先程のエントリーで、2号機の温度計の故障が計8箇所になったことをお伝えしました。

2号機 温度計の故障がとまらない 計8個に:報道まとめ

では、1号機、3号機の温度計の故障はどうなっているんでしょうか。

東京新聞を読んでいたら、他の号機の温度計の故障に関する記述がありましたので追記しておきます。

東電の昨年末の報告書によると、原子炉の温度計の故障は、1号機は四十二カ所のうち十五カ所、3号機が四十カ所中ゼロとされている』

これはあくまで、2011年末の報告書によるものです。

1号機・・・42のうち15が故障と判明している

2号機・・・41のうち8が故障と判明している(最近新たに3つ判明)

3号機・・・40のうちゼロ

4号機・・・報道からは不明(使用済燃料プールは正常とされている)

ということになります。

4号機に関しては、原子炉に燃料が入っていないためでしょうか、温度計の故障については報じられていません。使用済燃料プールの温度計は正常とされています。

2号機に関しては、最新の情報ですが、1号機と3号機に関しては、2011年末の調査結果です。

2号機の昨年末の調査結果は、5、だったと思われます。そして、2月に入って、新たに3つの故障が判明しました。

1号機と3号機の、温度計故障は、現在、どうなっているのでしょうか。増えてないといいのですが、2号機の傾向を見ると増えているのではないかと疑ってしまいます。

とりいそぎ。