の処理をめぐり、年明けから本格的な協議に着手する/二十九日分かった/複数の日米両政府関係者が明らかに/

 国立環境研究所などの推計/震災で発生したがれき約二千五百万トンのうち、約三百万トンは太平洋に流出/九月、日本から約三千百キロ離れた北太平洋の米ミッドウェー諸島付近で、「福島」との表示がある小型船や家電製品が大量に浮いている/ロシア船によって見つかった。

 米海洋大気局(NOAA)によると、これらは海流に乗って、早ければ来年三月にも米ハワイ北西部に漂着。その後、米本土の西海岸にも漂着する可能性が高い。

 米政府は、大量のがれきが船舶の運航障害や観光産業への打撃/放射性物質を含んだがれきによる環境被害も起きかねないと懸念/

 日本政府も、がれきの位置や量、今後の動きを人工衛星などで正確に計測・予測するため、情報収集費約七千万円を二〇一一年度第三次補正予算に計上。京都大に委託してシミュレーションに着手/

 米側の懸念を受け、国際問題に発展する事態を避けるため、日米で連携/本格的な対応をとる/

 外務省によると、外国に漂着したがれき処理をめぐる国際条約はない。日米協議では、がれきが漂着する場所や量を正確に分析した上で、処理方法や費用負担について実務者が検討する見通し。(東京新聞)

記事の図を見るかぎりは、漂流ガレキはアメリカ西海岸に到達したあと、ハワイに戻ってくることになっている。だが、疑問がある。漂流ガレキは、カナダやメキシコには到達しないのだろうか。この記事が伝える、日米協力による漂流ガレキ問題はあくまで日本とアメリカの2国間の問題でしかない。

さて、漂流がれきの被害はどのように捉えられているのだろうか。過去のニュースソースから、被害に関する箇所を引用してみる。

▼4月5日報道:家屋や車の漂流がれき、船舶運航の障害-原発規制域を上回る海域(1) - Bloomberg

海上保安庁は東北地方の沿岸海域に航行警報を出して注意を呼び掛け

米海軍第7艦隊の広報担当者アンソニー・ファルボ氏は「自動車から完全な家屋に至るまで、わが軍はこの海域に漂流するすべてのものを見てきた」/こんな光景は過去に見たことがない/

30億ドル(約2500億円)の資金を運用するアトランティス・インベストント・リサーチのエドウィン・マーナー社長は、漂流するがれきが船舶に対し、より持続的な損害を引き起こすかもしれないという。「通常は自動車が浮かんでいるとは思わない」と述べた上で、最近の自動車は一段と軽い素材でできているため、「沈まずにスクリューに引っかかるかもしれない」と指摘

トモダチ作戦を展開していた米海軍は以下のように考えている。

がれきとの衝突回避はわれわれのオペレーションにとって極めて重要」(第7艦隊のファルボ氏)

「がれきの規模や範囲にもよるが、船体のへこみや傷にとどまることもあれば船体の安全性への支障や駆動システムへの損害まで、あらゆることを引き起こす可能性がある」(第7艦隊のファルボ氏)

大げさのように感じるが、実際にこのようにコメントしている。つまりリスクを過小に捉えることを避けている。

以下のような警鐘も鳴らされている。

艦隊数で世界最大の商船三井は電子メールで、がれきのある海域を避けており、現時点ではトラブルを回避しているとコメント

「より警戒すべきは海面のすぐ下に隠れるように漂う魚網やビニール袋などで、巻き込むと推進装置を壊してしまう」(海保の一条正浩報道官)

僕が考えていたより、ずっと船にとっては深刻な問題だ。

12月に入って、放射性ガレキを調査している団体が、報告しているサイトがあった。

▼2011年12月07日:お知らせ:津波起源漂流がれき洋上目視観測(JEAN) | 海ごみ情報 | 海ごみプラットフォームJAPAN

現在、2011年3月11日の津波によって発生した大量の漂流がれきは,現在、北太平洋を東に向かって漂流しており,今後の北太平洋における船舶航行の安全阻害,北西ハワイ諸島(世界遺産)に生息する野生生物への被害およびハワイ諸島への大量漂着が予想

