2012年2月20日(月)、小出裕章氏が、文化放送「吉田照美 ソコダイジナトコ」に出演。温度計の故障が相次ぐ、2号機の内部の状況について言及しています。

図解 原発のウソ:小出裕章


座間宮ガレイの著書一覧


2012年2月20日(月)、小出裕章氏が、文化放送「吉田照美 ソコダイジナトコ」に出演。

▼20120220 吉田照美ソコダイジナトコ「週刊エンター」小出裕章

=====(文字おこし、ここから)

吉田「え…小出先生おはようございまーす」

小出「おはようございます」

吉田「ご無沙汰しております。今日はよろしくお願い致します」

小出「はい。ご無沙汰しております」

吉田「あのー、まあ色々ー、前回ご出演頂いて反響が大きかったんですが。あれからまた2ヶ月経ちまして」

小出「はい」

吉田「え…小出先生に色々お話をお伺いしたいんですけど。」

小出「はい」

吉田「まずその、えー、ちょい前にですね、福島第一原発2号機の一部で、温度上昇がみられたということだったんですけど。あの原因っていうのは小出先生はどういうふうに、お考えになってたでしょう」

小出「はい。えーと。当初はいろいろな可能性を考えました。最臨界というウランの核分裂の連鎖反応がひょっとして起きているのかもしれない。あるいは溶け落ちてしまった炉心がまだ炉内に残っていて、それがあちこちに移動しながら温度計の部分にくっついてしまったかもしれない」

吉田「はい」

小出「等様々なことを考えましたが。最終的には温度計の故障だと思います」

吉田「もう、間違いないですか」

小出「はい。あのー、他の温度計の挙動。そしてその…どんどん高くなっていった温度計が最後は400度を示したということ」

吉田「そうですね」

小出「そういうことはもう、現在の原子炉の中ではありえないと私は思いますので」

吉田「ええ」

小出「故障だと思います」

吉田「はあー。あの、やっぱ、温度計ってそんなに故障するもんではないんですか。どうなんですか」

小出「はい。えーっと。あの、温度計は、熱電対という原子を使った温度計なのですが。ほとんど故障することはないはずだと私は思っていました」

吉田「はあ、はあ」

小出「そして今回の故障も、熱電対というその部分で故障したのではなくて。そこが出してくる信号を、え…伝達するための何処かのケーブルがやられたと思います」

吉田「はあー。そうなんですか」

小出「はい」

吉田「じゃあ、ほか、今ある温度計っていうのはある程度信用できる、と思っていいわけですか」

小出「ええっと。多分、現在はまだ、信用できるのだろうと思いますが。」

吉田「はあ」

小出「これからまた次々と、壊れていくだろうと思います」

吉田「はあ。それはどうしてですか」

小出「ええ……今故障してしまった温度計というものも、私はどこかケーブルがやられたと聞いていただいたわけですが。」

吉田「ええ」

小出「ケーブルは格納容器というですね、放射能を閉じ込める最後の防壁の中を、走っているのですが。そのなかが猛烈にあの、悪い環境なのですね」

吉田「ええ」

小出「もう、蒸気が充満して、滝のように常に流れ落ちているし、放射線が飛び交っていてあちこちに傷を付けているというそういう状況ですので。多分やられた温度計のケーブルだけでなくて、ほかの温度計のケーブルも次々とやられてくだろうと思います。」

吉田「ああー。それはでも、温度計がまったくこう、不能な状態になってしまうってことも、この先は考えられるわけなんですね」

小出「そうですね」

吉田「はあ…。そうなったとき、こう対処の仕方っていうのはより難しくなるわけですか」

小出「そうです。もともと原子力発電所というのは、事故を起こしてしまったりすると人は近づくことすらできませんし。中を目で見ることもできない」

吉田「そうですねえ」

小出「触って調べることもできないというそういうものなのですね。で…なんとか、設置してある温度計を含めた様々な計器からの情報を頼りに、内部を推測するということをやって来たのですが。それすらが、次々と失われていっているという状態です。」

吉田「あ…なるほど。これやっぱどうしても、あの、不測の事態を想像してしまうんですけども」

小出「はい」

吉田「今後、その、再臨界の可能性っていうのはどれぐらいあるもんなんですか」

小出「私は再臨界の可能性は、ない、ああ…殆ど無いと、ずうっと思ってきて」

吉田「ええ」

小出「います。で、そして再臨界を防ぐためには、ボロン(※ホウ酸)を注入するなり、なんなり。手立てはありますので、」

吉田「はあはあ」

小出「え…再臨界が起きてしまってすぐに爆発するとかそういう事にはけっしてならない。」

吉田「ああーそうですか」

小出「はい」

吉田「わかりました。で、あと、4号機なんですけども」

小出「はい」

吉田「その4号機の使用済み核燃料が、入ってるプールに関しても、その、元日の地震以降ですね」

小出「はい」

吉田「危険性に対する注目度っていうのは、非常に高まってるわけなんですが」

小出「はい」

吉田「この4号機の燃料プールの現状に関しては、小出先生はどういうふうにこう、今捉えていらっしゃるんでしょう」

=====(文字おこし、続く)

続き:4号機倒壊の危険性と燃料棒取り出しの困難さ「空気中に釣り上げたら周辺の人達が死んでしまうほどの被曝」小出・吉田照美 2/20(2)

座間宮ガレイの著書一覧