阪神淡路大震災最新の地形図で、阪神淡路大震災の神戸の「震災の帯」の直下に、活断層らしき隆起した部分があることが新たにわかったとのこと。

生死を分けた三分間 そのとき被災者はどう生きたか

活断層の痕跡か 最新地形図で発見 NHKニュース

11月24日 21時24分

『17年前の阪神・淡路大震災で被害が集中した神戸市などを最新の地形図を使って分析した結果、活断層の痕跡とみられる地形が新たに見つかりました。
専門家は、これまで知られていない活断層が地震を起こしていた可能性があると指摘しています。』

技術か進歩した結果、これまでわからなかった活断層の痕跡が分かったということですね。

57

『平成7年の阪神・淡路大震災では、兵庫県の淡路島にある「野島断層」と呼ばれる活断層がずれ動いたことが知られていますが、神戸市などでは、どの活断層が動いたのか今も分かっていません。』

僕は阪神大震災には詳しくありません。ので報道ベースで読んでいくと……。

神戸市でも活断層は動いたらしいのですが、まだどこの活断層が動いたのかわかっていないということなのでしょうか。

『活断層研究が専門の名古屋大学の鈴木康弘教授は、地上の建物や樹木などを取り除いて詳細な地形を見ることができる最新の地形図を使って、神戸市周辺の地形を詳しく調べました。』

これまでは、建物や樹木がある場所の詳細な地形は、今回ほどはわからなかったということですね。

26
『その結果、神戸市から西宮市にかけて東西およそ20キロの長さで幅およそ100メートル、高さおよそ1メートルから20メートルほど盛り上がった地形が新たに見つかりました。』

『この地域は、震度7の揺れで被害が特に集中した「震災の帯」と呼ばれる場所と一致し、鈴木教授は、盛り上がった地形は、地下で活断層がずれ動いて出来たとして、「震災の帯」の直下にこれまで知られていない活断層が見つかり、地震を起こしていたと指摘しています。』

被害が集中していた場所の下に「1メートルから20メートルほど盛り上がった地形」があったということでしょうか。

この「盛り上がり」は、阪神淡路大震災で盛り上がったのかどうかは、報道からは僕にはよくわかりません。

06

『震災の帯を巡っては、六甲山地のふもとの別の活断層がずれ動いた可能性があると考えられてきましたが、鈴木教授は、別の活断層では最近地震が起こっていないため、今後起こる可能性を考慮すべきだとしています。』

ここがちょっと良く理解できないのです。

ブルーの線の活断層が「六甲山地のふもとの別の活断層」なのですが……。

  • ブルーの線の活断層が動き「震災の帯」に被害をもたらした可能性と考えられてきた
  • 別の活断層(ブルー)では最近地震が起こっていない(鈴木教授)

と報じているように読めます。

「動いて」と言ったり、「最近地震が起こっていない」と言ったり、どっちなんだよ、と混乱しますね。

『鈴木教授は「都市直下の活断層は神戸市に限らず、大阪や京都、東京などにもある。ただ恐れるのではなく、最新の地形図に基づいて詳しい調査をして備えることが重要だ」と話しています。』

それはそうですが、備えきれるんかよ、という話ですね。

若干、報道をはしょって。

『鈴木教授が今回の分析で利用した最新の地形図は、国土地理院が航空機に搭載した特殊なレーザーを使って製作したもので、5メートル四方の標高がおよそ10センチ単位で示され地上の建物や樹木などを取り除くことができます。
住宅が過密にある都市部の地形も詳細に把握できるため、これまで以上に活断層の手がかりが見つかる可能性があります。』

技術が進めば進むほど、地震列島たるゆえんがわかってくるということですね。

活断層がドンドン発見されるのはよいことだとは思うのですが、それに対する技術や経済力があるのかという問題があります。

原発もそうですね。

少なくとも、巨大な被害を及ぼすものを最優先に、対策してほしいものです。
(財)日本防炎協会認定 防災頭巾(ぼうさいずきん) 大人用サイズ ※阪神淡路大震災で被災した神戸のメーカーが、風化しがちな地元の防災意識を高めたいと開発・制作しました