黒木慎一

先日、原子力安全・保安院が開いた大飯原発3・4号機のストレステスト意見聴取会で、部屋の中での傍聴を求める市民と保安院が衝突する騒動があった。

この騒動に関して、国民にではなく委員たちにあやまった枝野幸男経産大臣のとなりには、大きなメガネをかけたとぼけた男がいた。

男の名前は、黒木慎一。保安院審議官を務めている彼が、原発再稼働に関する保安院側の実務を担当するリーダーなのだろう。


座間宮ガレイの著書一覧


では、枝野によりそう黒木慎一氏を確認しよう。

▼テレ朝:20120118 ストレステスト審査 「密室..


※2分38秒あたりで、枝野経産大臣に黒木慎一氏が囁くシーンが見られる。

55)

指を使って指図している。

33)

25)

最後の1コマが象徴的だ。黒木慎一氏は、枝野大臣をうまくコントロールすることに細心の注意を払っているかのようだ。

この黒木慎一という男は、昨年2011年6月に行われた佐賀県の玄海原発の再稼働住民説明会においても、住民に対して、さっぱり意味のわからない役人答弁を繰り返し、住民側のパネラーから苦情を受けていた。

6月26日「原発説明会」【佐賀新聞】 - YouTube

06)

21)

森本レオのモノマネをするダチョウ倶楽部のリーダー肥後氏に若干似ている。

決定!これが日本のベスト

06

玄海原発再稼働の住民説明会では、おっとりとした雰囲気をつくっていたが、今回の大飯原発ストレステスト意見聴取会では、役人本来の姿を表していた。

このように、報道の中に官僚がいたら、画像を保存して、彼らをチェックしておくとよい。普段はメディアに名前も顔も出さないように陰で政治家やメディアをコントロールする官僚たちを映しだす瞬間でもあるからだ。

ちなみに黒木慎一氏の保安院の中の立場は以下のとおり。

幹部一覧(METI/経済産業省)

22)

『審議官(渉外担当、実用発電用原子炉担当)』

だそうだ。

とりいそぎ。

座間宮ガレイの著書一覧