32

2012年9月27日(木)、小出裕章氏が、毎日放送「たね蒔きジャーナル」に出演。

ウラン算出の寿命について説明しています。

この国は原発事故から何を学んだのか (幻冬舎ルネッサンス新書 こ-3-2)


座間宮ガレイの著書一覧


=====

※「福島原発 1時間1000万ベクレル放出「すでに自分たちの周りを汚染してしまっている、放射性物質を心配したほうがいいだろう」小出裕章9/27(1)」からの続きです。

千葉「うー…。わかりました。じゃあ次の質問まいります」

小出「はい」

千葉「こちらは、え…ラジオネームたね蒔き発芽米さんという方からですね」

小出「(笑)はい。」

千葉「え…ウランの原料の、算出の寿命は、厳しい評価であと17年。日本の電気事業連合会(電事連)は、あと70年。平均でおよそ30年程度で終わりというのが専門家の評価だと聞きました。ウランという原料が、非常に……少ない燃料で、あと30年程度で生産できないということは、いずれにせよ、原子力発電はやめなければならないということですねえ。2030年にゼロにするのではなくて、ゼロになるということは必然だということになりませんでしょうか、という質問です」

小出「え……ゼロになるのは必然です。それは何年後に来るかということで、日本の原子力関係者は70年という数字を出しているわけですし。もっと小さな数字を出している世界の団体も、あります。何れにしても、数十年という期間が経てば、原子力発電の燃料であるウランはなくなって、しまいます。え…地球上にあるウランは、なかなか、貴重な資源であって。かって考えられたように、石油や石炭がなくなってしまうから次は原子力だ、というのは全くの間違いでして。ウランは石油や石炭がなくなるもっとずっと早く前に無くなってしまい、ます」

千葉「はい。…そしたらば、その後には膨大な、放射性廃棄物、何万年も付き合わなくちゃいけないような、放射性廃棄物が残るだけということになるわけですか」

小出「そうです。私達の世代、まあ次の世代もなにがしかそうかも知れませんが。何10年かという期間の間だけ、原子力発電を利用…するわけですが。それが過ぎたあとの何十万年、何百万年の世代は、私達の世代が生み出したゴミだけを押し付けられて、過ごさなければならなくなります。」

千葉「未来の人たちにその…重荷を負わせ続けるということになるわけですね」

小出「そうです。大変倫理的な問題ですし。そんなことでいいのかということを、今の世代がしっかりと考えなければいけません。」

千葉「はい…。では次に参ります」

小出「はい」

千葉「次はラジオネーム、かれーにしょうゆさんというかたです。千葉県にお住まいの方です。え…もし原子力規制委員会、への参加を打診されたら、お受けになりますか、小出さんは。出来ればお受けして欲しいと私は思っています、という質問なんですが、いかがですか」

=====

続き:もし原子力規制委の打診がきたらどうするか「絶対にお受けしません」その理由 小出裕章 9/27(3)

座間宮ガレイの著書一覧