00)

報道ステーションSUNDAYにて、核廃棄物の最終処分についての特集がありました。もんじゅ、六ヶ所村の再処理施設、そして「瑞浪超深地層研究所」の取材をしています。


20120311原発最終処分研究に小出さんがコメント... 投稿者 bakaTepco6

映像を見てもらえればそれでわかるのだけど、ポイントだけ整理して、資料を記載しておく。

■もんじゅの取材。

ナトリウム漏れ事故についてのコメント。

11)

昨日、棒をおっことした事故についても、設計ミスだと最終報告書がまとまっていました。

もんじゅ:炉内中継装置落下 機器の設計ミスが原因 /福井 - 毎日jp(毎日新聞)

『 高速増殖原型炉「もんじゅ」で燃料交換に使う炉内中継装置(約3・3トン)が原子炉容器内に落下した事故で、日本原子力研究開発機構は9日、メーカーが製作した装置をつり上げる機器の設計ミスなどが落下原因とする最終報告書をまとめ、経済産業省原子力安全・保安院に提出した。

炉内中継装置は10年8月に落下し、昨年6月に原子炉容器の上ぶたの一部ごと撤去した。装置の回収や復旧作業などで計約21億円かかっている。 ...』

設計ミスばかりですねえ。

12)

原発事故以来、金銭感覚がどんどん狂っています。数百億円程度が安いと感じてしまいますねえ。

■六ヶ所の再処理工場の取材。

使用済燃料の貯蔵プールはもうすぐ満杯。

29)

原発政策において、計画がことごとく失敗していることがわかります。

■岐阜県にある「瑞浪超深地層研究所」の取材。

これが放送のメインだ。

「瑞浪超深地層研究所」のHPを見てみる。

JAEATGC:瑞浪超深地層研究所

05)

瑞浪超深地層研究所計画 (06-01-05-13) - ATOMICA -

42)

これが完成イメージ図だ。

schedule

これが工事スケジュールだ。

このスケジュールでは、最新ステージ(震度1000メートル)の掘削はまだのようだ。

完成イメージ図の「震度300メートル」の箇所を報ステは取材している。

では番組で取り上げられた箇所をざっとみてみる。

2002年に岐阜県に設置されたという。

56)

突如現れる、巨大な施設。個人的には、オウムのサティアンをテレビで見たときの不気味さがよみがえる(つまりテレビの報じ方が似ているということ)。

10)

核のゴミは地価300メートルより深いところに埋めることと法律では定められている。

00)

ガラス固化体を埋めた後は、土で埋め戻してしまう。

07)

地下300メートルに掘られた横穴はこんな感じ。

38)

しっかりと、ただし書きで「最終処分場ではありません」と説明が入っている。地元住民の感情などに配慮したのだろう。最終処分場にはしないという約束事が定められているのだろうか。

瑞浪超深地層研究所計画 (06-01-05-13) - ATOMICA -

『 なお、深地層の研究施設の計画は、処分場の計画とは明確に区別して進めるべきものであり、放射性廃棄物の持ち込みや使用をしないことや、将来においても放射性廃棄物の処分場にすることのないことを地元との協定で約束している。 ...』

協定で定められているようだ。

中の様子。

15)

26)

湿気があるのは地下水が流れているからだ。

30)

で、どれだけ、保管しなくてはいけないかというと。

57)

39)

トンネルを掘るだけでも事故が起きるというのに、10万年という間に、崩れてぐちゃぐちゃにならないと信じろというのが無理だ。

参考までに、1000メートルまでの掘削についての説明のPDFを掲載しておく。

▼[PDF] 地下1,000mに向けて・瑞浪超深地層研究所 の建設計画

掘削における事故については、以下のように分析されている。

44)

55)

だがこれは、10万年、100万年の保管における事故についての分析ではない。それについてはこの資料では述べられていない(まあ、建設計画の種類だからだから是非もないのだけども)。

保管の際のトラブルや事故について分析は、おそらく、建設後の研究で明らかになるのだろうけれども、それでも、そんな長期のシミュレーションなどは正確にできるはずもないし、もししたとしても、信用できるものだとは、当たり前だが誰も断言できないだろう。

小出裕章氏は以下のように述べている。

59)

10)

19)

30)

『小出「原子力発電所でウランを燃やすと、え…放射能の毒性が約1億倍高まる、んです。で、約100万年閉じ込めておければ、もともとのウランの毒性ぐらいには減ってくれるだろうということですので。そんな議論をすること自身が科学のなすべきことでは私はないと思っているので。もともとやってはいけないことだと思います」』

小出裕章氏は、最終処分場についてというよりも、最終処分をしなければいけないという原発はやるべきではない、という主張を述べていますね。

テレビ局は意図的にこのようなコメントを取りにいっているのではないか。あるいはこれまでのコメントを再利用しているか。

非常に退屈な番組作りとなっています。

もう少し最終処分についての突っ込んだ専門的な分析を知りたいと思います。なぜなら、原発を辞めるにしろ、最終処分だけは避けて通れない道だからです。