世界遺産の北西ハワイ諸島への漂着による被害などにも警鐘が鳴らされている。

洋上で観測されたデータは,鹿児島大学水産学部から、ハワイ大学や国土総合研究所などの研究機関に提供/津波がれきの漂流シミュレーションの校正に利用/環境省水・大気環境局水環境課海洋環境室から内閣官房総合海洋政策本部事務局を経由して関係省庁に提供/国内における漂流がれき対策事業にも利用

とのこと。

来年の3月に漂流ガレキが到達すると言われているハワイ大学では、漂流シミュレーションの結果を発表している。

tsunami_tracers_no_vectors

このサイトは「ハワイ大学IPRCのマキシメンコ博士による津波がれきの漂流シミュレーションの結果」を報告しているもの。

ちなみに最新のシミュレーション結果のアニメーション(2011年12月28日まで)をダウンロードしてYouTubeに掲載した。

ハワイ大学IPRCマキシメンコ博士津波がれき漂流シミュレーション - YouTube

アニメーションには反映されていない、2011年12月30日のシミュレーション結果は以下。

51)

そんななか、実際に船を出して調査をする企画を報じた記事があった。有料で調査員を募集しているという。その記事の中で気になった箇所を引用する。

太平洋の津波ゴミ調査隊員、一般公募 - 速報:@niftyニュース

 家や車、家電製品などが、場合によっては原形をとどめたまま海を漂流、北太平洋の海流にとらわれ、海洋ゴミの集まる海域「ゴミベルト」に到着し始めている。

津波による海洋ゴミは、特に重要な調査対象/通常の海洋汚染とは異なり、「いつ、どこから来たのか」がはっきりしている/この情報は、プラスチックなど、地上からのゴミが海でどのように振る舞うのかを解明する手掛かりとなる。

 今年9月には、ロシアの船が無人の漁船を発見。地震と津波の被害が特に大きい福島県から流されたと判明/また、ハワイのミッドウェー環礁から北西480キロで、テレビや冷蔵庫が/津波ゴミが集まると予測されている海域の外縁にあたる。

 アルガリタ海洋研究所の重役マリエータ・フランシス氏は、「太平洋ゴミベルトなどに浮かぶ通常のゴミと違って、津波ゴミはかなり大型/まだ摩滅や分解が進んでいないはず/」/

 海洋ゴミは海洋生物にとって深刻な危険物/誤って摂取したり、絡まって動けなくなる場合も/調査航海は海洋生物を守るためにも重要であり、その上で思い出の品や場合によっては津波犠牲者の遺体回収にもつながる可能性も/

調査員募集に関する詳しい情報は上記のリンク先から見ればわかる。

ゴミベルトってなんだよ。と調べたらwikipediaに掲載されてるくらいメジャーだった。

太平洋ゴミベルト - Wikipedia

ゴミベルト

『太平洋ゴミベルト(たいへいようゴミベルト、英語:Great Pacific Garbage Patch)は、北太平洋の中央(およそ西経135度から155度、北緯35度から42度の範囲)に漂う海洋ごみの海域である。浮遊したプラスチックなどの破片が北太平洋循環の海流に閉ざされ、異常に集中しているのが特徴の海域である。』

赤い線が重なっているところがゴミベルトなのだろう。【加筆】赤い線は潮流。真ん中の白い部分がゴミベルトだとご指摘をいただきましたありがとうございました【加筆ここまで】これを見る限り、アメリカの西海岸だけではなく、カナダ、メキシコへと漂流ガレキが広がっていくことが想像できる。

やはりこれは、日米間だけの国際問題ではない。